× Q 翻訳類語辞典

どうしても  

ぜひ ぜひとも どうぞ どうでも なにがなんでも なんでも 何が何でも 何でも 何でもかでも 何でもかんでも 何でも彼でも 何とぞ 何卒 如何しても 是っ非 是非 是非とも 是非に 是非共 是非是非 理が非でも 雨が降ろうと槍が降ろうと

回避不能 必ず 必定 必然的

absolutely の訳語→ 〜そのもの にちがいない いつも おそろしく おっしゃるとおりです きっぱり きわめて このうえない このうえなく さぞかし したきり じっと じつに すっかり たっぷり ちゃんと とにかく とにかくまったく どうしたって どうしようもなく どうにも どこまでも どのみち ならない ひっそりと ひとえに ほとほと ほんとうに ほんとに ぽかんとした まぎれもなく まさしく まちがいなく まったく まったくの まったくもう本当に まるっきり まるで もちろんです ゆえん わかった。かならず 圧倒的な 圧倒的に 一つ残らず 一切 何の〜 何一つ 完全に 極度に 決して 固く 充分 少しも 正真正銘の 生粋の 絶対に 絶対に金輪際 全幅の 大抵は 徹頭徹尾 到底 百パーセント 文句のつけようがないほど 文句のつけようのない 本当に

always の訳語→ 〜が多い しては〜する するものだ ものだ いくらでも いっときも〜ない いつだって いつの時代も いつまでたっても いつもどおり いつもの いつものことながら いままで おおかたの場合 かねがね かねてから かねてより きっと きまって このあいだから これまでの通例 しじゅう しようものならたちまち ずっと ずっと前から そのたびに たいていなんでも たびたび だれにとっても つい つねに どこへ行っても どんなときでも どんな場合にも なんぴとたりとも ふだんは また もちろん よく 何かと言うと 何時もの 暇さえあれば 確かに 確実に 慣れた 間違いなく 閑さえあると 決って 決まって 見るたびに 口ぐせのように 口癖のように 最初から 残されて 四六時中 始終 時を追って 実に 実によく〜する 終始 常々 常である 常に 常日頃 寝る間も惜しんで 甚だ 世の常として 昔から 昔から〜と言われている 絶えず 絶えない 前々から 前から 相変らず 多い 日ごろ 年じゅう 肌身離さず 必ずしも 不変の 普段から 平生から 変りなく 忘れずに〜する 毎度 毎度のこと 例外なく 連続だ ...

barely の訳語→ 〜したかせぬかに そこそこ にも足りない あやうく かすかに かつかつに からくも かろうじて これっぽっちも しかねる すれすれに せいぜい ちょっとやそっとじゃ なんとか ほとんど ほとんど〜しない ほとんど〜に近い ぼんやりと まだ まともに〜もしない めったに〜ない もう少しのところで ものの ようやく ろくに ろくに〜しない ろくに〜ない 何秒とたたぬうちに 危うく 手を加えていない 足らず

definitely の訳語→ 〜のようなもの あきらかに かならず がっちり きっぱりと しっかり たしかに ちがいない てっきり とうてい どう見ても どこにも はっきり はっきりした形をとって はっきりする ひどく まさに まっすぐに よほど 疑いもなく 決定的 充分だ 断言できる 徹底的に 如実に 文句なしに 文字どおり 明らかに 明らかに〜に違いない

desperately の訳語→ あくまで ありありと ぐったりと けんめいに このうえもない さじを投げたかっこうで しきりに しゃかりきに しゃにむに じりじりと すがる思いで すさまじい たまらない なりふりかまわず ほんの やみくもに 何とかして 祈りつつある 逆上して 狂おしい 苦しむ 激しく 思いあまった 死ぬほど 手のつけられない 随分骨を折って 切ないほど 切に 煩う 必死だ 必死で 必死に 必死になって 必死の面持ちな 夢中で 無我夢中で

eventually の訳語→ 〜が落ちである したら今度は の末 あちこちたらいまわしにされたあげく あとで ある日 あれこれ〜した結果 あれこれ相談の末 あわてて いずれ いずれは いつか いつしか いつの間にか しだいに しばらくしてやっと しまいに しまいには そうこうしているうち そのあと そのうち そのうちに それでとうとう そんなことから〜になった そんなことをしたら〜してしまう そんなこんなで、ついに だんだん つまるところ とうとう のちに まもなく やがて やがては やっと ややあって ゆくゆくは 何時の間にか 窮極のところで 業を煮やした 今度こそ 最後に 最後には 最終的に 最終的には 思いあぐねて 終る 辛くも 当然

inalterably の訳語→ いつもきまって 頑として態度を変えず

inevitably の訳語→ 〜せずには措かない あやまたず いずれかならず いっそう いわでものことながら しかしながら すぐに とたんに はたして ものの見事に 案の定 自然 所詮 誰にも避けられない形で 当然の結果として 例によって例のごとく

