× Q 翻訳類語辞典

まったく  

いかにも さぞかし さぞや じつに それはそれは とっと ほんに まことに 余り 全く 其は 其は其は 其れは 其れは其れは 嘸かし 嘸や 如何にも 実に 実にも 実にや 実に実に 実以て 実際 実際に 寔に 本に 現に 真に 誠に

いっこう おさおさ およそ かたきし からきし からきり からっきし さっぱり すっかり すっぱり ずっぷり ずぶ とんと ふっつと ふっつり ふつに ぷっつり まるきり まるっきり まるで まる切し まる切り まんざら みっしり みっちり 一に 一円 一切 一向 万万 丸きし 丸っきり 丸っ切り 丸で 丸切 丸切し 丸切り 何も 全然 凡そ 凡て 壱に 奇麗さっぱり 完全 完膚なきまで 完膚なきまでに 完膚無き迄 完膚無き迄に 徹頭徹尾 掻い暮れ 掻暮 掻暮れ 根っから 満更 皆乍 皆乍ら 皆式 皆目 皆色 諸に 頓と

さね まさしく 事実 悉皆 本当 本当に 正しく 然も 現実 真実 神もって 神以って 神以て 純粋

じつは そのじつ その実 其の実 其実 実のところ 実の所 実は 実を言うと 実を言えば

ちょうど まさに 恰度

つくづく つぶさに とっくり まんべんなく 万遍なく 万遍無く 余すところなく 余すところ無く 余す所なく 余す所無く 備に 具に 徹底的 悉に 洗いざらい 洗い浚い 洗浚 洗浚い 満遍なく 満遍無く 篤と 逐一 骨の髄まで

何とも 何共 完全に

ばっちり 断じて 断然 神掛けて 絶対に 誓って

どうにも

将に 当に 正に

absolutely の訳語→ 〜そのもの にちがいない いつも おそろしく おっしゃるとおりです きっぱり きわめて このうえない このうえなく したきり じっと たっぷり ちゃんと とにかく とにかくまったく どうしたって どうしても どうしようもなく どこまでも どのみち ならない ひっそりと ひとえに ほとほと ほんとうに ほんとに ぽかんとした まぎれもなく まちがいなく まったくの まったくもう本当に もちろんです ゆえん わかった。かならず 圧倒的な 圧倒的に 一つ残らず 何の〜 何一つ 極度に 決して 固く 充分 少しも 正真正銘の 生粋の 絶対に金輪際 全幅の 大抵は 到底 百パーセント 文句のつけようがないほど 文句のつけようのない

actually の訳語→ 〜さえ といっても とでも言うしかない はず も〜ですもん ああ見えても あのね ありありと ありていにいうと ありていにいえば いえ〜でしてね いえいえ いったい おそらく かえって かっこうの これで却って これはひとつ こんな ごもっとも さえ さよう しかし しかも じっさいの話 じつをいうと じゃう そういえば そりゃ それどころか それも それより それを言うなら たしかに たんに だから ちなみに つい というより とりたてて どうして どうも どうもうまく どちらかといえば なるほど なんと なんとなく はっきり はっきりと ばっかり ほんというと ほんというとね ほんとうのことをいうと ほんとのことをいうと ほんとのところ まぎれのない まざまざと まじめに まで むしろ もっとも もっともこの場合 もっともそのときは やはり ようなことは よくよく よく見ると 案外に 何しろ 果たして 気のせいか 却って 欠かさず 結果的には 言っときますけどね 事実上 実をいうと 実際には 実際の話 実物は 心から 真剣に 正確にいうと 正直 正直なところ 正直な話 声をたてて 内心 寧ろ 肌で 文字どおり 文字通り 変わりないか 忘れずに 本格的に 本気で 本当のところは 満足に 明確に 面と向かって 率直にいって 率直に申し上げて

altogether の訳語→ <訳なし> あながち うってかわった せいぜい とても なにしろ はたと 諸事 歴然と

apparent の訳語→ 〜の色 めいた あからさまな ありありとうかぶ おぼしきもの おもてににじませる これという これといった はっきりしてくる よくわかる らしきもの わかった わかる 一見 一見〜らしきもの 気色 見たところ 見た目には〜 甚だしい 装う 端的にあらわれて 表面にあらわれはじめる 傍目にも明らかだ 明らか 目に見える 様子 露呈する

