× Q 翻訳類語辞典

ほとんど  

あらかた おおかた おおく たいてい ほぼ 主として 主に 多く 大抵 大方 大部分は 概して 粗方 総じて 通じて

あらまし おさおさ 九分どおり 九分通 九分通り 凡そ 大凡 殆ど

おおよそ およそ かれこれ ざっと 先ず 無慮 粗々 粗粗 近くに

すんでのところで もう少しで

alike の訳語→ 〜も〜も 似かよっている 似た者 似ている

almost の訳語→ 〜かける ぎみ さえ さながら しようとする し損なう するようだ せんばかりにする ちかく でさえある というに近い といっていいほど といっていいほどの といってもいいほどの ところだった とも言える とも言えるほど〜だ と云ってよいほど と言った方がいい と言ってもよいほど なまでの に近い に見えるほど のようだ のようなものだ のように みたいなもの も同然である 近く 同然で あぶない あやうく いいほど いささか いまにも いまや〜ばかりだ かならずしもよく かなり くらい すら すれすれ すんでに そのもの そろそろ たいていの だいたい ちょっと でもないけど といってもいいくらい といってよい とても とも ともいえる どうにか どうも どこか〜さえ なかなか なかば なんだか なんとか はや ひどく ほとんど〜せんばかりである ほとんど〜と言ってもいいほどの ほとんど〜に近い ほとんど〜に等しい ほとんど〜ばかりにして ほとんど〜も同然 ほど ほんの まあ まざまざと まず まずたいていは まもなく まるで まるで〜よろしくといった むしろ めったなことで もう〜も近い もうすこしで もうそろそろ もうちょっとで〜するところ もう一歩で もう大分 もっぱら よく よっぽど 一種の 一種の〜にも似たもの 何となく 皆目 危うく〜しそうになる 近い 似た 実際に 手がとどく 十中八九 少し 情報源 真実〜しそうになっている 寸前までいく 大半 同然 半ば 負けないくらい 本当に 滅多に

barely の訳語→ 〜したかせぬかに そこそこ にも足りない かすかに かつかつに からくも かろうじて これっぽっちも しかねる すれすれに せいぜい ちょっとやそっとじゃ どうしても ほとんど〜しない ぼんやりと まだ まともに〜もしない めったに〜ない もう少しのところで ものの ようやく ろくに ろくに〜しない ろくに〜ない 何秒とたたぬうちに 危うく 手を加えていない 足らず

completely の訳語→ 〜しきった もいいとこ あます所なく いかにも からからに がらりと きれいさっぱり きれいさっぱりと きれいに くたくたに ぐるりと これ以上ないほど ころっと さっぱり しっかり じつに すごく すっかり すつかり すべて ぜったいに そっくり たちまち ちっとも つきつめて つくづく とことんまで なにがあったって はっきりと まことに まったく まるっきり まんまと みごとに みじんも みんな めいっぱい もう ゆっくり ケロリと ツルツルの 一向に 一切 一切の 一体全体 何ひとつ 何もないところから 確実に 完全に 完璧に 疑いの余地なく 見事に 根本から 至極 充分に 心から 寸分の隙なく 跡形もなく 全然 全能の 全面 全面的に 大〜 大きく 徹頭徹尾 突然 抜かりはない 百パーセント 文句なしに 綺麗に

fairly の訳語→ いたって きれい ごく しかも すこし ずいぶん それこそ たいそう とくに どうしてなかなか どちらかといえば なるべく まっさかさまに もの静か わけへだてのないように わりあい わりと わりに 充分 相当 比較的

few の訳語→ あまり いくつか いくつかの いくらかの いささかの たまに ちらほら ときたまあるくらい ところどころ ども ひとことみこと ふたことみこと ほとんど皆無 まばらな まれな めったにいない わずかばかりの 一口二口 一端 一部の 何人か 何人かの 何組か 何度か 何日か 何杯か 何粒かの 限られている 若干の 少数者 数えられるほど 数すくない 数少ない 多少 多少なりとも 多少の 得がたい 二、三 二つ三つ 二三の 滅多にない 余人には〜せぬ 類がすくない

half の訳語→ 〜かけ どおし ようにして いい加減 うっすらと かすかな さほど しかけた なまじな ばかに めいたもの 案外に 飲みさしの 五十ドル 少しは 大分 半端な 半分 半分〜しかかった 半分に折った 半分ばかり 曖昧な

