× Q 翻訳類語辞典

いつも  

いつでも きまって しょっちゅう たえず つねづね つねに 一定 何時でも 何時も 四六時中 変わりなく 変わり無く 始終 常々 常に 常住坐臥 常常 年がら年じゅう 年がら年中 年がら年百 年中 年百年中 必ず 日夕 明け暮れ 明暮 朝夕 極って 極まって 毎々 毎毎 決って 決まって 絶えず 間断なく

常住 末始終

とめどなく のべつ のべつ幕なし のべつ幕無し 引きも切らず 止め処なく 止め処無く 止処なく 止処無く 留め処なく 留め処無く 留処なく 絶え間なく 続続 頻りに

たいてい ふつう 大抵 普通 総じて 通例 通常

absolutely の訳語→ 〜そのもの にちがいない おそろしく おっしゃるとおりです きっぱり きわめて このうえない このうえなく さぞかし したきり じっと じつに すっかり たっぷり ちゃんと とにかく とにかくまったく どうしたって どうしても どうしようもなく どうにも どこまでも どのみち ならない ひっそりと ひとえに ほとほと ほんとうに ほんとに ぽかんとした まぎれもなく まさしく まちがいなく まったく まったくの まったくもう本当に まるっきり まるで もちろんです ゆえん わかった。かならず 圧倒的な 圧倒的に 一つ残らず 一切 何の〜 何一つ 完全に 極度に 決して 固く 充分 少しも 正真正銘の 生粋の 絶対に 絶対に金輪際 全幅の 大抵は 徹頭徹尾 到底 百パーセント 文句のつけようがないほど 文句のつけようのない 本当に

all の訳語→ 〜ずくめ だけが という〜 人が〜人とも あとかたもなく あらゆる ありたけ ありったけの あれこれと いかなる いずれも いっさいがっさい いっせいに いろいろ いろんな おしなべて かぎり かたっぱしから きれいに けっきょく こぞって これこそ こんな さんざん すべての すべては ずっと ぜんぜん そこらじゅう そっくり残らず その他もろもろ それぞれ そろって たいへんな ただの〜にすぎない だけ だらけ だれにも つくす どう どおし どのような どれも どんどん どんなに なにもかも なによりも なんとも のこりなく ひたすら ひとり残らず みな みんな〜ばっかり みんなで もっぱら もろもろ やる よく ゴマンとある 一ぺんに 一手に 一斉に 一切すべて 一同 一文残らず 何から何まで 何もかも 各種の〜のたぐい 寄ってたかって 懸命な 権化 今までの 際限なく 四方 手当たりしだい 出來るだけ 上から下まで 申し合わせたように 数々 世の中 洗いざらい 全員 全身の 全部 全部ひっくるめて 総出で 体じゅうの 大きな 大勢の 誰の目にも 逐一 度重なる 猫も杓子も 風物 並いる 片っぱしから 片っ端から 万事 本性 要は 例外なく 連中 話のすべて ...

always の訳語→ 〜が多い しては〜する するものだ ものだ いくらでも いっときも〜ない いつだって いつの時代も いつまでたっても いつもどおり いつもの いつものことながら いままで おおかたの場合 かねがね かねてから かねてより きっと このあいだから これまでの通例 しじゅう しようものならたちまち ずっと前から そのたびに たいていなんでも たびたび だれにとっても つい どこへ行っても どんなときでも どんな場合にも なんぴとたりとも ふだんは また もちろん 何かと言うと 何時もの 暇さえあれば 確かに 確実に 慣れた 間違いなく 閑さえあると 見るたびに 口ぐせのように 口癖のように 最初から 残されて 時を追って 実に 実によく〜する 終始 常である 常日頃 寝る間も惜しんで 甚だ 世の常として 昔から 昔から〜と言われている 絶えない 前々から 前から 相変らず 多い 日ごろ 年じゅう 肌身離さず 必ずしも 不変の 普段から 平生から 変りなく 忘れずに〜する 毎度 毎度のこと 連続だ ...

constantly の訳語→ くるくる せっせと だんだん ばかり ひっきりなしに ひとしきり ひんぱんに 何かにつけ 何度も 次々と 徐々に 否応なく 毎晩

constant の訳語→ いっかな いつに変わらぬもの お馴染みの かいがいしい かわらぬ くる日もくる日も せわしなく たゆまざる ならい 継続的な 絶えざる 絶えず〜を続ける 続けている 頻繁な