but の訳語→ ・・・が こそすれ、〜 ながら にしても もさることながら いずれにしてもだ いわば かといって が、その一方で が、だからといって が、一方で くせに これにくらべて さりとて されど しいていえば しかしどうしたことだろう しかるに すると そこへゆくと そのかわり その代りに それが それで それでも それと それなのに それにしても それにひきかえ それはさておき それはともかく それよりも ただ〜 ただ〜の感はあったけどね だからといって だがしかし だがどうやら だけ だけどな だって だのに ではありますが でもいいんだ でもさ でもだからといって でもね でもねえ でも結局のところ といって ところが ところで として とはいうものの とはいえ とはいったものの とはいっても ともかく なにしろ〜なもんで なにせ なのに にもかかわらず のに ばかりだ ほかに ほかは ほんの まあ まず もちろん より外に 案外 遺憾ながら 一応は 一方 何はさて 少なくとも 第一 同時に 反面 ...

certainly の訳語→ しそうな とも に決まっている あたりまえ いうまでもない いっとくが〜だぞ いわんや えらく かしこまりました きっと きまって きまっている さぞ しっかり ぜったい ぜったいに ぜひとも そう そのもの たいした たしかだ ちがいない どういたしまして どうみても どう見ても どう考えても なお なにぶんにも なんという なんとも はずだ はっきりいえる はっきりして まぎれもない まさか まずまちがいない むろん もちろん怠らない もとより もはや ようですよ よほど モチさ 案の定 違いない 確かだ 確実に 間違いない 現に〜ではないか 充分に 随分 正直に言うが 相当 筈である 避けられない 必ず 別に 無論 明らかに 余っ程

cold の訳語→ いんき さむざむと さめた しんと冷えている すーっと すげない はっとして ひえびえと ひややかな ひんやり ひんやりした ひんやりとした 愛想がない 火の気の無い 寒々と 寒々とした 寒々とした姿で 寒い 寒さ 寒気 寒空に路頭に迷う 寒冷 血の冷えた 古い 寂寞の 情の薄い 素気のない 他人行儀な 低温 底冷え 底冷えのする 凍える 氷のように 風邪 忘れられた 冷えきった 冷えこむ 冷えた 冷えてる 冷える 冷え冷えとした 冷たい 冷めた 冷やか 冷やかな 冷ややかな 冷気 冷酷な 冷水 冷淡に見える

completely の訳語→ 〜しきった もいいとこ あます所なく からからに がらりと きれいさっぱり きれいさっぱりと きれいに くたくたに ぐるりと これ以上ないほど ころっと すごく すつかり すべて そっくり たちまち ちっとも つきつめて とことんまで なにがあったって ひどく ほとんど まんまと みごとに みじんも みんな めいっぱい もう ゆっくり ケロリと ツルツルの 一向に 一切の 一体全体 何ひとつ 何もないところから 完璧に 疑いの余地なく 見事に 根本から 至極 寸分の隙なく 跡形もなく 全能の 全面 全面的に 大〜 大きく 突然 抜かりはない 文句なしに 綺麗に

considerably の訳語→ いくぶん いささか かなり ずっと だいぶ なかなか はるかに よっぽど 何割がたか 可なり 急に 更に更に 目に見えて 遙かに

distinctly の訳語→ 見違えるほど 顕著に 紛れもない 明らかな 雄弁な

entirely の訳語→ あげて あっさり あまり あんまり いちがいに けろりと ことごとく すべてをあげて ずくめの そんなに どこから見ても どこもかも なにもかも ばかり ぴたりと まともに みんながみんな 一挙に 一切を 一途に 果して 十分 純粋に 全部は 単独で 片端から

exactly の訳語→ 〜というほどの というやつだ どおりに 通り いちばん うってつけの お説の通りだ かっきり かわらぬ きちんと くっきり じかに すっぽり そういうことね そうです そこ そっくりそのままに そっくり同じ そのとおり それこそ たしか ただの つまり どおり どおりの どんぴしゃの なんの不思議もなく はっきりいって はっきり言って ぴったり ぴったりだ ほんとにそっくり ぽっきり まさしくそうだね まさにそう まったくだ まったくもって ままに やかましく やっと よく 一体 額面以上でも以下でもない 具体的に 厳密にいうと 細大洩らさず 四角ばった 子細に 寸分たがわず 正解だ 正確なところ 正確にいえば 正確には 正確に言うと 忠実に 的確に 判ってるじゃないか 非のうちどころのない 本当の 歴とした