hardly の訳語→ 〜するまでもない ではない ない なくらい になるわけがない いくらも〜しない お世辞にも〜とはいえない お世辞にも〜とは言えない お世辞にもいえない かねる さだかには〜ない するわけにいかない たいした〜ではない ちらりと てんで できない とてもそれほど〜ではいられない ないといっていい なるかならないか なんか ほとんど〜ない ほど遠く まさか まさか〜ない めったに もはや〜ない ろくすっぽ ろくろく〜もしない 格別〜ではない 別に〜ない 殆ど例がない

indeed の訳語→ 〜と云えるほどである なもんか! ありていにいって いな いや いやはや いやむしろ かえって こそ ことに これこそ これはこれは じっさい じっさいに じつの話 そうか そうだ そうなったらそうなったで その言葉どおり そりゃそうだ それどころか たしかに ちゃんと できるとも というより とりあえず どうか どうせ どころか なにはあれ なるほど のだ ひいては まぎれもない まさしく まさしくそのとおり まさに また まったくのところ まったくもって もちろん もっとも ものだ やっぱり やはり れっきとした 案の定 果たせるかな 覚悟 却って 更にまた 思ったとおり 事実 実は 実をいうと 甚だ 早い話が 打ち明けた話 第一 兎も角 如何にも 文字どおり

largely の訳語→ いわば おおむね おもな そのほとんどは まったくといってよいほど 一つには 大きい 八九分 別段

like の訳語→ 〜がえてしてそうであるように しているような じみた する思いだ という といったおもむき といった雰囲気で とか と同じように なみに にも似て に似て のか のつねとして のふりをして のような恰好で の態度で の例にもれず ほどの やその手の ように らしく を思わせる 張りに 例に漏れず あたかも いいと言う いやな顔はしない うける うれしい おなじ おもしろい かなんぞのように きらいじゃない このましくおもう こんなに さしずめ さながらに そうであるように その手の たとえていてば たとえば〜のように だけでなく というと とかなんとか とばかりに なかなかいい気分 ならって なんて ひいきにする まねる まるで〜みたいに みたいなの もどきに ような類の よからずと見る よろしく らしき 意志 意味で 楽しむ 感心する 含めて 嬉しい 気に入る 興味をもつ 見まごう 好きだ 好きになる 好ましい 好みに合う 好意 好意をもっている 好意をよせる 好意を持つ 好感をいだく 好感を覚える 参る 思わせる 心を惹かれる 選ぶ 対をなす 大歓迎 虫が好かない 同じ 同じだ 同様 同類 得手 匂いがするような 如くに 買っている 匹敵するものだ 平気 慕う 望む 目がない 要請する 例に洩れず 彷彿させる ...

most の訳語→ 〜盛り いちばん おおかたの おそろしく きわめて このうえない この上ない この世のものとも思えぬほど これほど これより〜はない ごくごく しごく せいいっぱい たまらない とびきり とびきりの とびぬけて とりわけ どう考えても どこの どんな なにより なによりも なるたけ なんとも はなはだしい はるか ひとしお ほとんどすべての ほとんどの ほとんど例外なく ものすごく よほど 一介の 一等 一番 往々 何とも 何よりの 何よりも 最たる 最たるもの 最も 最高 最高に 最大の 思いきり 捨てがたい 世にも 世の 世界でいちばん 多くの 大いに 大そう 大半を占めている 大方の 頂点を極める 非常に 並の 余人

much の訳語→ あれだけ おびただしい さして さまざまな さんざん しきりだ しきりに ずっと そう そこまで それほど たいして たっぷり だいぶ とやかく どう〜ても はるかに へん ほとんど何も まして まんざら めきめき やたら よけいなこと 何度も何度も 過度の 幾多の 苦心の末 細心の 山のように 深く 深刻な 精出す 多くを 大したこと 段違いだ 値が張る 虫がいい 特別な 片鱗 躍起になって 余計

nearly の訳語→ 〜しかける しそうになる あわや いいかげんに うっかり かける かねない かれこれ〜近く けんまく すんでのことで すんでのことに たいがい ちかい ばかりに ひどい もうかれこれ よほど〜と思う 一時は〜に見える 今にも 身近で 同然だ

