× Q 翻訳類語辞典

実に  

ありあり いかにも いっそ いと いとも おもいきり きわめて さね じつに じつは すこぶる ずいぶん ずんと そう そのじつ その実 それはそれは たいへん たっぷり とっても とっと とても はたして はなはだ ひじょうに ひっしと ほんに まことに めっきり よっぽど 世に 世にも 世に世に 事実 余っ程 余り 余程 其の実 其は 其は其は 其れは其れは 其実 大いに 大して 大変 大層 如何にも 実にも 実にや 実に実に 実は 実際に 寔に 思い切り 思切 思切り 悉皆 最も 本に 本当 本当に 根から 根っから 極く 極めて 正しく 然ばかり 然許 然許り 熟熟 現に 甚だ 甚も 真に 真実 神もって 神以って 神以て 結構 絶ばかり 至りて 至極 誠に 迚も 重々 随分 非常に 頗る

さぞかし さぞや まったく 全く 其れは 嘸かし 嘸や 実以て 実際

いたく かなり ことのほか こよなく なにより ひどく めきめき よく メキメキ 中々 中中 何より 克く 善く 堪らなく 好く 極々 極度 極極 殊のほか 殊の外 滅法 甚く 痛く 能く 至って 良く 重々に 重重に 非常 飛び切り 高度

ぐんと だいぶ ひとかたならず 一方ならず 痛う

この上なく

まさしく 然も 現実 純粋

格段に

ちょうど まさに 恰度

斯くまで 斯くも 斯く迄 是れ程 是程 此れほど 此れ程 此程

なかなか立派な まるで 一向 丸で 可也 可成 大した

actually の訳語→ 〜さえ といっても とでも言うしかない はず も〜ですもん ああ見えても あのね ありありと ありていにいうと ありていにいえば いえ〜でしてね いえいえ いったい おそらく かえって かっこうの これで却って これはひとつ こんな ごもっとも さえ さよう しかし しかも じっさいの話 じつをいうと じゃう そういえば そりゃ それどころか それも それより それを言うなら たしかに たんに だから ちなみに ちゃんと つい というより とにかく とりたてて どうして どうも どうもうまく どちらかといえば なるほど なんと なんとなく はっきり はっきりと ばっかり ほんというと ほんというとね ほんとうに ほんとうのことをいうと ほんとのことをいうと ほんとのところ まぎれのない まざまざと まじめに まで むしろ もっとも もっともこの場合 もっともそのときは やはり ようなことは よくよく よく見ると 案外に 何しろ 果たして 気のせいか 却って 欠かさず 結果的には 言っときますけどね 事実上 実のところ 実をいうと 実際には 実際の話 実物は 心から 真剣に 正確にいうと 正直 正直なところ 正直な話 声をたてて 内心 寧ろ 肌で 文字どおり 文字通り 変わりないか 忘れずに 本格的に 本気で 本当のところは 満足に 明確に 面と向かって 率直にいって 率直に申し上げて

always の訳語→ 〜が多い しては〜する するものだ ものだ いくらでも いっときも〜ない いつだって いつの時代も いつまでたっても いつも いつもどおり いつもの いつものことながら いままで おおかたの場合 かねがね かねてから かねてより きっと きまって このあいだから これまでの通例 しじゅう しようものならたちまち ずっと ずっと前から そのたびに たいていなんでも たびたび だれにとっても つねに どうしても どこへ行っても どんなときでも どんな場合にも なんぴとたりとも ふだんは また もちろん 何かと言うと 何時もの 暇さえあれば 確かに 確実に 完全に 慣れた 間違いなく 閑さえあると 決って 決まって 見るたびに 口ぐせのように 口癖のように 最初から 残されて 四六時中 始終 時を追って 実によく〜する 終始 常々 常である 常に 常日頃 寝る間も惜しんで 世の常として 昔から 昔から〜と言われている 絶えず 絶えない 絶対に 前々から 前から 相変らず 多い 日ごろ 年じゅう 肌身離さず 必ず 必ずしも 不変の 普段から 平生から 変りなく 忘れずに〜する 毎度 毎度のこと 例外なく 連続だ ...

apparently の訳語→ 〜したらしく している様子 そうな だろう とみなさる と見え と見える と思われる にちがいない のようだ ようだ ように らしい いちおう〜ようだ いやに おぼしき そうだ そうらしいな そう言われても そのようだな たぶん だそうだ という訳なのだ どうも〜らしい どうやら どうやら〜のようだ どうやら〜ようだ どうやら〜らしい どう見ても なんとなく〜のように思える ふりをする ものと見える ようである 一見 一見〜とも見える 一見したところ 恰好の 見えて 見える 見るからに〜そうな 思う 思うに 表向き

awful の訳語→ いやな えらい おそろしいほど おそろしいまでの おぞましい おっかない かんかんに くだらない すごく後ろめたい すさまじい すっかり そんなに たまらない とんだ どうしようもない ひどい みじめな みすぼらしい ものすごおく ものすごく 陰惨な 気持ちがわるい 強く 驚くような 空恐ろしい 嫌な 見るも無惨な 厳しい 手に負えない 息ぐるしい程 破廉恥な 馬鹿げた 怖ろしい事 閉口する 無気味な 目もあてられないような

