× Q 翻訳訳語辞典
BAD   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
BAD(弁護士資格審査委員会)
   
when I got started at BAD: わたしがBAD(弁護士資格審査委員会)で法律家としての最初の仕事をしていたとき トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 82

あまり感心しない
   
a bad business: あまり感心しない仕事 ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 185
ありがたくない
   
bad medicine for sb: (人にとって)ありがたくない任務 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 269
いい加減に
   
be doing a bad job: 仕事をいい加減にやってのける 小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 17
いかがわしい
   
be of bad character: 人物がいかがわしい ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 342
いかん
   
be really bad: どうしてもいかん 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 75
いけない
   
it is still worse: ますますいけない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 385
be a bad thing to do: 〜するからいけない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 151
いたらない
   
forgive the bad parts: いたらなかった点は許してくれ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 264
いやな
   
that bad, bad woman: あんなにいやないやな女 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
shake off bad memories: いやな記憶をふり払う ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 230
have bad experience with ...: 〜のことではいやな思いをしている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 106
bad news: いやな知らせ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 472
いやな気持ち
   
not bad, exactly: けっしていやな気持ちではない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 289
うらぶれた
   
the city’s worst back country: 町のいちばんうらぶれた地域 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 190
うるさい
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 81
うんと
   
fuck sb up bad: うんと痛めつけてやる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 250
おかしい
   
if ..., sb would look pretty bad: もし〜したら、(人の)立場がおかしくなる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 267
おぞましい
   
be connected with such a bad past: おぞましい過去に繋がる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 323
ぎとぎとの
   
a skinny guy with a bad haircut and an equally bad blue suit: ぎとぎとの髪型で、よれよれのスーツを着たやせっぽちの男 ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 303
くそ面白くもない
   
be having a bad night: くそ面白くもない夜を過ごしている バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 245
くだらない
   
a bad novel: くだらない小説 ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 144
くだり加減の
   
still queasy over those bad clams: くだり加減のハマグリのせいで、むかむかはいっこうにおさまってくれない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
ぐっとこたえる
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 215
けがれた
   
bad conscience: けがれた良心 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 274
けちな
   
a bad match: けちな試合 シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 160
ごたごた
   
there is a bad romance: 恋愛問題でごたごたがある ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 427
たちが悪い
   
of the two, sb is worst: 二人のうちでは(人のほうが)たちが悪い カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 16
だいぶ辛い
   
have a bad time: だいぶ辛い目にあう クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 101
つまらない
   
They're not as bad as movies, but they're certainly nothing to rave about: そりゃ映画ほどつまんなくはないけど、でもそんなに大騒ぎするほどのもんじゃない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 182
つらい
   
I feel bad about doing: 〜しているのがつらいわ 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 81
feel really bad: つらい ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 283
できない
   
anyone that bad at math: あんなに数学ができなくて 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 79
できの悪い
   
a bad film: できの悪い映画 レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 216
とびっきりまずい
   
bad coffee: とびっきりまずいコーヒー 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 11
にぶい
   
be a bad mover: 動作がにぶい 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 229
ひどい
   
worse thing can happen to a man: 人の身にはもっとずっとひどいことが起こりうる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 228
tumble to just how bad it is: そのひどい状態を見抜く スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 200
tell the lie about oneself in order to tell far worse truths: 自分自身に関する、口には出せないようなひどいことを打ち明けるかわりに、代用品として話を作る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 240
set a bad example to sb: (人に)ひどいお手本をしめす ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 148
sb’s health is the worst one have ever seen it: (人の)体は目を疑いたくなるくらいひどい状態になる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 527
It must be pretty bad inside, sir: 内部は相当ひどいにちがいありません マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 244
have had a real bad night: 今晩、とんでもなくひどい目にあった タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 214
descend on sb in the worst possible way: 〜はこれ以上ひどくなれないだろうというくらいひどい感じだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 133
bad circumstances: ひどいところ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 314
ひどいの
   
