× Q 翻訳類語辞典

もっぱら  

ただ ただただ ひとり 一に 偏に 単に 只々 只只 唯々 唯唯 啻に 壱に 専ら 独り

all の訳語→ 〜ずくめ だけが という〜 人が〜人とも あとかたもなく あらゆる ありたけ ありったけの あれこれと いかなる いずれも いっさいがっさい いっせいに いつも いろいろ いろんな おしなべて かぎり かたっぱしから きれいに けっきょく こぞって これこそ こんな さんざん すっかり すべての すべては ずっと ぜんぜん そこらじゅう そっくり残らず その他もろもろ それぞれ そろって たいへんな ただの〜にすぎない だけ だらけ だれにも つくす どう どおし どこまでも どのような どれも どんどん どんなに なにもかも なによりも なんとも のこりなく ひたすら ひとり残らず ほんとうに みな みんな〜ばっかり みんなで もろもろ やる よく ゴマンとある 一ぺんに 一手に 一斉に 一切すべて 一同 一文残らず 何から何まで 何もかも 各種の〜のたぐい 寄ってたかって 懸命な 権化 今までの 際限なく 四方 手当たりしだい 出來るだけ 上から下まで 申し合わせたように 数々 世の中 洗いざらい 全員 全身の 全部 全部ひっくるめて 総出で 体じゅうの 大きな 大勢の 誰の目にも 逐一 度重なる 猫も杓子も 風物 並いる 片っぱしから 片っ端から 万事 本性 要は 例外なく 連中 話のすべて ...

almost の訳語→ 〜かける ぎみ さえ さながら しようとする し損なう するようだ せんばかりにする ちかく でさえある というに近い といっていいほど といっていいほどの といってもいいほどの ところだった とも言える とも言えるほど〜だ と云ってよいほど と言った方がいい と言ってもよいほど なまでの に近い に見えるほど のようだ のようなものだ のように みたいなもの も同然である 近く 同然で あぶない あやうく いいほど いささか いまにも いまや〜ばかりだ おおかた およそ かならずしもよく かなり かれこれ くらい すら すれすれ すんでに すんでのところで そのもの そろそろ たいていの だいたい ちょっと でもないけど といってもいいくらい といってよい とても とも ともいえる どうにか どうも どこか〜さえ なかなか なかば なんだか なんとか はや ひどく ほとんど ほとんど〜せんばかりである ほとんど〜と言ってもいいほどの ほとんど〜に近い ほとんど〜に等しい ほとんど〜ばかりにして ほとんど〜も同然 ほど ほぼ ほんの まあ まざまざと まず まずたいていは まもなく まるで まるで〜よろしくといった むしろ めったなことで もう〜も近い もうすこしで もうそろそろ もうちょっとで〜するところ もう一歩で もう少しで もう大分 よっぽど 一種の 一種の〜にも似たもの 何となく 皆目 危うく〜しそうになる 近い 似た 実際に 手がとどく 十中八九 少し 情報源 真実〜しそうになっている 寸前までいく 大半 同然 半ば 負けないくらい 本当に 滅多に

especially の訳語→ いやに きわめて けっこう ことに ことのほか さしたる さして さほど しかも その上に そんなに できれば とくに とくにとってはそうだ とくにそれが〜とくればなおさらだ とりたたて とりたてて とりわけ なおさら なおさらだ なおさらである なおのこと なおのことだ なかでも なかんずく なにしろ ひとしお べつに まして まして〜である もっとも わけても わざとのように わざわざ 一番 何よりも 格別 殊に 殊更 得意中の得意 別に 別段

fashion の訳語→ まなざし 改造する 決まる 振舞い 足どり 体裁をつける 態度 流行 流行の波 拵える

largely の訳語→ あらかた いわば おおむね おもな そのほとんどは まったくといってよいほど まんまと 一つには 大きい 八九分

lot の訳語→ 〜したいだけ だらけだ あれこれ いっぱい うんと えらい おそろしく かねがね がんがん しげしげと すごい ずいぶん ずいぶんと ずいぶん大勢 そこそこ たっぷり だいぶ だいぶあちこちで どっさり ばっかり ひどい ほうぼう やたらと 運勢 結構 山のように 集団 宿命 色々 人種 生まれつく 精力的に 多い 多く 多大な 大いに 大勢 駐車場