exact の訳語→ おこなう おなじみの そのまま 瓜ふたつの 具体的な 正確な 正確に 正式な

exceedingly の訳語→ ものすごく 驚くほど 結構 殊の外 大そう

fully の訳語→ あまさず いやというほど しかと すべてを てっきり まる まるまる ようやく スーツ フル 一通り 完全なかたちで 喜んで 十二分に 詳しく 是面的に 正直に 精密 全部 当然 揺るぎない

genuine の訳語→ いつわりのない これはまさに さも〜 まぎれもない正真正銘の 楽しそうに 偽りない 偽りなしだ 偽りのない 個人的な 純一無雑な 心底 心底から 正真正銘ほんものの 惜しみない 百パーセントの 満足な

goddamn の訳語→ いかさない くそ くそっ すこぶる ちくしょう とんでもない 呪われた 評判のわるい

gosh の訳語→ そんな どうしましょう

great の訳語→ 〜きり に〜する ぶかげ 伏せる あの ありがとうよ いうことなし いたく いよいよ うっかり〜する うまく うれしい ことに しごく じつに〜な すごい すさまじい すばらしいよ せっぱつまった そそられる たいへん ただならぬ たのもしい だいたい〜である できればいい なかなかの なんとか はるかに大きな ばかに めざましい もろに やむにやまれぬ よい よかった よくもまあ サイコー 偉大 一大 一番の 一流 何にもまして 何よりだ 価値ある 肝腎な 強い 強力な 群れ 激しく 元気 広く 豪華な 最高 最高の 惨憺 重み 宿命の 上等 深々と 席捲する 絶世の 騒然 多少 泰斗 大きさに比例して 大した 大義 大物 大粒の 底知れぬ 伝説的な名〜 莫大な 比類のない 非常に 必死に 並々ならず 並々ならぬ 並たいていではない 万全 豊かな 膨大な 本〜 無数に 名〜 名だたる 役者 優しい 優れた 優秀な 有名 有名〜 立派 立派な 立派になる 歴史に名をとどめる 烈しい ...

hell の訳語→ あまりにも いいかい いやはや てんやわんやの大騒ぎ とんでもねえ なに ははあ ひどい目に遭う ほら めちゃめちゃ やれやれ 苦悩 酸鼻な光景 騒ぎ 大目玉 地獄 馬鹿いっちゃ困るよ 文句なし 面倒

intense の訳語→ きつさ きびしい けんめいの しんしんたる なまなましい ひしひしと感じる ひたむき むせかえるような 異常な 一途な 一本気で 鋭い 過酷な 極度に強い 激しい 激烈な 厳しい 向こうっ気の強い 仕事一途な 仕事熱心な 思いつめたような 灼熱の 深まる 真剣な 神経がいつも昂ぶってる 大いに 泥沼の様相を呈する 突っ込んだ 熱血漢 熱血漢の 熱心な 飽くことを知らぬ 無我の 猛然と 熾烈

man の訳語→ おいおい おじさん おっさん おやじ お客さん さあ つく なあ なんですって にいちゃん ほう もの やつ やばいな れっきとしたおとなの男 オトコ ボーイさん 御方 子孫 子分 持ち主 囚人 実力者 主人 職人 身体 人の身 人員 人間 人間の男 人物 壮丁 相手 大人 誰か 男の 男の方 男手 男性 亭主 配下 犯人 番をする 部下 野郎 連中

merely の訳語→ 〜したまでである じゃないかな だけの に過ぎない なり じゃ ただ ただ〜したかったまでである ただの〜だ ちょっと ちらりとでも 辛うじてかすかに 単なる 黙って

naturally の訳語→ 〜の筈だ いうまでもないが いつの間にか いつものことながら おのずと せいらいの せざるをえない それはそうだ ですから なんの抵抗もなく ひょいと むろん〜とて むろん実際には よくあることで 安らかな 血筋のせい 言うまでもない 持ち前の 自然 自然に 勢い 生まれつき 知らぬまに 当たり前 当然ながら 当然のことだが 当然のことながら 毎度のことで 無理ない 無理もない 勿論

