× Q 翻訳類語辞典

ことごとく  

もれなく 余すところなく 余すところ無く 余す所なく 余す所無く 悉に 洗いざらい 洗い浚い 洗浚 洗浚い 漏れなく 漏れ無く

anywhere の訳語→ ところかまわず どこにも どこまで行っても 広い世界のどこに

continually の訳語→ しょっちゅう たえず ひっきりなし ひっきりなしに 常に 絶えず

discreetly の訳語→ こっそり さりげなく そっと それとなく つつましく めだたないように 遠慮して 声を抑えて 適当な 内々で 内々に

entirely の訳語→ あげて あっさり あまり あんまり いちがいに およそ けろりと すべて すべてをあげて ずくめの そう そのもの そんなに だけ どこから見ても どこもかも なにもかも ばかり ひとえに ぴたりと まことに まさしく まったく まともに まるっきり まるで まんざら みんながみんな 一挙に 一切を 一途に 果して 完全に 充分 十分 純粋に 心から 跡形もなく 全部は 単独で 文字どおり 片端から 本当に

everything の訳語→ あたり あとのこと あとは あらゆる〜 ありとあらゆる ありとあらゆること ありとあらゆる面 ありのまま いちいち いっさい いろいろ いろんなこと いろんなもの かぎりのこと きれいに くわしく すっかり すべて、ひとつ残らずだ すみずみ することなすこと ぜんぶ そっくり その他もろもろ できるだけ どれもこれも どんなこと なにからなにまで なにに なににつけても なにもかもみんな なんでも なんでもかんでも のこらず みんな ものごと もろもろの携帯品 よろず クールに見つめる マニア 一〜残らず 一から十まで 一語ももらさず 一時が万事 一切 一切の〜 一切のもの 一切合財 一通りのこと 一部始終 何から何まで 何でも 何でもかんでも 何にせよ 何もかも 何事 何事によらず 隅から隅まで、どこをとっても 見るのものすべて 見境なく 細かいところ 細大漏らさず 事情 詳しく 情勢 世界 全て 全部 全部のこと 全貌 逐一 片っぱしから 万物 万全 万事 様々な試み

every の訳語→ 〜ごとに しない〜はない という〜 という〜から は挙って あちこちの あらゆる あらゆる点で ありったけの いたるところの いついかなる瞬間でも いつも かたっぱしから くまなく こぞって ごとに ずつ そこかしこの それぞれ たびに だれもかれも どこからどこまで どの〜でも どんな どんなにわずかなものであれ なかなか なべてありとあらゆる ひと ひとこと洩らさず ひとりとして ひとりひとりの ひとり残らず まで みな みんなの アメリカじゅうの 一つたりとも残さず 一つ一つに 一本一本 何度となく 皆口をそろえて 細心の 残らず 事あるごとに 自分の 十二分の 尽くし 全〜 全〜ことごとく 全域 多めに 体じゅうの 代々の 必ず 片っ端から 毎回 毎年 例外なく

whatever の訳語→ 〜はどうあれ いくばくかの ぜんぜん それはともかく たとえどんな〜 ちっとも とにかく ともかく どうあれ どういうことか どうころんだって どちらにしても どんな〜だか知らないが どんなふうに どんなものであれ なんだか知らないけどなにか なんと 一片の 何か 何でもいいが 何によらず全部 出来るだけ

whole の訳語→ 〜ごと じゅう あそこいらの あまさず ありのままの いっしょに いっぱい がらりと ごと ずっと ぜんたい そのまま そもそもの だいたい だいたいの ちゃんとしている どちらか ひとそろい べた一面に まるごと まるまる みななべて 一切すべて 一切の 一般 一面 一連の 完璧な 自体が 全額 全体 全体として 全般 大きな

そのほかの「こと」で始まる語句・表現

こと ことあるごとに ことから察すると ことがある ことがら ことが多い ことこと ことこまか ことごと ことごとしい ことさら ことさらじっくりと ことさらに ことさらに〜する ことさらに力を入れて ことさら大げさに ことづける ことづて ことで ことなる ことに ことにする ことになっている ことになる ことによると ことのほか ことのほか臆病な性質 ことば ことば巧み ことほどさように こともある こともあろうに こともなげだ こともなげに ことよせる ことわざ ことわざ風に言い表す ことわられる ことわる ことをかまえる ことを運ぶ こと新しい こと欠かない こと欠く こと細か こと細かに書く こと足りる


ツイート