mostly の訳語→ おおかたの おもで おもに くらいだ それより たいがい だいたいにおいて どうしても ばかり ほとんどの場合 ろくに 概して 全体的には 要するに

most の訳語→ 〜盛り いかにも いたって いちばん このうえない この上ない この世のものとも思えぬほど これほど これより〜はない ごく ごくごく しごく じつに すごく せいいっぱい たまらない とびきり とびきりの とびぬけて どう考えても どこの どんな なにより なるたけ はなはだしい はるか ほとんどすべての ほとんどの ほとんど例外なく まことに まさに みごとに ものすごく よほど 一介の 一等 往々 何とも 何よりの 最たる 最たるもの 最も 最高 最高に 最大の 思いきり 至極 捨てがたい 世にも 世の 世界でいちばん 総じて 多くの 大そう 大半を占めている 大方の 頂点を極める 非常に 並の 余人

only の訳語→ 〜ぐらいなもの しかない ですむことである にすぎない の域を脱していない をどうにもできない 以外立入禁止 あくまでも あとはただ〜 いつも決まって かえって〜する かぎる かりにも きり こそなれ さもなければ〜もせぬ しょせん じゃなきゃあ すくなくとも せめて そこそこしか たかが たたでさえ ただ〜である ただし ただの〜 ただもう たった だけだ だけは ちょっと〜しただけ つい でしかない でならない でも といっても とどめる とにかく なにぶんの には のみ はじめて はじめての はやい ひとえに ひとつしか ほかない ほかに〜はない まぎれもなく まだ まだほんの まだやっと まったくの までだ むろん もとより ものの やっと やはり ようやく よく見ると わずか 一心で 何でもない 何とか 何のことはない 却って 限らず 弱冠 初めて 辛うじて 専用 他にはない 当然 畢竟 変りはない 無二の 目標を限り 唯一 唯一の ...

primarily の訳語→ なにをさしおいても もともと

quite の訳語→ あまり あんまり いっこうに いとも うまく えらく かなりの かなり手きびしく がらりと きれいさっぱり この上なく さっぱり しかと しかとは じつに驚くべき すぐ すこぶる すばらしい それこそ たいした だた ちっとも ちょっとした とっくの とんだ どうにも なかなかの なるほど なんとも言えなく はっきり はっきりとは ひしひしと ひとしきり ぴったり へべれけに ほとほと ほんとに まったく もう もちろん もっと ゆうに よくよく大した よほどの ナンバーワン 一向 何だか 完全な 完全に 顔負けの 厳密に 実に 充分 充分ある 十分 重々 少しも 少なからず 心から 随分 相当難儀な 多少は 大した 大分 如何にも 満ちる 妙に 明らかに 露ほども

solely の訳語→ 〜だけを しか だけで だけでは だけに

totally の訳語→ あまりに いちめんだらけ がらっと きわまる ぐったりと しまいまで とことん とりつく島もない どうしようもなく どこから見ても なにひとつ ひとくちに言えば まるきり まるっきり まんざら ものの見事に 何も 格段の 完全にいかれた 完璧に 根本的に 甚だしく 全然 大丈夫だ 断じて 文句なしだ 文句なしに 殆ど 本格的に

そのほかの「もっ」で始まる語句・表現

もっけの幸い もっそり もったい もったいない もったいないくらい もったいなく もったいぶった もったいぶったようすで もったいぶった声で もったいぶって もったいぶってる もったいぶって言う もったいぶり もったいぶる もったいをつけて もったりとした もって もっていく もっている もってくる もってこい もってこいの もってする もってまわった もって帰る もって来い もって生まれたもの もって生まれた性質 もって行き場のない もっと もっとどんどん もっとひどい もっとも もっとも〜だが もっとも〜ない もっとも〜の話だが もっともそのときは もっともだと思う もっともな もっともなことに もっともな意見 もっともな点 もっともらしい もっともらしい話 もっともらしく もっともらしく説明する もっともらしさ もっとも内部の もっとも深い もっとも遠く離れた点 もっとも重要な もっと厄介だ もっと多い もっと奥深く もっと本質的なもの もっと穏やかなものにする もっと簡単なこと もっと良い もっと遠くに もっと高尚な もっと魅力的な形にする もっぱら愛用している


ツイート