× Q 翻訳類語辞典

なんとなく  

うすうす なにがなし ぼうっと ぼやっと ぼんやり もやもや 何がなし 何が無し 何となく 何と無く 何処となく 何処と無く 杳として 茫と 薄々 薄薄

たまさか たまたま つい ついつい はからずも ひょいと ふいと ふっと ふと ゆくりなく 不図 何気無く 偶々 偶さか 偶偶 偶然 偶発的 図らずも 巧まずして 思いがけず 思い掛けず 思い掛ず 思わず 思掛けず 思掛ず 端無く 計らずも 適々 適さか 適適

どういうわけか どうしたものか なにかしら なんだか 何か 何かしら 何か知ら 何か知らん 何だか 何となしに 何と無しに 何故か 如何で

actually の訳語→ 〜さえ といっても とでも言うしかない はず も〜ですもん ああ見えても あのね ありありと ありていにいうと ありていにいえば いえ〜でしてね いえいえ いったい おそらく かえって かっこうの これで却って これはひとつ こんな ごもっとも さえ さよう しかし しかも じっさいの話 じつをいうと じゃう そういえば その実 そりゃ それどころか それも それより それを言うなら たしかに たんに だから ちなみに ちゃんと というより とにかく とりたてて どうして どうも どうもうまく どちらかといえば なるほど なんと はっきり はっきりと ばっかり ほんというと ほんというとね ほんとうに ほんとうのことをいうと ほんとのことをいうと ほんとのところ まぎれのない まざまざと まじめに まったく まで まるで むしろ もっとも もっともこの場合 もっともそのときは やはり ようなことは よくよく よく見ると 案外に 何しろ 果たして 気のせいか 却って 欠かさず 結果的には 現に 言っときますけどね 事実上 実に 実のところ 実をいうと 実際に 実際には 実際の話 実物は 心から 真剣に 正確にいうと 正直 正直なところ 正直な話 声をたてて 内心 寧ろ 肌で 文字どおり 文字通り 変わりないか 忘れずに 本格的に 本気で 本当のところは 満足に 明確に 面と向かって 率直にいって 率直に申し上げて

bit の訳語→ いくらか いささか かすか かなりの きれっぱし きれはし こころなしか しばらく すこし ぜんぜん だいぶ ちょいとのま ちょっと ちょっとばかり ちょっぴり どこか〜臭い なにか はした もどき やや 一画 一向に 一瞬 一節 何やら 記述 所々 小さな 少々 少し 寸々 風味 毛筋ほども

certain の訳語→ ある ある種の ある程度の ある程度はっきりした あれこれ いくつか いくつかの いくつも いささかの きまった さぞかし さる しかと しかるべき すくなからず そういうこと その どこか どこそこの どことなし なにか特別な はっきりさとる はっきりして はっきりわかっている ひんぴんと まぎれもない まず まちがいない よっては わかる 一種 一種の 一定の 一部 一面で 確実 確信 感ぜられる 間違いない 疑いない 決まっている 語気が強い 考えられる 思い知らされる 自信ありげなようす 自信がある 捨て難い 深く 多少の 定められた 二つ三つ 不審な 癖である 別の 妙な

connotation の訳語→ 〜という語に伴う語感 意識 言葉のふくみ

distinct の訳語→ あからさまに ありあり ありありと眼に焼きつけられた いまにも はっきりした 鮮明 鮮明な 傍目にも明らかな 本能的な

effortlessly の訳語→ あっさり こだわりなく さりげなく らくらくと 楽々と 軽快に

general の訳語→ あらましの ありきたりの おおまかな おおむね おしなべて およその たいがいの ひとしきり ぶらぶらしている 一応ざっと 一同の 各地の 具体論 司令官 全員にとって 全面 総長 大体は 抽象的 長官 汎用性が高い 漫然と

inexplicably の訳語→ あろうことか うまく説明できない どうしたわけか なぜか なんとはなしに

little の訳語→ 〜に過ぎる めく あまり降らない いくぶん いっかな いまいち〜ない お寒い かすかな かろうじて くだらん こじんまりした こぢんまりとした こまごまとした ささやかな さほどの ずんぐり そこそこ それとなく たわいない ちっちゃな ちっとやそっと ちと ちびの ちょいとした ちょこんと ちょっとした ちょっぴりの ちらっと なおも ばかり ほとんど〜ない ほのかに ほんの軽く みじんも〜するものではない ろくすっぽ ろくな〜もない わずかに チビ チビの 一口 下らん 希薄な 幾分 叫び 狭い 狭苦しい 軽い 軽く 軽少な 限られた 今少し 細い 次第に 小さく 小ぢんまりと 小ぶり 小ぶりの 小型 小体な 小柄 小柄で 小柄な 少しだけ 少しなりとも 少しばかり 少なからず 心持ち 申しわけばかり 素敵な 多少 短い 程度の 田舎の 到底 不思議な 乏しい 頬をほころばせる 幼い ...

