× Q 翻訳訳語辞典
Honda   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ホンダ
   
drive a motherfuckin’ Honda: ケチなホンダに乗ってるんだぜ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 241

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

Finally Honda agreed to go along on condition that he remain incognito: とうとう本多は、身分を隠すことを条件に同行を承諾し、
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 251
can go up there on the Honda: ホンダでひとっ走りすればいい
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 104
Honda had clumsily but carefully mended it himself: 不器用ながら本多がわが手で丹念に綴じ直した…
三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 31
Honda still dazed, could only reply:: と本多はなお茫然としたまま答えた
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 396
Nor could any words more defile the nobility in Honda's action: また本多の行為にひそむ気高いものを、これほど冒涜し蹂躙する言葉もあるまい
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 332
Honda's hopes for a dismissal at the preliminary hearing were dashed: 予審の段階で免訴を望んだ本多の希望は挫けた
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 375
The border between dream and memory had grown indistinct in Honda's mind: 本多の記憶のうちで、夢と現実の堺はあいまいになり、
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 9
Honda would never again feel inclined to mock such a display: 今だったらあれを見ても決して嗤うことはないにちがいない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 42
How could Honda question father and son about such a matter?: どうやってこの父子から、訊き質すべきであろうか
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 47
Most of the guests were merchant princes, and Honda recognized many of them: 客は名だたる紳商ばかりで、本多が見知っている顔も多かったが、
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 218
I drive a motherfuckin' Honda my sister sold me: おれなんかな、姉ちゃんに売りつけられたケチなホンダに乗ってるんだぜ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 241
Honda suddenly felt his own youth rushing back upon him: この叫びが本多の心を、一挙に自分の少年の日へ突き戻した
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 31
This example of Meiji grandeur now struck Honda's eye as somewhat tasteless: 今ではこういう明治風の「偉大」は、雅致を欠いているように眺められるのもやむをえない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 280
Honda felt an unaccountable shiver run down his spine: 本多は故しれぬ戦慄に襲われた
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 258
Since this was indeed something unprecedented, Honda was startled: これは甚だ異例なことだったので、本多はおどろいた
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 339
Honda visualized the worst possible legal situation: 本多は法的に最悪の事態を想像した
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 320
With well-chosen words, Honda expressed his sympathy for the way Isao felt: 本多はゆきとどいた文言で勲の現在の心境を思いやり、
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 364
Such was Honda's world about this time: これがこのごろの本多の生活のあらましであった
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 8