× Q 翻訳訳語辞典
:   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
どうしたってあるひとつの結論に達しないわけにはいかない。すなわち、 ...: the conclusion is inescapable: ...
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 96
といって、チャーリーを索敵にさしむけることさえしていない。: : they hadn’t even bothered to send Charlie on reconnaissance
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 351
何故なら糞尿は大地の象徴であるから: : excrement is a symbol for the earth
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 10

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

朝の四時: 4:00 a.m.
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 29
だしぬけにミセス・グッドマンに言った: He said abruptly to Mrs Goodman:
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 260
それからこれは重要なことですが、この件に関しては一切他言は無用です: Now this is important: you must speak of this to absolutely no one
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 93
映画で見るとおり、〜: the movies are accurate: ...
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 134
それなのに四郎はかたくなに怒気まで含んで断わりつづけたのだ: Shiro, however, adamantly opposed the idea, even losing his temper:
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 417
それから「来ないんで張合が抜けやしませんか」といった: Then he added: "Are you disappointed?"
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 54
〜と主張したのち、つぎのように述べる: charge that ... and add:
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 31
かつて中毒者だったリナには、罪の報いという考えがしっかりしみついているようだ: An addict, Lena had an ingrained view: For sin you pay sometime
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 129
もう一足とびに夕暮れがきたかのようで、古い田舎の屋敷のティー・タイムという印象である: It could have been dusk already: tea-time in an old country house
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 122
まあいい、我々が欲しいのは三つの情報なんだ: Anyway, what we want is a few pieces of information:
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 174
穴ぐらの床はカーペット敷きで、色は白のようだった: The floor of the pit was carpeted. apparently in white:
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 198
まもなく、午後三時: be approaching 3:00 P.M.
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 27
はたにも聞き取れる声で〜との意見を表わす: audibly observe : ...
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 136
はにかんだような落ち着きのない口調で: in a bashful nervous monotone:
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 422
あいかわらずぶつぶつと、そういう: repeat as before:
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 153
こたえるまえに、彼女は私の腕に両手をかけ、すがるようにいった: Before I could answer, she put her hands on my arm and begged:
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 210
ケント大佐が話しはじめる: Colonel Kent began:
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 22
手紙の書き出しはこうだった: begin one’s letter:
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 92
一族郎党の医者で固めてゆく: have all the staff related to one by ties of blood: one big, happy family
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 29
第四の男は明らかに上級職で、彼が口を開くと、ほかの者たちは神妙に耳を傾けた: The fourth guy must be the bigwig: everyone shut up when he talked
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 142
兄弟揃って女にはまめで、手が早かった: Both were eager and energetic womanizers:
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 44
泣き声がしたので顔を上げると、ケイトがまた泣きはじめていた: He looked up at a sound: Kate had begun burbling again
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 93
とにかく、今後の方針として、ハッカーにねらわれている機関なり組織なりがあれば必ず知らせることにしよう: But here's our policy, from here out: anyone that's attacked, we tell them
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 117
はじめはA とB の関係でしかない: start out as categories to each other: A and B
それから、文句がましく、「でも、ゲラゲラ笑うのよ」: Then she added, censoriously: "But he does laugh."
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 66
もっと手の込んだものもあった: Or it could be more complicated:
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 387
心なしか、〜とでも、いや味をきかしているように見える: have this crooked significance in it: ...
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 70
と本多はなお茫然としたまま答えた: Honda, still dazed, could only reply:
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 396
こうして近くで見るとほとんど別人のように、繊細な、清潔な印象であった: He looked quite different at close quarters: sensitive, and rather decent
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 125
まったく目も当てられないのよ。火ぶくれだらけで、シトロネラ油を全身に塗られちゃったわ: Disgusting: all blisters and citronella
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 79
五時厳守のこと: due to by 5:00
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 73
マーテロのしめくくりは、あらずもがなの見本みたいなしろものだった: Martello's bright endpiece was wonderfully irrelevant:
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 409
高等学校もその例に洩れなかった: Even the higher schools did not escape:
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 97
私は想像力を精一杯働かせ、ようやくつぎのように言いました: I thus searched my imagination and eventually declared:
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 186
(人の)頭の中に四角く嵩張って一杯に置かれてある: be installed in one’s mind: square, massive, exclusive
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 189
安手な英国貴族の声色で、「この人間たちと、この騒ぎではな」と、理由をつけくわえた: His English lordling's voice: 'The people and the noise,' he explained
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 102
その理由はアル・オバイディに関するファイルの教育の項目に見いだされるはずだった: The explanation could be found in Al Obaydi's file under "Education":
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 20
〜までの事である: the explanation is quite simple: ...
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 8
恐怖という感情のしわざだ: from the same motive: simple fear
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 206
午前八時をまわってほどなく: a few minutes after 8:00 A.M.