insist の訳語→ 〜としつこく言う あくまで〜を持す いいつのる いいはなつ いいはる いう いってきかない うむをいわせない かさねてきく ききなおす きっぱりとした口調で言う くいさがる くれぐれもいいおく しきりにすすめる したがる したくてしょうがない しつこくすすめる たたみかける つづける つよくいいきかせる どうしてもという なおもいう もうひと押しする もとめる わざわざ 諌める 強いて 強い勧め 言いだす 言い出す 言い続ける 言い張って聞かない 言い張る 言い訳をいう 言う 固執する 口癖 再度お願いする 自説を曲げない 自説を固持する 執拗に〜する 執拗にくいさがる 主張する 承知しない 消えない 譲らない 食いさがる 食い下がる 折れない 断固申し込む 念を押す 念押しにいう 迫る 黙らない

invariably の訳語→ いつでも いつもは たいてい たえず なにかといえば 一つの例外もなく 欠かさずに 誰もが 必ずといっていいくらい 必然的に 例外なしに

irresistible の訳語→ たまらなく魅力的 どうにも断れない またとない 愛らしい 何としても〜してみたい 抗いがたい 抗しがたい 断りきれない 不可抗な魅力をもっている 有無を言わせぬ 誘惑に駆られる

mostly の訳語→ おおかたの おおむね おもで おもに くらいだ それより たいがい だいたい だいたいにおいて ばかり ほとんどの場合 ほぼ むしろ もっぱら 概して 全体的には 大半 要するに

most の訳語→ 〜盛り あらかた いかにも いたって いちばん おおかた およそ この上ない この世のものとも思えぬほど これほど これより〜はない ごく ごくごく しごく すごく せいいっぱい たいていの とくに とびきり とびきりの とびぬけて とりわけ どうも どう考えても どこの どんな なかなか なにより なによりも なるたけ なんとも はなはだしい はるか ひとしお ほとんどすべての ほとんどの ほとんど例外なく まことに みごとに ものすごく 一介の 一等 一番 往々 何とも 何よりの 何よりも 最たる 最たるもの 最も 最高 最高に 最大の 思いきり 至極 捨てがたい 世にも 世の 世界でいちばん 総じて 多くの 大いに 大そう 大半を占めている 大方の 頂点を極める 非常に 並の 余人

must の訳語→ 〜おくがいい したほうがいいぞ してみなくちゃ しないわけには参りません しなきゃあ せざるを得ない たもんだな だろう であろう と見て差し支えない なのだ のだ はずの ようで ろう わけね 筈である いただく きっと〜する きっと〜でしょう きっと〜のだ くれ さぞ さぞ〜しているんでしょうね さぞちがいない されてしまう したい そりゃ たしかである どうしても〜したくなる なくてはならないもの まず先決だ まちがいない みえる もらわなきゃあ 肝心だ 間違いない 許されない 思われる 実は 当然〜のはずである 筈はない 必修科目 必定だ 必要がある 頼む

never の訳語→ 〜したこともない したためしがない したためしはない ない主義でして はたえてない いかなるときも いくら〜しても いささかも〜ない いちども いっかな いっこうに いっさい〜しない いつの場合も いつまでたっても〜ない いなかった いまだに いまのいままで かいもく かつて〜ない きざしもない しまい じまい ぜったい ぜんぜん そよとも それきり〜しない それぎり ただのいちどもない ためしがない ちっとも ちっともない ついぞ ついぞ〜ない ついに ついに〜しなかった ついに一度も〜しない つゆ〜ない とうてい〜しきれない とうてい〜ない とても とてもとても どうしても〜しない どうしても〜できない どうしても〜ない ない なかった なかなか〜ない なれない のぼらない ひとことも ひとつも〜しない まず〜しない ません まったく考えられない まるで〜ない めっそうな もともと〜でない ゆめゆめ〜ない よもや ろくすっぽ わかんなかったなあ わけじゃないの 一ミリも〜ない 一向に 一生 一滴だって 一度も 一度も〜しない 一度も〜なかった 一度もない 永遠に 縁のない 何度聞いても〜ない 皆無 皆目 頑として〜ない 禁物だ 金輪際 金輪際しない 今まで〜ない 最初から〜ない 試しがない 瞬時も〜ない 生まれてはじめて 生まれて初めて 絶えてない 絶対に〜しない 絶対に〜できない 絶対にやらかさない 絶対にやらない 断じて 賭ける 二度と 片時も〜しない

obviously の訳語→ 〜がはっきりした とみえる と見える なこと見た目にも瞭然である に違いない は疑いがない らしい らしき あらわにする いうまでもない いかにも〜と思われる おそらく おそらく、〜なのだろう お見受けしたところ すぐにわかる それはね〜でしょ たしかに〜かも知れない だれの目にも〜は明らか どうせ どうやら どうやら〜のようである どうやら〜らしい どう見たところで どこか どこから見ても なにしろ むろん もとより やはり〜らしい ようすである よほど〜らしく らしく わかってる わかるだろう モチさ 違いない 一目でわかる 隠そうともしない 疑いの余地なく 見えすいている 見たところ〜らしい 見た目に 見てとれる 見られる 見るからに 言うまでもない 言うまでもないことだが 実際 著明 当然ながら 当然のことながら 紛れもない 紛れもなく 明らかだ

