× 翻訳訳語辞典
 翻訳訳語辞典 Quiz
翻訳訳語辞典で、次の訳語をもつ英単語は何でしょうか?(基本1000語に入るような単語1語です。カタカナの訳語は除いてあります。*例文、†出典)
解答→ pain       Next
pain   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
つらい
   
avoid the pain of doing: 〜するのがつらい ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 291
つらそうな
   
breathe slowly and in obvious pain: ゆっくりと、見るからにつらそうな息をする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 449
もどかしげ
   
with a mixture of pleasure and pain: 得意然として、かつ、もどかしげに フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 77
やましさ
   
suffer no significant pain in ...: 〜にさしたるやましさも感じない 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 185

胸苦しさ
   
one’s rebellion and pain mount: 腹立たしさと胸苦しさにさいなまれる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 11
苦しい
   
the pain within sb is almost unbearable: (人が)苦しくってたまらない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 227
苦しさ
   
feel a stifling pain welling up in one’s heart: 胸が塞がるような苦しさを覚える 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 254
苦しみ
   
growing pain: 成長の苦しみ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 112
consider one’s own life wanting in its pains: 自分の人生に苦しみが不足していると思う ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 392
苦しみよう
   
take satisfaction in sb’s pain: (人の)苦しみようを見てたのしむ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 151
苦心
   
take great pains to do: 〜ように、一方ならぬ苦心を払う 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 54
苦痛
   
the penalty for failure is embarrassment as well as pain: うまくやりこなせないと、(人は)苦痛とともに困惑をおぼえざるをえない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 196
the horror of sb’s pain and the loss of sb’s life: 苦痛のおぞましさと、失われてしまった(人の)生命 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 429
sb’s insides rack in a sharp pain: 臓腑が苦痛に疼いている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 586
sb’s heart which felt with pain and fear: 苦痛と恐怖でぐいと握り締められた(人の)心 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 260
say in a voice thick with pain: 苦痛に満ちた涙声で言う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 299
it pains sb much to do: 〜するのが重い苦痛だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 145
it causes sb physical pain to say that: それを口に出して言うのは肉体的苦痛だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 40
in considerable pain: 苦痛にとらわれ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 292
hold much real pain for sb: 〜は生々しい多大の苦痛を伴う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 594
do, looking like one is in pain: 苦痛に堪えかねたように〜する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 348
claim pain: 苦痛をよそおう クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 214
blazing pain that slices through one’s chest: (人の)胸を切りさいなむ焼けるような苦痛 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 322
any real pain: 苦痛らしい苦痛 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 584
a little gasp of pain escapes sb: そっと苦痛のうめきを洩らす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 324
激痛
   
She tried her back and the pain in her rump was enough to make her vomit: あおむけになろうとすると、臀部の激痛は吐き気をもよおさせるほどだった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 218
pain rips up one’s arm: 激痛が腕を駆け抜ける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 355
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 345
細心の注意
   
take pains to do ...: 〜するように細心の注意を払う オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 36
重荷だ
   
The least alteration pained him: ほんのわずかの変化でさえ重荷なのだ 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 284
   
be in a certain amount of pain: 心に少なからぬ傷を残す べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 200
傷心
   
take one’s pain home with one: 傷心を抱えて帰宅する レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 67
心のうち
   
take no pains to hide one’s thought: 自分の心のうちを隠そうなどとはしない スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 271
身をよじる
   
be painted: 身をよじる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 72
辛い
   
sb’s heart doesn’t feel such pain: (人は)そんなに辛くは思わない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 417
痛い
   
fall a groaning with Grief and Pain: 悲しいやら痛いやら、ウンウン唸りはじめる スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 18
痛いめ
   
inflict some pain: 少し痛いめにあわせる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 449
痛さ
   
the pain is unbearable: 痛さで唸らずにはいられない 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 124
痛み
   
the worst pain of one’s entire life: こんなにひどい痛みは、いままでに一度も味わったことがない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 270
the pain which have nagged sb all night: ゆうべからずっとつきまとっている痛み スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 200
the pain sb have been expecting: 覚悟していた痛み スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 270
the pain is not much better: 痛みはさほどやわらいでくれない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 192
the pain is both hot and cold: 熱をもっているのに底がしんと冷えているような痛み スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 270
the pain decreased significantly: 嘘のように痛みが引いた ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 374
pain-pill: 痛みどめ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 325
one’s pain lessens: 痛みがやわらぐ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 451
old pain: 心の底にひそんでいた痛み スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
live with pain: 痛みをかかえて生きる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 139
in a moment of intense pain: 激しい痛みに耐えかねて ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 431
feel the pain flare sullenly: 痛みがじわりと燃えあがる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 251
feel pain: 痛みを知る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 489
double over in pain: 痛みのために体をふたつに折る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 300
cry out in pain: 痛みをこらえきれず大きな叫び声をあげる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 182
can feel the pain beginning to assert itself again: 痛みがぶりかえしはじめている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 203
bellow with pain and rage: 痛みと憤りのうなり声をあげる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 361
be in acute pain: 激しい痛みに苦しめられる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 427
a hard bolt of pain: 強烈な痛みの電流 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 263
肉体の苦痛
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 251
悲しみ
   
The pain was distant now: もう悲しみは薄らいでいた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 492
非情
   
the pain is when the dreams change: 非情にも夢は移ろう ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 108
面倒
   
it is a pain always thinking ...: 〜だと思い続けるのは面倒臭い 山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 175
面倒臭い
   
think sb is a pain: (人のことを)面倒臭いと思う 山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 155
Tweet