× Q 翻訳類語辞典

いささか  

almost の訳語→ 〜かける ぎみ さえ さながら しようとする し損なう するようだ せんばかりにする ちかく でさえある というに近い といっていいほど といっていいほどの といってもいいほどの ところだった とも言える とも言えるほど〜だ と云ってよいほど と言った方がいい と言ってもよいほど なまでの に近い に見えるほど のようだ のようなものだ のように みたいなもの も同然である 近く 同然で あぶない あやうく いいほど いまにも いまや〜ばかりだ おおかた およそ かならずしもよく かなり かれこれ くらい すら すれすれ すんでに すんでのところで そのもの そろそろ たいていの だいたい ちょっと でもないけど といってもいいくらい といってよい とても とも ともいえる どうにか どうも どこか〜さえ なかなか なかば なんだか なんとか はや ひどく ほとんど ほとんど〜せんばかりである ほとんど〜と言ってもいいほどの ほとんど〜に近い ほとんど〜に等しい ほとんど〜ばかりにして ほとんど〜も同然 ほど ほぼ ほんの まあ まざまざと まず まずたいていは まもなく まるで まるで〜よろしくといった むしろ めったなことで もう〜も近い もうすこしで もうそろそろ もうちょっとで〜するところ もう一歩で もう少しで もう大分 もっぱら よく よっぽど 一種の 一種の〜にも似たもの 何となく 皆目 危うく〜しそうになる 近い 似た 実際に 手がとどく 十中八九 少し 情報源 真実〜しそうになっている 寸前までいく 大半 同然 半ば 負けないくらい 本当に 滅多に

bit の訳語→ いくらか かすか かなりの きれっぱし きれはし こころなしか しばらく すこし ぜんぜん だいぶ ちょいとのま ちょっとばかり ちょっぴり どこか〜臭い なにか なんとなく はした ぼんやり もどき やや 一画 一向に 一瞬 一節 何やら 記述 所々 小さな 少々 寸々 風味 毛筋ほども

considerably の訳語→ いくぶん ずっと はるかに まったく よほど 何割がたか 可なり 急に 更に更に 目に見えて 遙かに

embarrassed の訳語→ きまりの悪い きまり悪そうな きまり悪そうに ぎこちない はにかんだような 間のわるい 気がひける 気まずい 気まずそうな 気恥ずかしい 居心地の悪い 居心地の悪そうな 極まりが悪い 極りが悪い 戸惑ったふうに 困った 困惑顔だ 実に辛い 照れ 照れくさそうに 照れ隠しの 申し訳なさそうな 切り詰めた 恥ずかしい 恥ずかしがる

highly の訳語→ 〜の極みである をきわめる いかにも きわめて じつに すぐれて たっぷりの はなはだ めいっぱい もっとも やかましい 旺盛 何かと 強い 高〜 高く 甚だ 大いに 大変 濃い 非常に 幅広い 密接に

least の訳語→ 〜だけは いささかも いちばん〜でない これっぽっちの これっぽっちも せめて せめてもの だけ ちょっとでも ちょっとの どだい何も ほどの わずかなものだ 何をおいても 些細な 最悪 全然

little の訳語→ 〜に過ぎる めく あまり降らない いっかな いまいち〜ない お寒い かすかな かろうじて くだらん こじんまりした こぢんまりとした こまごまとした ささやかな さほどの ずんぐり そこそこ それとなく たわいない ちっちゃな ちっとやそっと ちと ちびの ちょいとした ちょこんと ちょっとした ちょっぴりの ちらっと どこか なおも ばかり ほとんど〜ない ほのかに ほんの軽く みじんも〜するものではない ろくすっぽ ろくな〜もない わずかに チビ チビの 一口 一種 下らん 希薄な 幾分 叫び 狭い 狭苦しい 軽い 軽く 軽少な 限られた 今少し 細い 次第に 小さく 小ぢんまりと 小ぶり 小ぶりの 小型 小体な 小柄 小柄で 小柄な 少しだけ 少しなりとも 少しばかり 少なからず 心持ち 申しわけばかり 素敵な 多少 多少の 短い 程度の 田舎の 到底 不思議な 乏しい 頬をほころばせる 幼い ...

mildly の訳語→ どことなく まあね まんざら〜でなくもない やさしい やんわり やんわりと 言葉おだやかに 控え目に 調子のいい 漠然とした

mild の訳語→ あたたかな うす うまい おだやかな おとなしく ささやかに なまあたたかい ひとことやんわり 穏便な 弱い 少しは 生ぬるい 暖冬

moderately の訳語→ ほどほどに まあまあ 手ごろの

more の訳語→ 〜に近い あと あまり あらためて あんまり いちだんと いっそう いつもより いまひとたびの いまより いまよりもずっと いや いよいよ いよいよ増す いわば おおいに おかわり くだくだしく ぐっと けっこう この先 すぎる それを上回る それ以上に それ以上余計な ぞくぞく たくさん どちらかというと なお ならず はっきりした ひときわ丁寧に ひとしお ほかに ほかにも まして ますます また またしても またまた まだ まだしも まだまだ もう もう少し もっと もっともっと もっと重要な意味がある もっと多い よくよく よけい よっぽどいい 以上 以上に 以上のこと 以上のもの 向上させる 尚更 精々 前よりは 前よりも 増す 増加 足す 多い 大きく 大なり 超す 特別に

