× Q 翻訳類語辞典

必ず  

いかさま かならず きっと さだめて 定めし 定めて 屹度 必ずや 急度 慥かに 断じて 相違なく 確か 確かに 確実 誓って

いつでも いつも きまって しょっちゅう たえず つねづね つねに 一定 何時でも 何時も 四六時中 変わりなく 変わり無く 始終 常々 常に 常住坐臥 常常 年がら年じゅう 年がら年中 年がら年百 年中 年百年中 日夕 明け暮れ 明暮 朝夕 極って 極まって 毎々 毎毎 決って 決まって 絶えず 間断なく

ぜひ まさしく 必定 明確 是非 正しく 正に 疑いなく 確と 聢と

どうしても 回避不能 如何しても 必然的

always の訳語→ 〜が多い しては〜する するものだ ものだ いくらでも いっときも〜ない いつだって いつの時代も いつまでたっても いつもどおり いつもの いつものことながら いままで おおかたの場合 かねがね かねてから かねてより このあいだから これまでの通例 しじゅう しようものならたちまち ずっと ずっと前から そのたびに たいていなんでも たびたび だれにとっても つい とにかく どこへ行っても どんなときでも どんな場合にも なんぴとたりとも ふだんは また もちろん よく 何かと言うと 何時もの 暇さえあれば 確実に 完全に 慣れた 間違いなく 閑さえあると 見るたびに 口ぐせのように 口癖のように 最初から 残されて 時を追って 実に 実によく〜する 終始 常である 常日頃 寝る間も惜しんで 甚だ 世の常として 昔から 昔から〜と言われている 絶えない 絶対に 前々から 前から 相変らず 多い 日ごろ 年じゅう 肌身離さず 必ずしも 不変の 普段から 平生から 変りなく 忘れずに〜する 毎度 毎度のこと 例外なく 連続だ ...

certainly の訳語→ 〜さえ しそうな とも に決まっている あたりまえ いうまでもない いかにも いっとくが〜だぞ いわんや えらく おさおさ かえって かしこまりました きまっている きわめて さぞ しっかり じつに すっかり ぜったい ぜったいに ぜひとも そう そのもの たいした たしかだ だって ちがいない とても ともかく どういたしまして どうみても どう見ても どう考えても なお なにぶんにも なるほど なんという なんとも はず はずだ はっきり はっきりいえる はっきりして まぎれもない まさか まさに まず まずまちがいない まったく まったくの むろん もちろん怠らない もっとも もとより もはや ようですよ よほど モチさ 案の定 違いない 確かだ 間違いない 決して 現に〜ではないか 充分 充分に 少なくとも 随分 正直に言うが 相当 筈である 避けられない 別に 無論 明らかに 余っ程

certainty の訳語→ 確信 根拠

every の訳語→ 〜ごとに しない〜はない という〜 という〜から のこらず は挙って あちこちの あらゆる あらゆる点で ありったけの ありとあらゆる いたるところの いちいち いついかなる瞬間でも いろいろ かたっぱしから くまなく こぞって ことごとく ごとに ずつ そこかしこの そっくり それぞれ たびに だれもかれも どこからどこまで どの〜でも どれもこれも どんな どんなにわずかなものであれ なかなか なべてありとあらゆる ひと ひとこと洩らさず ひとりとして ひとりひとりの ひとり残らず まで みな みんなの アメリカじゅうの 一つたりとも残さず 一つ一つに 一本一本 何から何まで 何度となく 皆口をそろえて 細心の 残らず 事あるごとに 自分の 十二分の 尽くし 全〜 全〜ことごとく 全域 多めに 体じゅうの 代々の 片っぱしから 片っ端から 片端から 毎回 毎年 余すところなく

invariably の訳語→ いつもは たいてい なにかといえば 一つの例外もなく 欠かさずに 誰もが 必ずといっていいくらい 必然的に 例外なしに

obligatory の訳語→ おきまりの お義理の 決まって行われる

regularly の訳語→ いつも〜するのが習慣になる おりおり くりかえし たえまなく つど 何度も 繰り返し 欠かさず 折りあるごとに 度に 頻繁に

undoubtedly の訳語→ 〜しなかったはずはない だろう にちがいない に違いない に他ならない は目に見えている らしい おそらく〜であろう そりゃそうだが たしかに〜に相違あるまい ほかでもない まぎれもなく むろんだ 想像に難くない 断定できる 盲目的に 目に見えている

そのほかの「必ず」で始まる語句・表現

必ず〜する 必ずしも 必ずしも〜ではないらしい 必ずや


ツイート