× Q 翻訳類語辞典

まず  

almost の訳語→ 〜かける ぎみ さえ さながら しようとする し損なう するようだ せんばかりにする ちかく でさえある というに近い といっていいほど といっていいほどの といってもいいほどの ところだった とも言える とも言えるほど〜だ と云ってよいほど と言った方がいい と言ってもよいほど なまでの に近い に見えるほど のようだ のようなものだ のように みたいなもの も同然である 近く 同然で あぶない あやうく いいほど いささか いまにも いまや〜ばかりだ おおかた およそ かならずしもよく かなり かれこれ くらい すら すれすれ すんでに すんでのところで そのもの そろそろ たいていの だいたい ちょっと でもないけど といってもいいくらい といってよい とても とも ともいえる どうにか どうも どこか〜さえ なかなか なかば なんだか なんとか はや ひどく ほとんど ほとんど〜せんばかりである ほとんど〜と言ってもいいほどの ほとんど〜に近い ほとんど〜に等しい ほとんど〜ばかりにして ほとんど〜も同然 ほど ほぼ ほんの まあ まざまざと まずたいていは まもなく まるで まるで〜よろしくといった むしろ めったなことで もう〜も近い もうすこしで もうそろそろ もうちょっとで〜するところ もう一歩で もう少しで もう大分 もっぱら よく よっぽど 一種の 一種の〜にも似たもの 何となく 皆目 危うく〜しそうになる 近い 似た 実際に 手がとどく 十中八九 少し 情報源 真実〜しそうになっている 寸前までいく 大半 同然 半ば 負けないくらい 本当に 滅多に

but の訳語→ ・・・が こそすれ、〜 ながら にしても もさることながら いずれにしてもだ いわば かといって が、その一方で が、だからといって が、一方で くせに これにくらべて さりとて されど しいていえば しかしどうしたことだろう しかるに すると そこへゆくと そのかわり そのじつ その代りに それが それで それでも それと それなのに それにしても それにひきかえ それはさておき それはともかく それよりも ただ〜 ただ〜の感はあったけどね だからといって だがしかし だがどうやら だけ だけどな だって だのに つい ではありますが でもいいんだ でもさ でもだからといって でもね でもねえ でも結局のところ といって といっても ところが ところで として とにかく とはいうものの とはいえ とはいったものの とはいっても ともかく どのみち なにしろ なにしろ〜なもんで なにせ なのに にもかかわらず のに ばかりだ ほかに ほかは まったく もちろん もっとも より外に 案外 遺憾ながら 一応は 一方 何しろ 何はさて 実際 少なくとも 第一 同時に 反面 ...

certainly の訳語→ 〜さえ しそうな に決まっている あたりまえ いうまでもない いかにも いっとくが〜だぞ いわんや えらく おさおさ かえって かしこまりました きっと きまって きまっている きわめて さぞ しっかり じつに すっかり ぜったい ぜったいに ぜひとも そう たいした たしかだ ちがいない どういたしまして どうみても どう見ても どう考えても なお なにぶんにも なるほど なんという なんとも はず はずだ はっきり はっきりいえる はっきりして まぎれもない まさか まさしく まさに まずまちがいない まったくの むろん もちろん怠らない もとより もはや ようですよ よほど モチさ 案の定 違いない 確かだ 確実に 間違いない 決して 現に〜ではないか 充分 充分に 随分 正しく 正直に言うが 相当 断じて 筈である 避けられない 必ず 別に 無論 明らかに 余っ程

certain の訳語→ ある ある種の ある程度の ある程度はっきりした あれこれ いくつか いくつかの いくつも いくらか いささかの かなりの きまった さぞかし さる しかと しかるべき すくなからず すこし そういうこと その どこか どこそこの どことなし なにか特別な なんとなく はっきりさとる はっきりわかっている ひんぴんと まちがいない やや よっては わかる 一種 一定の 一部 一面で 何かしら 確実 確信 感ぜられる 疑いない 決まっている 語気が強い 考えられる 思い知らされる 自信ありげなようす 自信がある 捨て難い 少々 深く 多少の 定められた 二つ三つ 不審な 癖である 別の 妙な

example の訳語→ お手本 たとえば たとえ話 でも サンプル 見せしめ 手本 要領 顰み

first の訳語→ 〜したばかしの いまがはじめてである さしあたって最初に さっきからの すぐ すぐに その前に そもそも そもそもの とびきりの なによりもまず のっけから はじまり はじめ はじめて はじめて迎える はじめて見せる はじめに まず一つ まず口をついた まず最初に まず頭にうかんだ まっさきに まっ先に ファースト 一等 一杯目の 一発で 一番 一番に 一番のりの 一番乗りの 一番先に 一目 何よりも先ず 芽ぶいたばかりの 最初 最初に 最初の 最初のうち 最初のうちは 史上初の 史上初めての 始める 手はじめに 手始めに 初めて 初めての 初期の段階では 初対面 真っ先 真っ先に 真っ先に発せられた 先きに 先に 先を越す 先決 先制 先頭 前に 前の 前もって 早く 早朝 草分け 朝の早い 当座 当初 入口の 嚆矢

