× Q 翻訳訳語辞典
Death   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
たびだっていく
   
follow one another quickly in death: 片方が亡くなると、間もなく後を追うように残されたほうも旅立っていく フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 25
つくづく
   
be tired to death of ...: 〜につくづく疲れてしまう ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 157

最期
   
will not die an ordinary death: 尋常の最期を遂げない 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 63
最後の一撃
   
death is but another step away: 最後の一撃が来る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 129
殺しの
   
death threat: 殺しの脅迫 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 63
殺す
   
get the power of life and death over sb: (人を)生かしも殺しもできる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 51
beat each other half to death: ほとんど殺し合いみたいな喧嘩だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 236
殺人
   
a death ray: 殺人光線 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 60
殺人事件
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 93
   
within a year or so of sb’s death: (人の)死から一年かそこらのあいだに ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 365
wince from the very thought of death: 人並はずれて死をおそれている ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 135
while death is still toying with sb: (人が)確実にやってくる死の手にゆだねられている間 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 116
when the time for sb’s death comes, ...: 死に臨んで、(人は)〜 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 412
wait for a slower death: より緩慢な死を待つ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 489
unexpected death of a person one knows: 知人の思いもよらぬ死 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 213
the haunted death of sb: (人の)不気味な死 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 96
scenes at the time of one’s death: (人の)死の場面 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 148
sb’s brush with death: 死の淵をのぞいてきたこと ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 165
regret sb’s death: 〜の死に気がさす クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 116
put to death so many: かくも多くの死をもたらす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 48
put sb to death: (人を)死に追いやる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 88
premature death: 急死 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 211
one’s miserable death: (人の)むごたらしい死 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 264
leave one to scream oneself to death: どんなに悲鳴をあげようと、死ぬまでのたうちまわらせてやる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 318
in the months following sb’s death: (人の)死後数カ月を経ずして ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 367
head irrevocably towards one’s own death: 自らの死に向かってもはや引き返せぬ道を行く クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 167
have lived, always with death at the back of one’s mind: 死ぬ覚悟をしながら生きながらえる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 274
have been through several family deaths before: それまでにいくつかの家族の死をくぐりぬけてきた ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 532
explain one’s ideas of glory and death: 自分の栄光や死の観念について語る 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 38
enter death: 死者たちの仲間入りをする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 15
death is at last very close: 眼前にせまりつつある死 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 120
death is a result of sth: 死因は〜 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 156
death is a companion for ...: 〜にとって死は日ごろ馴染みである クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 213
death beyond: 彼方の死 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 108
cry for days over sb’s death: 〜の死を知って何日も泣き暮らす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 184
contemplate sb’s death: (人の)死を願う トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 198
cause of death: 死因 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 431
can see that sb is bleeding to death: (人が)死んでいくのがわかる 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 40
be wanting to redeem sb’s honor through death: 申し訳のために死のう死のうと思う 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 274
be waiting for one’s death: 自分の死を覚悟する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 98
be stunned by violent or sudden deaths: 殺されたか急死した人の前で茫然とする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 155
be remembered past one’s own death: 死んだあとも覚えてもらう ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 124
at least leave sb free to find escape in death: 死の道だけを(人の)ために開けて置く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 272
an untimely death occurs: 不慮の死をとげる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 409
a new set of feelings about one’s death: (人の)死をめぐって湧き上がってきた一連の新たな感情 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 217
a death in the family: 身内に死者が出た ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 417
死にかた
   
anticlimactic death: あっけない死にかた 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 52
死ぬ
   
burn to death: 火だるまになって死ぬ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 208
死期
   
postpone one’s death for a week: (人の)死期を一週間繰り延べる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 275
死神
   
death’s sentinel: 死神の哨兵 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 208
死亡事件
   
an unindicted co-conspirator in the death of ...: 〜の死亡事件に関して共同謀議の容疑で起訴されない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 206
死亡事故
   
世を去ること
   
following the death in rapid succession of A and B: AとBが相ついで世を去った後 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 66
凄惨な姿
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 111
生命
   
threaten sb with death: (人の)生命を脅かす べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 53
逝く
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 53
絶滅
   
death knell of ...: 〜の絶滅の原因 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 162
息をひきとる
   
the death rattle: 息をひきとる寸前 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 306
亡き
   
after one’s mother’s death: 母亡きあと 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 40
   
be in the business of death: 命のやりとりの世界だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 240
命がない
   
know that to make any more noise would be death: それ以上余計なことを言っては命がないと悟る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 427
命取り
   
be the death of sb: 命取りになる ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 309