partly の訳語→ 〜もある おぼろに けちな すべてとはいわないまでも その裏には ちょっとは ひとつには 一つには 一つの 一つは 一部分は 半ばは 半分

pretty の訳語→ いい いたって いやに うまく えらく きれいな ごく さぞかし しゃれた じっと すこぶる すごい すごく ずいぶん ずっぽり なかなかの のんびり ぴりっと ほんとうに まったくもって まんまと わりかし ハンサム 愛くるしい 愛敬がないでもない 確かに〜には違いない 楽しい 器量よし 強く 極端に 結構 見事な 思し召し 食えん 身辺の 全く 相当 相当に 大体は 大分 余興

rather の訳語→ 〜が先だ とも思える ほうがいい ほうがまだましだ いいかげん いっそ いっそ〜したい いつになく かえって かわりに このさい さすがに さぞ しかし それはもう それよりか ただ だったら つとめて ではなく というより というよりは ともすれば とんだ どちらかといえば なくって なんて なんとはなしに ばかに ほとほと まずまずの めっきり ややともすると より正確には わざと わりあい わりに 案外 依然 何だか 何の 感じの 気味 極めて 思いのほか 実に 少しばかり〜 頗る 随分 避け 妙に

slightly の訳語→ 〜げ になりかけた 気味の あいまいな いささかの いささか恥じ入る うすく うっすら うっすらと かすかに かすかに弱々しく かるく がち こきざみに こころもち こまかく ざっと ちらりと つい ほの ほんのすこし ほんのり ほんのりと ほんの少し まだいくぶん やれやれと わずかな ピクリと 気味に 小きざみに 小刻みに 浅く

slight の訳語→ 〜気味 あるかなきかの かけら さっぱり そっと ないがしろにする ほっそりと ほっそりとした体格 ほんの心もち みじんも やせている ゆるい 一つ 一寸した 稀薄な 些か 細身 弱々しく 少しの 痩身 多少は 等閑にする 不快な仕打 侮蔑

some の訳語→ 〜かなにか か何か というもの ある ある者 ある人 ある程度の いいしれぬ いくつかの いくばくの いささかの収入 いろいろ おあまりの か何処か ごろ さまざまな ざっと〜ぐらい そこらの その位の たいした たっぷり ちょくちょく でも どういう どこかの どこかの誰か なかには〜ものもある なにがしかの なんか むかし やや〜そうに ようなもの よほど高価な 或る 一掬の 一端 一度ならず 一部 一部では 一部には 一部の 一部の〜 一面 何か 何かしら 何かの 何か形のある 何と大した〜ではないか 何らかの 何故か 何処か 何人か 何度か 僅かな 結構な 向き 時として 少々の 少量の 人によっては 人もあり 数あるなかには、〜もある 多少とも 多少なりと 内外 二、三 薄々 比較的 妙な 余り ...

somehow の訳語→ 〜だが でまた ある意味で いずれは〜だろう いつかは いつのまにか そしてなんとなく それでいて たまたま つくづく とかく とにかく とにもかくにも ともすると どういうものか どういう方法でか どうかこうか どうかすると どうしてか どうしてかはわからんけど どうしてだか どうしても どうにかこうにか どこかで どこからか どことはなしに どこをどう迷ったものか なぜか なにかの折に なんとかして なんらかのかたちで なんらかの形で なんらかの手段で なんらかの方法で ひょっとしたら ひょっとして もしかすると ようやく 何かの拍子で 何がなし 奇妙に 気がついたときには 懸命に 心なしか 多少なりとも 必死で 不思議に

sometimes の訳語→ 〜ことがある することがある することもある することもあるもんじゃよ することもしばしばである という例もある によっては も珍しくない あるいは あるときには あるんです ある時は いつも えてして しばしば するいっぽう することが たまには ちょいちょい ついつい ときおり ときたま ときとして ときどきある ときに ときには どうかして どうかすると〜することがある まま ままある ままあること めずらしくない めずらしくはない 或時は 往々にして 往々にして出てくる 間々 時々 時たま 時とすると 時には 時によっては 時によると 時もある 場合によっては 俗に 例だってある

somewhat の訳語→ 〜なところもある いくらかでも たいして なにやら まさに まずまず 一部は 幾分の 高度に 若干 少々〜なところがある 勢いで

trifle の訳語→ あんがい 手玉に取る

vaguely の訳語→ あいまいに いい加減に うすうす おぼつかなく おぼろげに そこはかとなく はっきりした約束ではないにせよ よくは知らないが 遠くで 形だけ 心ここにあらずといった調子で 心もとない 漠とした 漠然と 曖昧である

そのほかの「いさ」で始まる語句・表現

いさかい いさぎよい いさぎよく いさぎよしとしない いさくさ いささかおどろおどろしい いささかでも いささかの いささかも いささかも〜ない いささか大袈裟な いささか退屈 いささか閉口ぎみ いささか頭にくる いささ川 いさめる いさり船


ツイート