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 284
スマイリーはストリックランドをしげしげとながめた: Smiley studied Strickland frankly:
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 65
発信 : マコーマック・A・マロイ: FROM: McCormack A. Malloy
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 10
ヘル・クレッチマーは逡巡し、むずかしい顔をしたが、結局こたえた: Herr Kretzschmar hesitated, frowned, but finally answered:
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 311
ディクソンのストレス解消手段はもっと自然なもの、セックスだった: Dixon's release was more natural: fucking
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 158
そう言うことは、もう一歩のところで危うくも〜と言ってしまうのと同じこと: only one step away from giving utterance to those other words: ...
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 74
その時の様子をざっとお話しておこう: this is what happened there:
どうもこうも。あいつはやれそうにないというんです: What's wrong: Says he doesn't think he can do it
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 310
そいつが考えるのは、あんなしみったれたパン一個のために、俺は身体の一部をちょんぎられちまったということだけさ: All he's going to think is: For a lousy loaf of bread I was mutilated
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 192
〜という見出しが添えられている: the headline reads: ...
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 241
彼はおずおずと言った: He said hesitantly:
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 268
また逡巡: The hesitation again:
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 175
ソファーに寝そべったストリックランドが、いいにくいことを節をつけてかぞえあげた: Prone on his sofa, Strickland incanted the unsayable:
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 74
スマイリーの返事もすぐには出ず、おなじように歯切れが悪かった: Smiley's reply was also slow in coming, and as indirect:
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 386
利害関係のある団体から送り込まれた存在かもしれない: represent some interested party: an infiltrator
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 156
2人の間に割って入り、こう叫んだ: interposed herself between the two of them and cried out:
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 188
アンジェラ、話をさえぎる: Angela interrupts:
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 238
その夜、自分が何度その短い行き来をくりかえしたか、ドイルは知らなかった: How many times he repeated that brief journey that night, Doyle never knew:
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 409
すると忽ち目ざとい嘆声がそれに報いた: At once he would be rewarded with keen-eyed cries of admiration:
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 47
一番きついのは女の子を見る女の子たちだ: the real killer: girls looking at girls
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 120
これだけははっきりいえます: this I do know:
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 31
最後に〜と言い放つ: sb’s last word on the subject: ...
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 142
一方、彼に言わせれば、わたしはぐうたらの一語に尽きる: He thinks of me in simpler terms: lazy
第一行は〜という印象的な書き出しだった: started off with an arresting lead line: ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 251
母親の言おうとしていることは明らかだった: The lesson was clear:
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 327
やはり手ぶらのヴェイゲイが、新しい話題をもちだした: Likewise unencumbered, Vaygay introduced a new subject:
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 291
これも落としてはいけない試合だった: It had been a hard game to lose:
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 200
だが、音からするといよいよ明るさをましながら急速に落下してきた: But it was falling quickly, glowing more brightly by the sound:
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 439
ひとりの記者が別の記者に身をもたせかけるようにして、わたしの名をささやいているのが眼に入った: I could see my name being mouthed as one of them would lean over to another:
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 230
一つだけはっきりしているのは、〜: this much is for sure: ...
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 195
受話器をとると、遠いかすれたような声が聞こえてきた: I took up the receiver and a distant, muffled voice said:
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 60
その日、レッドソックスのキャッチャー、バーディー・テベッツは、ウィリアムスに辛辣な言葉を浴びせた: That day Birdie Tebbetts, the Boston catcher, needled Williams:
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 12
バイオ・インデックスは下降線をたどっている: bio-index: negative
「ちょいとばかり覚え書きだ」アキレスはいって、落ち着かなくノートをがさがさめくった: 'Only a few memoranda,' said Achilles, nervously fluttering the leaves:
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 61
しかし、(人は)そんなことにおかまいなく、・・・と二人を怒鳴りつけた: ... but sb would yell at them nonetheless:
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 190
テーブルの上にはガール・フレンドの残していった書き置きがあった: On the table was a note from my girlfriend:
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 207
ようやく彼は甲高い抑揚のない声で言った: Now he said on rather a high monotone:
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 210
強いて原因を探ってみれば、〜であろう: one can offer at least three plausible causes: ...
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 49
たいてい夜遅くペイジからマーシャルに電話がかかってくる: Often there was a late-hour phone call from Page to Marshall:
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 194
ある時は泣いて「貴方はこの頃人間が違った」といいました: Once, she cried and said: "You have changed."
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 267
シスプラチン。矢も楯もたまらずに歩きまわる: Cisplatin: she had to pace
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 205
と1人が悲しげな声で呟いたのに、勲はすぐに応じて、こう言った: When someone asked this in a pathetic whisper, Isao's response was immediate:
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 213
ささやかな、どちらかと言えばくだらない疑問がときどき私の脳裏をかすめる: A small, perhaps not very interesting question has troubled me occasionally:
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 96
〜は〜の四通りである: there is four possible : ..., ...,
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 238