never の訳語→ 〜したこともない したためしがない したためしはない ない主義でして はたえてない いかなるときも いくら〜しても いささかも〜ない いちども いっかな いっこうに いっさい〜しない いっときも〜ない いつでも いつの場合も いつまでたっても〜ない いなかった いまだに いまのいままで かいもく かつて〜ない きざしもない しまい じまい ぜんぜん そよとも それきり〜しない それぎり ただのいちどもない ためしがない ちっともない ついぞ ついぞ〜ない ついに ついに〜しなかった ついに一度も〜しない つゆ〜ない とうてい とうてい〜しきれない とうてい〜ない とうとう とてもとても どうしても〜しない どうしても〜できない どうしても〜ない ない なかった なかなか〜ない なれない のぼらない ひとことも ひとつも〜しない まず〜しない ません まったく考えられない まるで〜ない めっそうな もともと〜でない ゆめゆめ〜ない よもや ろくすっぽ わかんなかったなあ わけじゃないの 一ミリも〜ない 一生 一滴だって 一度も 一度も〜しない 一度も〜なかった 一度もない 永遠に 縁のない 何度聞いても〜ない 皆無 頑として〜ない 禁物だ 金輪際 金輪際しない 今まで〜ない 最初から 最初から〜ない 試しがない 瞬時も〜ない 生まれてはじめて 生まれて初めて 絶えてない 絶対に〜しない 絶対に〜できない 絶対にやらかさない 絶対にやらない 賭ける 二度と 片時も〜しない

particularly の訳語→ きわまりない けっして ことさら ことのほか これといって さして さほど さまで それほど たいそう だれよりも とくに とっておきの とびきり とりわけ なおさら なかんずく なんの ひときわ べつに むりに わけても 異常に 一途 格別 限定すれば 取り立てて 殊に 殊更に 大いなる 特に 特別 別段 輪をかけて

perfectly の訳語→ あますところなく あんな〜はない いたって ええ、全然 きわまる くっきりと くわしく ごく しっくり しっくりと じゅうぶん すんなり どんな刺激を受けてもまったく なんの支障もなく ぴしりと ぴったりと まだ十分に 一も二もなく 何にも 何の問題もなく 何不足ない 完璧な 至つて 申し分なく 正当な 念入りに 百も 文句なく 立派に

practically の訳語→ 〜といったほうがいい といっていいみたいだ といってもいいほどだ と言うべき みたいなもの も同然 いつこう たいてい だいたい だいたいにおいて とまで なかば ほとんど全部 ほぼ ろくに 今にも 実質的な 生々しく 同然

precisely の訳語→ 〜こそ きっかり こそ ていねいに まさしくね まったく同じ ズバリと ピッタリ 規則正しい 仰せの通り 見事 正確なところは

pretty の訳語→ いい いやに かなりの きれいな けっこう しゃれた ずいぶん ずっぽり ちょっとした のんびり ぴりっと また わりかし ハンサム 愛くるしい 愛敬がないでもない 確かに〜には違いない 楽しい 器量よし 強く 極端に 見事な 思し召し 食えん 身辺の 相当に 大体は 大分 余興

quite の訳語→ いとも いまにも うんと えらい かなり手きびしく くらい この上なく ごくごく しかとは じつに驚くべき すぐ すばらしい だた とっくの とんだ なんとも言えなく はっきりとは ひしひしと ひとしきり へべれけに もっと もっぱら ゆうに よくよく大した よほどの ナンバーワン 何だか 完全な 顔負けの 厳密に 充分ある 重々 少なからず 相当難儀な 多少は 満ちる 妙に 露ほども

squeaky の訳語→ 甲高い

strongly の訳語→ くれぐれも ずばりと ひどい ぷんぷん 強いて 徹底的に 否応なしに 明瞭に 力づよさ 力を入れて 力強く

such の訳語→ かくも かような きわみ こういった こうした この この手の この種の これだけの こんなに しつこい そういう そこまで その手の その種の など またとない むやみに 何やらかやら 願ってもない 斯うした

supremely の訳語→ このうえもなく

surely の訳語→ 〜かもしれない かもしれぬ しないでもあるまい そうなものだ であろうことは目に見えている ではないか に相違ない まい んだ これなら そうだとも だが〜でしょう だろう ちがいなかろう でしょう 間違いなく 疑いもなく 着実に 必竟 容赦なく 蟲が知らせる