initially の訳語→ ひとまず まずは 初めのうちは

just の訳語→ 〜したて したばっかりだぜ したままぽかんと〜しているばかり なんだ に過ぎない までですよ あっさり あともう〜しかない いいから いたって いつでも いましがた おとなしく かろうじて ぎりぎり これこそ ごくごく さあ さっさと しげしげと すでに そっくりの たかだか ただ、無性に ただじっと ただの ただひたすら たった今 たんなる だけに ちゃんと ちょっぴり ついさっき つい先頃 つまり というものだ とことん とりあえず どうせ どうやら なに のこのこ のも ばかり ひょいと ふつうの ほんと、いかにも まだ まちがいなく みすみす もっともな よりによって わずかに サシの 一介の 一足ちがいで 何をするともなく 簡単に 間をうめる 間一髪 今ここで 今しがた 今しがた〜したばかり 今の 今度のは 最近 至極 失敗する 瞬間 辛うじて 甚だ 正義を尊ぶ 精一杯 惜しいところで 単なる〜の域を出ない 単純に 同じように 同様に 不用意に 本能に 無造作に 黙って 要するに 要するに〜というものである 脇目もふらず ...

often の訳語→ 〜することもある であることが多い なことが多い のことがままある は何度かある 専門 あちこちに くりかえし ことあるごとに ことが多い ごくあたりまえ さんざん ざらに しきりに しじゅう しばしば しょっちゅう しょっちゅうある ずいぶん たいてい ちょくちょく とかく ときどき ときには なにかあると なんども ひんぱんに ふつう ふつうだ ややともすると 往々 往々にして 何度か 何度も 何遍 幾度となく 繰り返す 口癖のように 始終 時として 時に 少なからず 状況によっては 折々 折に触れて 折りにふれて 絶えず 多くの場合 珍しくない 度々 頻々と 頻繁に 癖になっている

practically の訳語→ 〜といったほうがいい といっていいみたいだ といってもいいほどだ と言うべき も同然 いつこう ころっと だいたいにおいて とまで ほとんど全部 ほんというとね まともに よく見ると ろくに 今にも 実際には 実質的な 生々しく 全く

pretty の訳語→ あまり いい いやに うまく きれいな けっこう ごく しゃれた じっと すこぶる すごい すごく ずっぽり だいぶ ちょっとした なかなかの のんびり はるかに ぴりっと ほんとうに また まったくもって まんまと わりかし ハンサム 愛くるしい 愛敬がないでもない 確かに〜には違いない 楽しい 器量よし 強く 極端に 結構 見事な 思し召し 食えん 身辺の 相当に 大いに 大体は 大分 余興

probably の訳語→ 〜かもしれない かもしれぬ したんだろうさ してやしないだろうか じゃないだろうか そうだ だろう だろうか であろうと思われる ではなかろうか でも〜するのだろう と思う なんじゃないの? なんだろう にきまっている にちがいない まい もあると思う ようだ ありうる おそらく おそらくは かな かも かもしれない きっと〜だろう ことによると さだめし さほど さもあろう したのか そう、おそらく たぶん たぶん〜だろう であろう でしょう でもしている といったほうがいいかもしれない と思われる どうやら〜そうだ どうやら〜と見える やはり らしい 感じ 傾向あり 大方 大方〜だろう 定めし 定めて

rarely の訳語→ 〜のほうが珍しい いつも そうそうあることではない ためしがない まずありえない まれにしか〜ない 滅多にない

sort の訳語→ 〜ともいえる ように いろいろ かたち ぐらい こんな その手 たぐい たち なんか ほどの人 まあね まあまあ みたい みたいな ような ようなもの よくあるタイプ よりわける らしきもの タイプ 区別する 仕分けする 仕分けをする 種類 整理する 選りわける 調子 程度 内容

sure の訳語→ いいよ いいわ いただきます ええ さだか そうか そうだとも そうだよね そう思う そりゃ そりゃもう それだな たしかに ではある どうぞ ほんと まぎれもなく もちろん思う よし よろしい わかって わかっている わかってる わかるとも 安心して 安心する 何よりの 解しかねる 確か 確たる 確実に知る 確信がある 確信する 確信のある 確信を持つ 確認する 気がおさまらない 決めてる 見ただけで分かる 見とどける 思う 自信のある 実に 信じている 心あたり 正確な 絶対に 断言できる 当てにしている 道理で 把握する 不案内である 予感がする 予測 用心して

simply の訳語→ 〜とだけ あっさりした口調で あながち あまりにも さりげなく ざっくり そっけなく そのまま ただ ただ〜するばかりである ただ〜だけだ ただそれだけ ただ単に とばかり とりもなおさず どうしても のだ のらりくらりと ひとこと ふっと ほんのちょっと ぽつりと ぽつんと までだ まるっきり めんどうなことはせずに もう やっとのことで 易々と 一言だけ 一口 何もしないで 何も言わずに 簡にして 簡潔に 苦もなく 忽然と 思い切りよく 〜してしまう 質素な 質素に 手っ取り早く 勝手に 尽きる 素直に 単なる 単に 単簡に 単純にいって 単刀直入に 到底 頭から 文句なしに 無言で 猛烈に

そのほかの「まず」で始まる語句・表現

まず〜からたどる まず〜しない まずありえない まずい まずいこと まずいことに まずい人 まずい食べ物 まずく まずない まずなによりも まずは まずは上出来である まずまず まずまずの まずまず納得のいく まずまちがいない まずもって まず何が大事か まず先決だ まず必要となる まず思いつく


ツイート