× Q 翻訳訳語辞典
A should do   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

A should do: 〜することこそがA の身上である
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 138
ball joints should be added to the fingers of dolls: 人形の指にはボールソケットを導入すべきである
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 28
feel ... doing against one’s shoulder: 〜が〜するのを自分の肩の上で感じる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 153
at an age when one should have better things to do: いい年をして
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 23
I don’t know we should do ... at all: 〜するのがいいものかどうか、こいつは考えもんだ
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 134
We'll borrow the wisdom--or should I say the cunning?--of the ancients: こうして古人の故知、または小細工を真似ましょう
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 21
I don‘t see why something shouldn’t be arranged: それはなんとかなるでしょう
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 288
be at a loss as to what one should do: 何もする気になれない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 266
sb should be ashamed of oneself for doing ...: (人が)〜するなどもってのほかだ
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 43
ask sb what one should do: (人に)どうしようと相談する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 7
Bloody difficult to get a firehose down to this place, I should think!: ここまで消火ホースをひっぱってくるのは、ちょっくら骨ですからね
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 452
it is clear that sb should do: 固より(人は)するべきはずだ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 8
this dog and White Fang should come together: このイヌとホワイト・ファングが取り組まされる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 210
Where is that indomitable conviction that a man should have?: 男子の不退転の決意はどうしたのだ
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 243
Sheets of corrugated metal covered where the front doors should have been: 玄関だったらしいところはブリキの波板でふさがれている
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 107
we should do instead of driving ourselves crazy like this: こんなに侃々諤々やっているのはおかしいんで、〜すべきだ
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 223
should have dearly liked to do: たまらなく〜したかった
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 64
decide what one should do with oneself: 自分をどうすれば好いのかと思う
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 143
what you should do is ...: いいかげんに
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 255
should do more than just ...: (〜)ばかりが能じゃない
安部公房著 カーペンター訳 『密会』(Secret Rendezvous ) p. 81
shoulder sb towards the door: ぐんぐん体ごと、扉口の方へ押しつけてくる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 268
have little doubt that one should do: 〜しなくてはならないという気分がある
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 153
we should not have been driven to do ...: 何も〜しなくともよかった
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 177
should have the effect of doing: 却って〜するようなものだ
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 104
So what should I do exactly?: 僕はどうすればいいんですか、具体的に?
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 179
in great fear lest sb should do ...: 〜かもしれないので、それはもうびくびくだ
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 48
in great fear lest sb should do ...: 〜じゃないかと、ビクビクしています
ルイス・キャロル著 高橋康也・迪訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 57
in great fear lest sb should do ...: 〜たらたいへんと思って、気が気じゃない
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 51
you should at least have the guts to do ...: あんた、〜するほどのガッツもないわけ?
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 133
shouldn’t be hard to do: 〜するのはわけあるまい
クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 66
should have to do: 〜しなければ困る
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 20
if I am to do AA I should like to do BB: わたしとしてもAAする以上、BBする義務がある
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 75
there really is no reason why sb should insist on doing: 強いて(人が)〜する必要はない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 196
instead of doing one should do: 〜するよりも、〜するのがまず先決だ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 39
say how much one should like to do: 〜したいな、と言う
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 20
nothing dreadful should be done to the marauders: 略奪者たちを恐ろしい目にあわせるようなことはしない
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 163
natural that sb should do: 〜しやすい
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 116
should never have noticed sb had sb not done: すぐ(人を)見付出したのは(人が)〜していたからである
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 9
I personally think that pharmacists should be as philanthropic as doctors: 医の仁術と同しに薬も人助けのものやさかい、
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 82
tell sb that sb should be prepared to do: 〜してくれよと言う
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 60
should probably do ...: 〜したほうがいい
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 200
it puzzles sb that one should do ...: (人が)〜するのは自分でも不思議で仕方がない
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 45
should I rather do: いっそ〜するか
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 24
it really isn’t right that one should do: 元来〜するものじゃない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 115
should have done: 本当は〜しなくてはならないのだが
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 119
why should one have to do: 〜もなにもない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 23
shouldn’t have done: 〜してはいけなかった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 191
should not have done: 〜してはいけなかった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 379
should not have done: 余計なことをしてくれる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 36
should never have done: こんなことなら〜するのだった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 457
should have warned sb to do: (人に)〜するように言わなかったことがくやまれる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 141
should have done sth: 〜をし残す
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 61
should have done: 〜したとしてもなんの不思議もなかった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 149
should have done: 〜していても不思議はない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 480
should have done: 〜してもよかった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 149
should have done: 〜しなかったのがいけないんだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 62
should have done: 当然〜してしかるべき
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 179
should at least do: せめて〜するのが本当だ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 181
perhaps I should do: 〜がいいだろう
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 240
we should spend less time doing and more time doing: いいかげんに〜するのをやめて、〜することに力を注ぐべきだ
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 66
probably still should do: おそらくたったこの今にも〜するべきなのだろう
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 506
wonder uneasily how one should do: どんな風に〜したものだろうかとそればかりに屈託する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 246