× Q 翻訳類語辞典

かえって  

却って 却りて 反って 反りて 寧ろ

反対に 押し返し 押返 押返し 逆に

actually の訳語→ 〜さえ といっても とでも言うしかない はず も〜ですもん ああ見えても あのね ありありと ありていにいうと ありていにいえば いえ〜でしてね いえいえ いったい おそらく かっこうの これで却って これはひとつ こんな ごもっとも さえ さよう しかし しかも じっさいの話 じつをいうと じゃう そういえば その実 そりゃ それどころか それも それより それを言うなら たしかに たんに だから ちなみに ちゃんと つい というより とにかく とりたてて どうして どうも どうもうまく どちらかといえば なるほど なんと なんとなく はっきり はっきりと ばっかり ほんというと ほんというとね ほんとうに ほんとうのことをいうと ほんとのことをいうと ほんとのところ まぎれのない まざまざと まじめに まったく まで まるで むしろ もっとも もっともこの場合 もっともそのときは やはり ようなことは よくよく よく見ると 案外に 何しろ 果たして 気のせいか 欠かさず 結果的には 現に 言っときますけどね 事実上 実に 実のところ 実をいうと 実際に 実際には 実際の話 実物は 心から 真剣に 正確にいうと 正直 正直なところ 正直な話 声をたてて 内心 肌で 文字どおり 文字通り 変わりないか 忘れずに 本格的に 本気で 本当のところは 満足に 明確に 面と向かって 率直にいって 率直に申し上げて

certainly の訳語→ しそうな とも に決まっている あたりまえ いうまでもない いかにも いっとくが〜だぞ いわんや えらく おさおさ かしこまりました きっと きまって きまっている きわめて さぞ しっかり じつに すっかり ぜったい ぜったいに ぜひとも そう そのもの たいした たしかだ だって ちがいない とても ともかく どういたしまして どうみても どう見ても どう考えても なお なにぶんにも なんという なんとも はずだ はっきりいえる はっきりして まぎれもない まさか まさしく まさに まず まずまちがいない まったくの むろん もちろん もちろん怠らない もとより もはや ようですよ よほど モチさ 案の定 違いない 確かだ 確実に 間違いない 決して 現に〜ではないか 充分 充分に 少なくとも 随分 正しく 正直に言うが 相当 断じて 筈である 避けられない 必ず 別に 無論 明らかに 余っ程

even の訳語→ 〜したところで しても しても、まだ だに でも といえども とまで と申しても言い過ぎではあるまい ながらも にいたるまで にしてすでに にしても にも の癖に もある をもってしても 自体 あげくに あまつさえ ありながら いえども いかなる いかに〜といえども いくら いくら〜でも いっそう いや いやそれどころか いよいよ うえに うわずらせぬ おあいこ おまけに かりに きちんと くせに こうなると こともあろうに さしもの さすがに さすがの さすがの〜も さほど さらに さらには しまいに すでに すら せっかくの それでなくても それに そろった たとい たとえ たとえ〜にでも たりとも だいいち だけ ですら というより〜といってもいい といったものすら どうかすると にいたっては にもかかわらず のっぺりとした のみならず はたまた はては ほど ほんの まだ までが までは もって もっと もまた よしんば バランスよく 一つに 引き分け 実は 第一 通り越して 釣り合いをとる 平静な 輪をかけた 冷静な

indeed の訳語→ 〜と云えるほどである なもんか! ありていにいって いな いやはや いやむしろ こそ ことに これこそ これはこれは じっさい じっさいに じつの話 そうか そうだ そうなったらそうなったで その言葉どおり そりゃそうだ それこそ できるとも とりあえず どうか どうせ どころか なにはあれ のだ ばかに ひいては ひどく ほとんど まさしくそのとおり また まったくのところ まったくもって もう ものだ やっぱり れっきとした 果たせるかな 覚悟 更にまた 思ったとおり 事実 甚だ 早い話が 打ち明けた話 兎も角 如何にも

instead の訳語→ 〜どころか はなくて よりも あきらめる さしおいて しかたないから そこで そこで、そのかわりに そのかわり そのかわりに それは思いとどまって そんなことより ただ だが では ところが ところがなんと ところがなんとしたことか ひとりでに 案に相違して 以外に 意に反して 思い直して 直す

merely の訳語→ 〜したまでである じゃないかな だけの に過ぎない なり じゃ ただ〜したかったまでである ただの〜だ ちょっと ちらりとでも ばかり 辛うじてかすかに 単なる 黙って

rather の訳語→ 〜が先だ とも思える ほうがいい ほうがまだましだ あまり あんまり いいかげん いくらか いささか いっそ いっそ〜したい いつになく かなり かわりに けっこう このさい ごく すこし ずいぶん それはもう それよりか だったら ちょっとした つとめて ではなく というよりは ともすれば とんだ どことなく どちらかというと なかなか なかなかの なかば なくって なんだか なんて なんとはなしに はなはだ ほとほと まあ まずまずの まだまだ めっきり やや ややともすると より正確には わざと わずかに わりあい わりに 案外 依然 何だか 何の 感じの 気味 極めて 近い 結構 思いのほか 小さな 少々 少しばかり〜 頗る 心持ち 多少 避け 妙に

really の訳語→ 〜でたまらない なもんですよ あながち いたって え、ほんとですか こころから さぞかし しきりと すごく すなわち そもそも そんなに たって ついに とくに とびきり とんと などの ねえ はらの底から べつに ほんとうは ほんとに まあまあ まぎれもなく まちがいなく まるきり もともと ようく よっぽど よもや 隠さずに 俄然 掛け値なしに 完璧に 強いて 元来 現実に 今度こそ本当に 細部まで 実態は 心の底から 心底 真に 真の 正式の 正真正銘 正真正銘の 正当な 積極的に 絶対 全く 全面的に 徹底的に 内心では 非常に 腹の底から 本質的な 本当 本当に 本当にそっくり 本当は 猛烈な 露ほども ...

somehow の訳語→ 〜だが でまた ある意味で いずれは〜だろう いつかは いつのまにか そしてなんとなく それでいて それとなく たまたま つくづく とかく とにもかくにも ともすると どういうものか どういう方法でか どうかこうか どうしてか どうしてかはわからんけど どうしてだか どうしても どうにかこうにか どこか どこかで どこからか どことはなしに どこをどう迷ったものか なぜか なにかの折に なんとか なんとかして なんらかのかたちで なんらかの形で なんらかの手段で なんらかの方法で ひょっとしたら ひょっとして もしかすると ようやく 何か 何かしら 何かの拍子で 何がなし 何となく 何らかの 奇妙に 気がついたときには 懸命に 心なしか 多少なりとも 必死で 不思議に

surprisingly の訳語→ あんがい おかしいくらい おどろくほど ことのほか だしぬけに どうかと思うほど はっと思うほど びっくりしたように びっくりするほど へええ まことにもって やたらに 唖然とするほど 意外なことに 意外に 意外にも 意外の感 驚いたことに 驚くほど 思いがけないほど 存外 珍しいことに 珍しく 呆れることには 予想外に

unfortunately の訳語→ 〜してしまう あいにく あろうことか いかんせん おりあしく かなしいことに かわいそうに けれども しかも悪いことには せっかくだけど まずいことに 遺憾ながら 困ったことに 残念なことに 生憎なことに 惜しむらくは 悲しいことだが 悲しいことに 不幸

そのほかの「かえ」で始まる語句・表現

かえすがえす かえすがえすも かえって〜する かえっていけない かえって思い出させる かえって気になる かえても かえない かえらない かえり かえりみぬ かえりみる かえる


ツイート