best の訳語→ 〜の鼻をあかす いちばん いちばんいい いちばんふさわしい うってつけの およそ善き お誂えむき けっこうな こしたことはない ことに このうえなくうまく この上ない この上なしの しごく順調な せめて できるかぎり できるだけ とっておきの とってておきの とびりきの なににもかえがたい ひいき目 ほかない まし またといない またとない めぼしい やり手 ベスト 一世一代の 一張羅の 一番いいもの 一番の 一番効果的な 一番高い服 一番手 一流 一流の 極力 見事に 言うことない 限界 最高 最高の 最上の 最善 最善の 最善の事態 最大の努力 最大限の利益 最良 最良の 至極いい 若くはない 周到な 上出来 精いっぱいのこと 精一杯 精一杯の 精一杯のこと 精鋭 絶好の 選り抜き中の選り抜き 衷心より 超一流の 都合のいい 得意の 満点 無二の 名手 唯一の 優秀な 有数の 頼みの

damn の訳語→ いまいましいことに ええくそ おそろしく お話にならないくらい どだい やくざな 後生大事にしている 能無し 批判する 落ちこんでしまう

deep の訳語→ ぐっすりと ぐっと このうえなく ずしーんと底鳴りのする はげしい ひとかたならぬ ふかふかした ふかぶかと ふける ふっと大きく ふとい ゆったりした ゆゆしき 暗い奥 奥深く 奥まって 奥のほう 奥に 荷が重い 喫水の深い 広々 根の深い 根深い 根深く 心の奥底に秘められた 心底 深々と 深々とした 深い 深い深い 深く 深みがある 深める 深奥の 深海 深味のある 蒼い 太い 大きく 大きな 谷間のような 彫りのふかい 彫りの深い 沈んだ 沈痛な 追憶 底ごもりした 底知れず 動かしがたい 濃い 夢中 夢中の 容易ならぬ

exceedingly の訳語→ 驚くほど 大そう

great の訳語→ 〜きり に〜する ぶかげ 伏せる あの ありがとうよ いうことなし いよいよ うっかり〜する うまく うれしい このうえない しごく じつに〜な すごい すばらしいよ せっぱつまった そそられる ただならぬ たのもしい だいたい〜である できればいい なかなかの なんとか はるかに大きな ばかに ほんとに めざましい もろに やむにやまれぬ よい よかった よくもまあ サイコー 偉大 一大 何にもまして 何よりだ 価値ある 肝腎な 強い 強力な 群れ 激しく 元気 広く 豪華な 惨憺 重み 宿命の 上等 甚だしい 席捲する 絶世の 騒然 多少 泰斗 大〜 大きさに比例して 大義 大物 大粒の 底知れぬ 伝説的な名〜 莫大な 比類のない 必死に 並々ならず 並々ならぬ 並たいていではない 万全 豊かな 膨大な 本〜 無数に 名〜 名だたる 役者 優しい 優れた 有名 有名〜 立派 立派な 立派になる 歴史に名をとどめる 烈しい ...

painful の訳語→ うずくような きつい せつないほどの せつなそうに つらい 可哀想 苦しい 苦痛 苦痛にみちた 苦痛に満ちた 苦痛を覚えさせる 苦痛を伴う 苦悶に満ちた 苦悶の 軽く刺すような 残虐な 心の痛む 辛い 切ない 痛ましい 無理な 容赦ない

perfectly の訳語→ あますところなく あんな〜はない いたって ええ、全然 きわまる くっきりと くわしく ごく しっくり しっくりと じゅうぶん すんなり そのまま そのもの ちっとも どこから見ても どんな刺激を受けてもまったく なんの支障もなく ぴしりと ぴたりと ぴったり ぴったりと まだ十分に みごとに もう 一も二もなく 何にも 何の問題もなく 何不足ない 完璧な 極度に 至つて 十分 申し分なく 正当な 当然 念入りに 百も 百パーセント 文句なく 立派に

quite の訳語→ あまり あんまり いっこうに いまにも うんと えらく かなりの かなり手きびしく がらりと きれいさっぱり くらい けっこう ごくごく さっぱり しかと しかとは じつに驚くべき すぐ すごく すばらしい それこそ たいした ただ だた ちょっと ちょっとした とっくの どうにも なかなか なんとも言えなく はっきりとは ひしひしと ひとしきり へべれけに ほとほと ほとんど ほぼ もっと もっぱら ゆうに よくよく大した よほど よほどの ナンバーワン 何だか 完全な 顔負けの 厳密に 充分 充分ある 少しも 少なからず 全部 相当難儀な 多少は 大分 別に 満ちる 妙に 明らかに 露ほども