totally の訳語→ あくまでも あまりに いちめんだらけ がらっと ぐったりと しまいまで とことん とりつく島もない なにひとつ ひとくちに言えば ものの見事に 格段の 完全にいかれた 根本的に 甚だしく 大丈夫だ 文句なしだ 殆ど

truly の訳語→ 〜同然 このことだ それは ちょっとばかり とっても 一人前の 実際は

virtually の訳語→ 〜も同然に ようにして おおむね すでに たぶん ぱったりと まずもって わかりやすく 近い 実質的に

well の訳語→ 〜って感じ ああ、あのことですね あらそう いいか いいですね いえ いや、そういわれると いやあ う、うん うーん、すると うん ええ ええ、そりゃ えっと おやおや かれこれ きちんとした ぐっすり けだし こしたことはない じゃあ ずいぶんはかどる そういうことならば そうだ そうだなあ そうですね そのう それがどうだと言うんです だから、その では でも とうに とっくに とにかくいちど どうだ なにぶん なんといいましょうか にじみでてくる ふうん ほほう ま、 まあしかし まあまあ わく 安全 溢れる 家柄の良い 快調に 気前がいい 見事だ 好都合 幸い 行き届いている 今度は 参ったな 実際のところ 手際がよい 手際よく 出っぱり 深い 人に 鮮明に 相当の 調和 判事席の前のあたり 肥えている 噴きあげる 噴き出る 無難に 優に 有効に 湧きおこる 要するに 理想的な 良い 腕のたつ ...

what の訳語→ 〜のは いかに ええっ かぎりの こと さすがに〜 じゃないか そいつあ〜だ ところ ところは どう どういう どういう事態が どうした どうする どうだっていうの どうなって どれだけ どんな どんなに なかなか〜ね なぜ なにか なんて なんてこった なんのこと はん へええ? イメージ 何か 何だ 何だい 何とまあ 何の話 何事 仕事 取るに足らない 出来事 所以 全く〜だ 代物

yes の訳語→ 〜とも 「イエス」の意 ああ ああそうそう いいぞ いいだろ いいとも いや いやいや うん、そうさ うんうん ええ、そうなんです ええええ、ええええ そうか、わかった そうかい そうさ そうでしょう。わかりますよ そうでしょうね そうなの そうなんです そうよ そのとおりだ そのとおりです そりゃそうさ そりゃたしかに できる でしょ なあに なによ なんだ ふむ まさにそのとおり もう本気だ もしもし やあ よし よしよし イエス 何を隠そう

simply の訳語→ 〜とだけ あっさりした口調で かろうじて さっさと さりげなく ざっくり そっけなく そもそも ただ〜するばかりである ただ〜だけだ ただそれだけ ただひたすら ただ単に たんなる とばかり とりもなおさず のだ のっけから のらりくらりと はじめ ひとこと ふっと ほんのちょっと ぽつりと ぽつんと までだ めんどうなことはせずに やっとのことで 易々と 一言だけ 一口 何もしないで 何も言わずに 簡にして 簡潔に 苦もなく 忽然と 思い切りよく 〜してしまう 質素な 質素に 手っ取り早く 勝手に 尽きる 素直に 単に 単簡に 単純にいって 単刀直入に 頭から 無言で 猛烈に

God の訳語→ いけない! やめて! うーん お願いだから なんとしたことか 神様

そのほかの「まっ」で始まる語句・表現

まっこうから まっこうからにらみすえる まっさかさまに まっさかさまに落ちていく まっさらの まっしぐらに天空へ馳せのぼる まっしぐらの まっすぐ まっすぐではない まっすぐな まっすぐな心の まっすぐに まっすぐにする まっすぐになる まっすぐのばす まっすぐ突き立てる まっすぐ舞い上がる まったき まったくだめである まったくといってよいほど まったくない まったくなにひとつ まったくの まったくのところ まったくの仏頂面で まったくの玩弄物 まったくひどい まったくもう まったくもって まったく人気のない まったく反対の地点 まったく唐突に まったく困った まったく変わった まったく意想外の まったく無類の まったく独創的な まったく異様な まったく目も当てられない まったく自然のまま まったく身動きがとれない まったく違う まったく醜いもの まったく関心をあつめていない まっただ中を まっとうする まっとうで まっとうな まっとうに まっ先に まっ只中 まっ四角 まっ暗 まっ暗闇 まっ正直 まっ盛り まっ裸 まっ青な まっ青になったまま まっ黒 まっ黒い


ツイート