evermore の訳語→ とこしえに 永久に 将来は 未来永劫に

every の訳語→ 〜ごとに しない〜はない という〜から のこらず は挙って あちこちの あらゆる点で ありとあらゆる いたるところの いちいち いついかなる瞬間でも くまなく ことごとく ごとに ずつ そこかしこの そっくり たびに だれもかれも どこからどこまで どの〜でも どれもこれも どんな どんなにわずかなものであれ なかなか なべてありとあらゆる ひと ひとこと洩らさず ひとりとして ひとりひとりの まで みんなの アメリカじゅうの 一つたりとも残さず 一つ一つに 一本一本 何度となく 皆口をそろえて 細心の 残らず 事あるごとに 自分の 十二分の 尽くし 全〜 全〜ことごとく 全域 多めに 代々の 片端から 毎回 毎年 余すところなく

ever の訳語→ 〜したおぼえは? したためしがあるか あくまでも あとにも先にも いずれ いちどでも いつになく いよいよ かりそめにも ついぞ ますます 暇なく 後にも先にも 根っからの 史上 生まれてこのかた 相変わらず 断じて 底抜けに

exclusively の訳語→ 〜だけ だけに 一辺倒に 主体にした

forever の訳語→ いつになっても いつまでも ずいぶん時間がかかる とことん もう一生 やまない 永遠の 延々 古い 口を開けば〜する 続ける 無制限に 矢鱈に

generally の訳語→ おおかた おおむね ざっとでいいから それとなく たいがい たいては だいたい だいたいにおいて とかく どちらか もともと 一般に 往々 世間じゃみんな 全体 全体的に 総体的に 大体 誰もが 店中に 半ば

invariably の訳語→ いつもは なにかといえば 一つの例外もなく 欠かさずに 必ずといっていいくらい 必然的に 例外なしに

long の訳語→ 〜と思う におよぶ いつもながら えんえんと えんえんと続く くどくどと さんざっぱら しばし しばらく〜する しばらくのあいだ しばらくの間 じっくり じっくり時間をかけて ずいぶん前に ずっとずっと たっぷり時間をかけた たっぷり時間をかけて だいぶ だいぶもってまわった つづく つらくなる とうから とうに とうの とっくに とっくの昔に なお なおも ながい ながながと のびる のんびりと はるばる ひどく ひょろりとした ふかぶかと ふきげんな ほどもなく やがて ゆっくり よほど フーッと 永い 永い間 延々たる 延々とつづく 遠い 遠く 横に長い 気長な 久しい 求める 厚い 見る 広いほうの 細い 細長い 時間 時間が 時間はかからない 時間をかけて 夙に 少ない 詳しい 深々と 随分長い 前からずっと 相当の 大きく 大胆 短からぬ期間 長々と 長々とした 長い 長いあいだ 長いこと 長い長い 長く 長くのびている 長く尾をひく 長すぎるほど長い 長らく 長期にわたる 長期 長続きする 長丁場 長年にわたる 長年の 並々ならぬ 望む 面長な 欲しくてたまらない

never の訳語→ 〜したこともない したためしがない したためしはない ない主義でして はたえてない いかなるときも いくら〜しても いささかも〜ない いちども いっこうに いっさい〜しない いつの場合も いつまでたっても〜ない いなかった いまだに いまのいままで かいもく かつて〜ない きざしもない しまい じまい ぜったい そよとも それきり〜しない それぎり ただのいちどもない ためしがない ちっとも ちっともない ついぞ〜ない ついに ついに〜しなかった ついに一度も〜しない つゆ〜ない とうてい とうてい〜しきれない とうてい〜ない とうとう とても とてもとても どうしても〜しない どうしても〜できない どうしても〜ない ない なかった なかなか〜ない なれない のぼらない ひとことも ひとつも〜しない まず〜しない ません まったく考えられない まるで〜ない めっそうな もともと〜でない ゆめゆめ〜ない よもや ろくすっぽ わかんなかったなあ わけじゃないの 一ミリも〜ない 一向に 一生 一滴だって 一度も 一度も〜しない 一度も〜なかった 一度もない 永遠に 縁のない 何度聞いても〜ない 皆無 皆目 頑として〜ない 禁物だ 金輪際 金輪際しない 今まで〜ない 最初から〜ない 試しがない 瞬時も〜ない 生まれてはじめて 生まれて初めて 絶えてない 絶対に〜しない 絶対に〜できない 絶対にやらかさない 絶対にやらない 賭ける 二度と 片時も〜しない

normally の訳語→ 〜したものだ するものである いつもなら いつものなら たいていは ふだん ふだんから ふだんなら ふつうなら 元来 原則として 現実には 大抵の場合 通常は 日頃は 普通ならば 普通の状態で 平均的な 平生 平生は

other の訳語→ 〜をはじめとする〜 あいているほうの あとの いくたびも いままでの かえても これまでの そなたの知らない その外には その他 その他もろもろの それ以外の だれかほかの どっかの などの ほか ほかにも ほかの まだまだ まわりの みんな むこう むこうの もう一人の もう一方の やはり よその 以外に 以前とは異なった 逆の 近隣 今一つの 自分と同じように 自分以外の 新しい 新手の 世間 相手 相手の 他に 他人 仲間 同乗者 反対側 例の