mildly の訳語→ どことなく まあね まんざら〜でなくもない やさしい やんわり やんわりと 言葉おだやかに 控え目に 調子のいい 漠然とした

moderately の訳語→ なかなか はなはだ ほどほどに まあまあ 手ごろの

rather の訳語→ 〜が先だ とも思える ほうがいい ほうがまだましだ あまり あんまり いいかげん いかにも いっそ いっそ〜したい いつになく かなり かわりに けっこう このさい ごく さすがに さぞ ずいぶん それはもう それよりか ただ だったら つとめて ではなく というよりは ともすれば とんだ どちらかというと なかなかの なかば なくって なんて ばかに ひどく ほとほと ほとんど まあ まずまずの まだまだ めっきり ややともすると より正確には わざと わりあい わりに 案外 依然 何の 感じの 気味 極めて 近い 結構 思いのほか 少しばかり〜 頗る 随分 避け 妙に

seem の訳語→ 〜かんじだ げである しているふうである するような気さえする そうだ そうである という印象を与える という感じを受ける と見える と思われる なのか な顔をしている な眺めである な様子だ にうつって見える のよう のような印象がある のような気がする のように感じられる の観を呈する の観を免れない の気配である の態だ の様子だ ようだ ような色を見せている 感じだ いちおう いわんばかり おぼしい おぼしき かもしれない かも知れない きこえる している そう そうに だろう ちょっと見ると〜 つもりか といったあんばいだ どうも〜らしい どうやら〜のようだ どうやら〜らしい どこかしら〜している風だ なんていうんでしょうね ばかりに ふう ふしがある ふりをする まるで〜みたいだ みえる みたい みたいだ みたいでね やうな気がする ようす ようすがある ようである ような よそ目には らしい 一見 印象がある 陰謀めいた 映る 外観を呈している 外見 額面 感じ 感じがする 感じられる 感じる 顔をする 気がする 気味もある 響き 見えた 見える 見たところ 見たところ〜だ 見まがう 見る 見受けられる 口ぶり 思う 思えてならない 思える 思われる 耳障り 衝動に駆られる 風である 風に見える 風の 風をする 風情である 風情をただよわせる 物腰は〜だ 聞こえる 傍目 様子 様子が見える 様子だ 様子である 様相を呈す

somehow の訳語→ 〜だが でまた ある意味で いずれは〜だろう いつかは いつのまにか そしてなんとなく それでいて つくづく とかく とにもかくにも ともすると どういうものか どういう方法でか どうかこうか どうかすると どうしてか どうしてかはわからんけど どうしてだか どうしても どうにかこうにか どこかで どこからか どことはなしに どこをどう迷ったものか なにかの折に なんとか なんとかして なんらかのかたちで なんらかの形で なんらかの手段で なんらかの方法で ひょっとしたら ひょっとして もしかすると ようやく 何かの拍子で 何らかの 奇妙に 気がついたときには 懸命に 心なしか 多少なりとも 必死で 不思議に

somewhat の訳語→ 〜なところもある いくらかでも うっすらと こころもち たいして なにやら まさに まずまず 一部は 幾分の 高度に 若干 少々〜なところがある 勢いで

vaguely の訳語→ あいまいな あいまいに いい加減に うっすら おぼつかなく おぼろげに そこはかとなく はっきりした約束ではないにせよ よくは知らないが 遠くで 形だけ 心ここにあらずといった調子で 心もとない 漠とした 漠然と 曖昧である

simply の訳語→ 〜とだけ あっさりした口調で あながち あまりにも さっさと ざっくり じっと すぐ すっかり そっけなく そのまま そもそも ただ〜するばかりである ただ〜だけだ ただそれだけ ただひたすら ただ単に たんなる だけ とても とばかり とりもなおさず のだ のっけから のらりくらりと はじめ ひとこと ほんのちょっと ぽつりと ぽつんと までだ まるっきり めんどうなことはせずに もう やっとのことで 易々と 一言だけ 何もしないで 何も言わずに 皆目 簡にして 簡潔に 苦もなく 忽然と 思い切りよく 〜してしまう 質素な 質素に 手っ取り早く 勝手に 尽きる 素直に 単なる 単に 単簡に 単純にいって 単刀直入に 断じて 頭から 文句なしに 無言で 猛烈に 黙って

そのほかの「なん」で始まる語句・表現

なんかの場合 なんざ なんじゃないか なんぞ なんたらかんたら なんたる なんだ なんだか なんだかえたいのしれない なんだかざわざわとおそろしい気持になる なんだかふるめかしい なんだかんだと なんだか変な なんだか奇妙に なんて なんてこった なんてったって なんてもの なんで なんで〜かしら なんですって なんでも なんでもかんでも なんでもない なんでもないこと なんでもないことに怒る なんでもないよう なんでもないようだ なんでもない男 なんでもなくなる なんでもぺらぺらしゃべる なんと なんといいましょうか なんという なんというか なんといっても なんとか なんとか〜しようとする なんとか〜する なんとかいうもの なんとかかちとる なんとかかんとか なんとかさん なんとかして なんとかして取り立てる なんとかしのいでいく なんとかする なんとか暮らしを立てる なんとか無事に切り抜ける なんとしたことか なんとしても なんとなく〜か何かのように見せている なんとなく〜のように思える なんとなく予感する なんとも なんともいえない なんともいえぬ なんともおかしい なんともすわりがわるい なんともなさけない なんともひどい なんともやるせないような なんとも言えず なんとも言えずうまい なんとも言えない なんとも言えなく なんと言っていいかわからない なんども なんなりと なんにかぎらず なんにも なんにも知らずに なんの なんのこと なんのことはない なんのさしさわりもない なんのまえぶれもなく なんの不思議もなく なんの前ぶれもなく なんの前触れもなく なんの収穫もなく無駄に終わる なんの変哲もない なんの実りももたらさない なんの感情もない なんの感興も示さないような顔をして なんの抵抗もなく なんの支障もなく なんの斟酌も加えず なんの気なしに なんの気もなく なんの気恥しさもなく なんの罪もない なんの苦もなく なんの苦労もない なんの関係もなさそうな なんぴと なんぴとたりとも なんら なんらか なんらかの措置 なんらかの施設


ツイート