rather の訳語→ 〜が先だ とも思える ほうがいい ほうがまだましだ いいかげん いくらか いささか いっそ〜したい いつになく かわりに このさい さすがに さぞ すこし それはもう それよりか だったら つとめて ではなく というよりは ともすれば どことなく どちらかというと なかば なくって なんだか なんて なんとはなしに まあ まずまずの まだまだ やや ややともすると より正確には わざと わずかに わりあい わりに 案外 依然 何の 感じの 気味 近い 思いのほか 小さな 少々 少しばかり〜 心持ち 避け

really の訳語→ 〜でたまらない なもんですよ あながち え、ほんとですか こころから しきりと じっさい すなわち そうか そもそも たって だいいち ついに とくに とびきり とんと などの なんという ねえ はらの底から べつに ほんとうは ほんの まあまあ まぎれもなく まちがいなく まるきり もともと やっぱり ようく よもや 隠さずに 俄然 掛け値なしに 完璧に 強いて 元来 現実に 今度こそ本当に 細部まで 実態は 心の底から 真の 正式の 正真正銘 正真正銘の 積極的に 絶対 全面的に 徹底的に 内心では 腹の底から 本質的な 本当にそっくり 本当は 猛烈な ...

real の訳語→ 〜のなかの〜 いっぱしのまともな いつわりではない かえすがえす きびしい ぎりぎり これといった これは本物だと思われるような さも しっかり じっさいの すげえ ぜんぜん たいへんな ただただ ちゃんとした とんでもない とんでもなく なまなましい べつだん ほんとうの意味での ほんとにほんとに ほんとの まさにあつらえむきの まとまった まともな まともに めちゃ もういっぱしの ものすごい やはり、なんと言っても 一人前の 一端の 一番 外にあらわす 格別 格別である 確実な 掛け値なしの 気のきいた 偽りない 現実に存在する 現実的 現実的な 現実味 根っからの 最先端 実際に起こった 実際の 心からの 申し分ない 真髄 真相 芯から 身に迫る 正真の 生々しい 生きている 生みの 生身の 存在する 大事な 地に足のついた 典型的な 天人ともに許さざる 非常に大きな 腹を割った 本格的 本職の 本当みたいな 本物 本物の 本来の

so の訳語→ 〜たっぷり あたり あまりに あまりにも〜 あれほど ええと、つまり おかげで およそ かくなるうえは、というわけで かくも こう こうしていれば こうすれば ことほどさように これほど こんなにも さて さてと しかたがないから じゃあ すると そうすりゃ そこで そこまで そしたら そっくり それくらい それで それなりの それを思えば そんなわけで たいそう だからね だけど だのに てなわけで でしょ ということは というわけで となると とまあ、こういう次第で どうだ どうだろう なら なんとも ひときわ ふん むやみに もどき やけに やたら やたらに やっと やまない よし、これでよい 異様に 一心に 何て 何分にも 恐ろしく 極端に 結局 見本 思いきり 人一倍 甚しい 大幅に 当然ながら 年来 ...

sure の訳語→ いいよ いいわ いただきます ええ きっと〜だろう さだか そうだとも そうだよね そう思う そりゃもう それだな ちがいない でしょう ではある どうぞ ほんと まさか まず まちがいない もちろん思う よし よろしい わかって わかっている わかってる わかる わかるとも 安心して 安心する 何よりの 解しかねる 確か 確かだ 確たる 確実 確実に知る 確信 確信がある 確信する 確信のある 確信を持つ 確認する 気がおさまらない 決まっている 決めてる 見ただけで分かる 見とどける 自信のある 信じている 心あたり 正確な 断言できる 当てにしている 道理で 把握する 不案内である 予感がする 予測 用心して

surprisingly の訳語→ あんがい おかしいくらい おどろくほど だしぬけに どうかと思うほど はっと思うほど びっくりしたように びっくりするほど へええ まことにもって 唖然とするほど 意外なことに 意外に 意外にも 意外の感 奇妙に 驚いたことに 思いがけないほど 存外 珍しいことに 珍しく 不思議に 呆れることには 予想外に

truly の訳語→ 〜同然 このことだ それは ちょっとばかり とことん 実際は 心底から

unbridled の訳語→ 勝手気ままな 妨げられることもなく 抑えのきかない

very の訳語→ 〜こそ すらも あまりにも いくらなんでも うら きわだつ きわめる ことさら この〜ぶり それゆえに たっての たっぷりの だけ とびきりの なんでも ふかく めっぽう バリバリに メチャ 一途 何となく 掛け離れた 肝心の 九分通り 見るからに 仕方がない 自体 耐えがたいほど 著しい 底まで 特に 特上の 飛切り 並はずれて 並みの〜じゃない 目に見えて ...

そのほかの「実に」で始まる語句・表現

実にあっさりと 実にあっさりと言う 実にけしからん 実にふしぎな 実に丹念に 実に似合いの 実に大変な 実に心外だ 実に我慢強く 実に晴れがましい 実に気持の悪い目付きで 実に苦しい 実に辛い 実に長時間をくどくどと


ツイート