quite の訳語→ あまり あんまり いとも いまにも うまく うんと えらい えらく かなり かなりの かなり手きびしく がらりと きれいさっぱり くらい けっこう この上なく さっぱり しかと しかとは じつに驚くべき すぐ すこぶる すばらしい そのもの それこそ たいした ただ だいぶ だた ちょっと ちょっとした とっくの とんだ なかなかの なるほど なんとも言えなく はっきりとは ひしひしと ひとしきり ぴったり へべれけに もう もっと ゆうに よくよく大した よほどの ナンバーワン 一向 何だか 完全な 顔負けの 結構 厳密に 充分ある 十分 重々 少なからず 心から 随分 全部 相当難儀な 多少は 大した 大分 如何にも 別に 満ちる 妙に 露ほども

somehow の訳語→ 〜だが でまた ある意味で いささか いずれは〜だろう いつかは いつのまにか かえって そしてなんとなく それでいて それとなく たまたま つくづく とかく とにもかくにも ともすると どういうものか どういう方法でか どうかこうか どうかすると どうしてか どうしてかはわからんけど どうしてだか どうにかこうにか どこかで どこからか どことなく どことはなしに どこをどう迷ったものか なぜか なにかの折に なんだか なんとかして なんとなく なんらかのかたちで なんらかの形で なんらかの手段で なんらかの方法で ひょっとしたら ひょっとして もしかすると 何か 何かしら 何かの拍子で 何がなし 何となく 何らかの 奇妙に 気がついたときには 懸命に 心なしか 多少 多少なりとも 不思議に

stubbornly の訳語→ かたくなに きかない ことさら しつこい しつこく 依怙地に 依怙地になって 頑なに 頑固に 執拗に 木で鼻をくくったように

undoubtedly の訳語→ 〜しなかったはずはない に他ならない は目に見えている おそらく〜であろう そりゃそうだが たしかに〜に相違あるまい ほかでもない まぎれもない まずまちがいない むろんだ 想像に難くない 断定できる 盲目的に 目に見えている

would の訳語→ 〜ことがあった しかねない しないでいられるものか するさ するのが筋だ せずにはいられない できる勘定だ もんだ いいと思う きまっている さぞ〜したことだろう しそうである たい とうてい〜まい はずである まさか〜する 気がする 思います 辞さない 常だ 訊かれれば〜だ 当然だ 必ず〜する 迷わず〜する 予測

simply の訳語→ 〜とだけ あっさり あっさりした口調で あながち あまりにも さっさと さりげなく ざっくり そっけなく そのまま そもそも ただ〜するばかりである ただ〜だけだ ただそれだけ ただひたすら ただ単に たんなる だけ とばかり とりもなおさず のっけから のらりくらりと はじめ ひとこと ふっと ほんのちょっと ぽつりと ぽつんと まず までだ めんどうなことはせずに やっとのことで 易々と 一言だけ 一口 何もしないで 何も言わずに 簡にして 簡潔に 苦もなく 忽然と 思い切りよく 〜してしまう 質素な 質素に 手っ取り早く 勝手に 尽きる 素直に 単なる 単に 単簡に 単純にいって 単刀直入に 頭から 無言で 猛烈に 黙って

そのほかの「どう」で始まる語句・表現

どう どういう どういうわけか どういたしまして どうかしてる どうかすると どうかすると〜することがある どうかと思うほど どうかな、と思う どうかなという顔つきをして どうこう言う どうころんだって どうした どうしたことか どうしたって〜しないわけにはいかない どうしたのよ どうしたものか どうしたものか頭をひねる どうしたらよいのかわからない どうしたわけか どうして〜ではない どうしていいかわからない どうしてなかなか どうしても〜したい どうしても〜しない どうしても〜しないわけにはいかない どうしても〜ない どうしてもまだ どうしても抜けない どうしても気にかかる どうしてよいのかわからない どうしで形成する どうしましょう どうしようもない どうしようもないほど どうしようもないやつ どうしようもない生活 どうしようもない連中 どうしようもなく どうする どうするか どうすることもできない どうする事も どうすればよいのかわからない どうせ どうせ〜だから どうぞ どうぞと大きく どうだ どうだっていい どうだろう どうで どうであれ どうです どうでもいい どうでもいいこと どうでもいいような どうでもよさそうな感じ どうということはない どうとでもとれるような どうなって どうなるか どうにか どうにかこうにか どうにかしようと努力をかさねる どうにかなる どうにかものになる どうにか言いぬける どうにも どうにも〜ない どうにもならずもがいていること どうにもならないほど どうにもならぬ どうにもわけのわからない どうにも合点がいかない どうにも憂鬱な どうのこうのという どうのこうの言う どうも どうも〜 どうもいかんな どうもうまく どうもおかしい どうもしっくりしない どうも何だね どうも始末が悪い どうも腑に落ちない どうやって どうやら どうやら〜と見える どうやら〜のようだったな どうやら〜らしい どう猛 どう考えても どう考えてもおかしい どう考えても解せない どう見ても どう解釈したらいいか どう転んでも


ツイート