"Bad," she said simply: 「ひどいの」ポリーは簡潔に答えた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 143
ひどい目
   
do sb bad: (人を)ひどい目にあわせる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 122
ひどく
   
become bad and relentless: ひどくなり、しつこくなる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 529
まさかの
   
as a hedge against bad times: まさかの備えとして オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 15
まるっきりボンクラ
   
be a bad businessman: 商売人としてはまるっきりボンクラだ バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 29
むずかしい
   
get the worst over and have done with it: いちばんむずかしいことは早くすませてしまう ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 283
もったいない
   
be bad: もったいない ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 284
ややこしい
   
follow a bad love affair to ...: ややこしい恋愛沙汰のあげくに(場所)に移り住む ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 115
やんちゃ
   
bad girl: やんちゃ娘 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 439
よからぬ
   
oh, yes; it is a bad business: まったく、よからぬいきさつだ ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 55
よくない
   
remove the bad parts: よくない部分をつかみだす クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 151
a bad effect: よくない影響 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 482
よこしまな
   
abandon bad thoughts: よこしまな想念をおく ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 6
ろくでもない
   
get the worst end of the deal: ろくでもない結果に終わる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 381
わるい
   
not bad guys really: わるい人間じゃない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 13
come at a bad time: 間のわるいときに来合わせる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 106
be in very bad health: 具合がひどくわるい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 142
be good outside but bad inside: 外面はよいが内面はわるい 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 38

オンボロ
   
bad train: オンボロ列車 ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 123
ハイ
   
bad as if one be sticking a spike in one’s arm: 注射後の麻薬中毒者のようにハイ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 98
ワル
   
big bad sb: ワルの大男(人) トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 294
be bad and become successful: ワルに徹して金を儲ける レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 89
ワルになる
   
be doing one’s best to be bad: なんとかいっぱしのワルになろうと頑張る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 410

   
go to the bad: 悪に走る ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 161
悪い
   
smell bad: 評判は悪い トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 105
sb’s bad whims: (人の)虫の居所が悪い ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 191
get the worst grades one can get: 成績が出鱈目に悪い ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 203
be not all that bad: どうして悪くない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 108
bad people: 悪いやつら トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 132
a bad crowd: 悪い連中 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 157
悪しき
   
violent lineage or bad legacy: 暴力の血統と悪しき遺産 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 567
悪玉
   
bad cop: 悪玉刑事 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 108
悪質な
   
bad cosmic joke: 宇宙的規模の悪質なジョーク バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 115
悪趣味な
   
a bad King Lear on Skid Row: 貧民窟の悪趣味なリア王 デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 74
悪性の
   
a bad cold: 悪性の風邪 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 318
悪党だ
   
I was being bad: いまのわたしは悪党だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 319
厭わしい
   
be worse than ...: 〜以上に厭わしいことだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 116
汚い
   
call sb the worst names: (人の)ことを汚い言葉で罵る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 109
bad words: 汚い言葉 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
下手くそ
   
be bad but compulsive: 下手くそなくせに熱意だけは人一倍 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 63
間違った
   
make bad choices: 間違った選択を行う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 473
   
<例文なし> 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 184
苦い
   
give sb a bad time: (人に)苦い汁を飲ませる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 237
苦しい
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 251
具合がわるい
   
one’s hands are bad: 手の具合がわるい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 196
後味の悪い
   
everybody involved feels bad about the whole deal: 居合わせた全員が後味の悪い思いをする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 485
荒れている
   
have one’s bad skin: 肌も荒れている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 264
困った
   
be in a bad position: 困った立場に置かれる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 328
最悪
   
things are as bad as they can be: これが最悪であって、これ以上悪くなりようがない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 98
最悪の
   
a bad combination: 最悪の組み合わせ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 239
三流
   
a bad horror flick: 三流ホラー映画 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 147
惨憺たる
   
call public attention to the bad state of the bells: 鐘の惨憺たる状況に住民の注意を喚起 セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 148
思わしくない
   
bad response: 思わしくない反応 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 390
資質はない
   
peg sb as bad cop stuff: (人には)警官としての資質はないだろうと見る エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 156
手ごわい
   