perpetual の訳語→ いっこうに衰えない いっときもかわらぬ いっときも休まぬ いつもつきまとう しつこい なにかにつけ 永久に消えそうもない 絶えぬ 濃い

rarely の訳語→ 〜のほうが珍しい そうそうあることではない ほとんど まず まずありえない まれにしか〜ない 滅多にない

regularly の訳語→ いつも〜するのが習慣になる おりおり くりかえし たえまなく つど 繰り返し 欠かさず 折りあるごとに 度に 頻繁に

routinely の訳語→ つつがなく 三日にあけず 常だ

sometimes の訳語→ 〜ことがある することがある することもある することもあるもんじゃよ することもしばしばである という例もある によっては も珍しくない ある あるいは あるときには あるんです ある時は いささか えてして しばしば するいっぽう することが ただ たまには ちょいちょい ちょくちょく ついつい ときおり ときたま ときとして ときどきある ときに ときには どうかして どうかすると どうかすると〜することがある まま ままある ままあること めずらしくない めずらしくはない 或時は 往々にして 往々にして出てくる 何度か 間々 時々 時たま 時として 時とすると 時には 時によっては 時によると 時もある 場合によっては 俗に 例だってある

steady の訳語→ おちつかせる かわらない きちっと仕事をする しずめる しっかりした たしかな ためらいがない ついてはなれぬ つづいて はっきりと まじろぎもせぬ またたきもせぬ もたれる リズミカルな 一定の 押えつける 気分が落ち着く 狂いのない 姿勢をととのえる 支える 次第に 信頼できる 絶え間ない 足を踏ん張る 動じない 平静な 方向をととのえる 落ちつける 落ち着ける 力強く

strictly の訳語→ あくまで えらく きちんと そのもの たしかに とどのつまりは〜と寸分ちがわない ぴったり まじりっけなしの やかましく 一点張りの 堅固な 高度に 純粋に 純然たる 正確に 正真正銘 文字どおりの 万事が

throughout の訳語→ 〜じゅうに の間じゅう 終了まで その間ずっと なにからなにまで ひとかたならず 一貫して 終始一貫 全体で 全土に 中へ 長い〜を通じて

traditionally の訳語→ 従来 例年のことながら

unwavering の訳語→ 一糸も乱れない見事な 気をとられる様子は一向にない

used の訳語→ その昔 だった やみつき 以前は 慣れている 昔〜していた 昔の 平気になる 用ずみの

usual の訳語→ 〜に特有の あいかわらず いつもと同じ いつもどおりの いつもながらの いつものこと いつものように いつもの通り いつもの通りの お決まりの お定まりの お定まりの手順 お得意の ごくありきたりの すっかり板についた そこらの だれしもやる なに、どうせまた ふだんと同じ よくある 以前と同じ 行きつけの 今にはじまった話じゃあない 持ち前の 従来の 常より 常套 常套手段である 常連の 世の常の 昔ながらの 相も変わらぬ 相変わらずの 通りいっぺんの 通常の 典型的な 当然ながら 日頃の 日頃から 日課 独特の 不断 毎度のことで 例によって 例のごとき 例のごとし 例のプレゼント 例の調子で 例の定食のような

wholly の訳語→ かならずしも じゅうぶん すみずみまで 全貌 100パーセントの

そのほかの「いつ」で始まる語句・表現

いつ いつか いつかは いつくしみ いつくしんで いつこう いつしか いつだったか いつだって いつだって〜なものです いつでも いつでも操業できる いつでも求めに応じる いつにない いつになく いつのまにか いつのまにやら いつの間にか いつの間にか〜になる いつまででも いつまでともわからない いつまでも いつまでも〜している いつまでも取れぬ いつまでも消えない いつまでも終わらない議論 いつまでも続く問題 いつまで経っても終わらずに いつも〜している いつも〜で答える いつもきまって いつもとおなじ いつもとちがう いつもと同じような役につける いつもながらに いつもながらの いつもならほとんど〜しない いつもにも似ない いつもの いつものことながら いつものとおり いつものやり方 いつものように いつもの男に似ず いつもの自分 いつもは いつもより いつもより〜 いつも何かに没頭して いつも変らぬ いつも変わらず いつも変わらず〜だ いつも変わらない いつも定刻を守る いつも決まって いつも負ける人 いつも通り いつやむとも知れず いつわりではない いつわりの いつわりのない いつわりはない いつわる いつ晴れるともわからぬ いつ爆発するかもしれない いつ考えたのか いつ迄も


ツイート