near の訳語→ 〜あたりの きわで にひとしい のわき まで 寄り 近傍の 付近 いい線いっている すれすれまで そば そばに といってもよいほど ぴったり まずは みたいだ 陰に 遠くはない 界隈 間近 危機一髪 寄って 近づく 近所 手近の 手前 徐々に 親しみを感じる 方向に 脇に

often の訳語→ 〜することもある であることが多い なことが多い のことがままある は何度かある 専門 あちこちに きまって くりかえし ことあるごとに ことが多い ごくあたりまえ ざらに しじゅう しばしば しょっちゅう しょっちゅうある ちょくちょく とかく ときどき ときには なにかあると なんども ひんぱんに ふつう ふつうだ ややともすると 往々にして 何度も 何遍 幾度となく 繰り返す 口癖のように 始終 時として 時に 少なからず 状況によっては 折々 折に触れて 折りにふれて 絶えず 多くの場合 珍しくない 度々 頻々と 頻繁に 癖になっている

practically の訳語→ 〜といったほうがいい といっていいみたいだ といってもいいほどだ と言うべき も同然 いつこう だいたいにおいて とまで ほとんど全部 ほんというとね まともに よく見ると 実際には 実質的な 随分 生々しく 全く

quite の訳語→ あんまり いっこうに いとも うまく うんと えらい えらく かなりの かなり手きびしく けっこう この上なく しかと しかとは じつに驚くべき すぐ すこぶる すばらしい たいした ただ だた ちょっとした つい とっくの とんだ どうにも なかなかの なんとも言えなく はっきり はっきりとは ひしひしと ひとしきり へべれけに ほとほと ほんとうに ほんとに もっと ゆうに よくよく大した よほどの ナンバーワン 一向 何だか 完全な 顔負けの 結構 厳密に 実に 充分ある 十分 重々 少しも 全部 相当難儀な 多少は 大した 別に 満ちる 妙に 明らかに 露ほども

rarely の訳語→ 〜のほうが珍しい いつも そうそうあることではない ためしがない まずありえない まれにしか〜ない

rather の訳語→ 〜が先だ とも思える ほうがいい ほうがまだましだ いいかげん いくらか いっそ いっそ〜したい いつになく かわりに このさい さすがに さぞ しかし それはもう それよりか だったら つとめて ではなく というよりは ともすれば どことなく どちらかというと なくって なんとなく なんとはなしに はなはだ まずまずの まだまだ めっきり やや より正確には わざと わずかに 案外 依然 何の 感じの 気味 極めて 思いのほか 小さな 少々 少しばかり〜 頗る 心持ち 避け

singularly の訳語→ およそ〜 ことのほか 人並みはずれて 珍しいほど

totally の訳語→ あくまでも あまりに いちめんだらけ がらっと きわまる ぐったりと しまいまで とことん とりつく島もない どうしようもなく どこから見ても なにひとつ ひとくちに言えば まるきり ものの見事に 何も 格段の 完全にいかれた 根本的に 甚だしく 大丈夫だ 断じて 文句なしだ 本格的に

very の訳語→ 〜こそ すらも あまりにも いくらなんでも いよいよ うら かんかんに きわだつ きわめる ことさら この〜ぶり さぞや さも それは それゆえに たっての たっぷりの だけ とっても とんでもない なんでも ふかく めっぽう やけに バリバリに メチャ 異様に 一途 掛け値なしの 掛け離れた 肝心の 強い 恐ろしく 極端に 極度に 見るからに 仕方がない 至って 自体 真実 耐えがたいほど 大して 大変 著しい 底まで 特に 特上の 飛切り 並はずれて 並みの〜じゃない 豊かな 満点 目に見えて ...

virtually の訳語→ 〜も同然に すでに たぶん なにぶんにも ぱったりと まずもって わかりやすく 実際 実質的に 文字通り

そのほかの「ほと」で始まる語句・表現

ほとばしらせる ほとばしり ほとばしりでる ほとばしり出る ほとばしる ほとばしる元気 ほとほと ほとほとあきれる ほとほといやだ ほとほと閉口する ほとり ほとりで ほとんど〜せずに ほとんど〜ない ほとんどいかがわしいと思われるような ほとんどすべての点で ほとんどの場合 ほとんどは ほとんど一瞬のうちに ほとんど努力を要しない ほとんど夢中で ほとんど無意識に ほとんど無意識の ほとんど無関係に


ツイート