be a bad jigaboo to fuck with sth: あの黒んぼは手ごわいから、とても(〜を)踏み倒して済ますわけにはいかない エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 182
出来の悪い
   
a bad oration: 出来の悪いスピーチ ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 216
a bad movie: 出来の悪い映画 コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 15
傷ついた
   
sb’s bad hand: 傷ついた方の手 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 176
申しわけない
   
feel bad: 何だか申しわけないような気がしている ベイカー著 岸本佐知子訳 『もしもし』(Vox ) p. 3
辛い
   
the bad times: 辛い時期 ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 159
辛さ
   
I know it’s bad: 辛さはわかるわ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 61
随分
   
have a bad summer: 随分暑い 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 89
性格のわるい
   
just a bad old thing: 性格のわるい、ただのばばあ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
拙い
   
sb’s Russian is bad enough that ...: (人の)ロシア語はまだまだ拙いので、…… セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 189
粗末
   
be even worse: もっとお粗末だ ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 311
体にさわる
   
be bad for sb: 体にさわる ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 73
体に毒だ
   
be always bad: 〜てのはどうも体に毒だ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 246
大きな
   
be probably a bad mistake: 大きな誤算でしょう アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 168
bad flaw: 大きな勘ちがい フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 204
致命的な
   
Which is usually bad news for pianists and singers: ピアニストや歌手にとっては致命的な障害である フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 164
痛い
   
tell sb how bad one feel: (人に)ものすごく痛い、と言う カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 175
低下している
   
morale is bad: 士気が低下している ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 145
   
bad countries: 敵国 ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 5
二流
   
破綻
   
the marriage is already bad: もう結婚生活が破綻に向かっている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 125
抜け作の
   
as bad as anything else: とびきり抜け作の トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 267
悲しい
   
bad news: 悲しい知らせ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 162
悲しみ
   
fell so bad: これほどの悲しみを味わう フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 135
飛んだ
   
get taken in by a bad one: 飛んだところへ引き取られる 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 182
品のない
   
bad French: 品のないフランス語 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 104
貧しい
   
不快な
   
two dreadful nights and a bad day: 寝苦しい二夜と不快な一日 レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 114
不吉な
   
spot the smallest bad omen: どんな小さな不吉のしるしもわかる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 511
不幸な
   
make a bad marriage: 不幸な結婚をする 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 13
bad love affair: 不幸な恋愛事件 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 418
不出来
   
the design is bad: 模様として不出来 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 11
不当
   
bad stewardship: 不当財産管理 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 318
不利だ
   
it is bad that sb do ...: 〜なのは(人にとって)不利だ アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 322
不利な
   
make the best of a bad situation: 不利な状況に精一杯の対処をする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 524
不良
   
bad trade: 不良取引 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 202
不埒な
   
bad intentions: 不埒な意図 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 336
浮かない
   
a bit of a bad face: なんだか浮かない顔 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 118
腐ってる
   
I’m not all bad: 芯まで腐ってるわけじゃない ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 58
腐敗
   
in the bad old days: 腐敗時代には トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 156
腹が立つ
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 140
腹の黒い
   
be bad: 腹の黒い 谷崎潤一郎著 チェインバーズ訳 『痴人の愛』(Naomi ) p. 45
変だ
   
look very bad: 様子が少し変だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 137
芳しくない
   
have a bad reputation: 評判は芳しくない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 54
bad press coverage sb gets: (人に関する)芳しくない新聞報道 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 24
all reports are bad: 逐次もたらされる報告はいずれも芳しくない スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 190
無性に
   
need a shower bad: 無性にシャワーを浴びたい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 403
無能な
   
a bad man: 無能な男 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 102
無礼な
   
sb’s brusqueness and bad manners: (人の)無礼な態度と物言い トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 330
名残り惜しい
   
too bad: 名残り惜しいがおまえとはお別れだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 92
厄介である
   
The existence of plutonium-186 was bad enough: プルトニウム186の存在は、なんとも厄介だった アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 27
有毒だ
   
be bad: 有毒だ ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 129
咎める
   
have a really bad conscience about ...: 〜と思うと良心が咎めてならない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 148