× Q 翻訳訳語辞典
I can do   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

I can do: 〜しようか
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 157
it looks like that’s the best I can do for you: これくらいの〜しか僕にはできないみたいです
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 404
will feel better if I can do: 〜すれば、わたしとしても安心できる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 221
there’s nothing I can do for you: 何の力添えも出来ない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 211
if there’s anything I can do for you: もしお役に立てるようなことがありましたら
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 247
I can do that easily: お安い御用です
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 304
I can do that: やったろうじゃないか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 232
it is conceited of me to think that I can do ...: 〜できると思うのは思い上りだ
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 117
what I know, what I can do: 知っていることを全部ぶちまけてやる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 166
there’s nothing I can do now: 今は仕方のない
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 121
there is nothing that I can do except do ...: 〜するより外に仕方がない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 40
this is the least I can do: これでせいいっぱいこらえているのだ
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 102
let me see what I can do ...for you: なにか役に立てることがないか、こころがけておきましょう
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 425
I can do without love: 友情などなくたって困らない
there isn’t too much I can do about ...: これが僕にできる精一杯だ
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 81
if there’s anything I can do to square it: おとしまえをつけろというんなら
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 186
can actually see oneself doing ...: 〜している自分の姿をありありと思い描くことができる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 92
the Americans actually paid sb money to do: 〜してやったところ、なんとアメリカ人たちは金を払ってくれた
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 229
it is unlikely that anyone can actually do: 〜しえたであろうか
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 156
I don’t know what more I can add: わたしのほうからつけくわえることはない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 224
admit an emotion about which one can do nothing: どうにもならぬ心を打明ける
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 122
not even sb can do without arousing adverse comment from other people: さすがの(人)も〜するのでは、何を言われるか分かったものではない
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 448
cannot afford to have sb doing sth: (人に)(物事をさせておくほど)度量がない
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 59
can simply afford to do ...: 〜を易々とやってみせる
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 221
can afford to be broke for a few days and it doesn’t matter: 二、三日おけらになってもなんてことはない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 454
be afraid that if one can’t do one will never do: 〜しないことには、〜できないかもしれない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 467
predominantly, almost aggressively American: 明らかに、ほとんど押しつけがましいまでにアメリカ人らしい
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 111
do not jump, but it is all sb cannot to flinch: 飛び上がりこそしないが、たじろがないようにするのが精一杯
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 187
it is all one can do to do: 〜するだけでもやっとの有様だ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 268
it is all one can do to do: 〜するのがせい一杯だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 330
I don’t remember another that I can at all compare with ...: 〜にかりそめにも比べられるような経験はまだなかったと思う
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 32
don’t look anything like A, all we can see is B in one’s face: Aにはちっとも似ていない。誰が見てもBそっくりだ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 513
can do with all white flowers one can get: 白い花はいくらあっても困りませんよ
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 93
can’t afford to drink all the time as sb apparently do: さうしょつちゅうは飲めない
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 37
all sb have to do is ... as well as sb can: ひたすら丁寧に〜するのが仕事である
all one can only think of is to do: なすすべもなく〜する
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 81
can do almost anything if it falls within the mortal realm: この人間界でふりかかるたいていのことには対処できる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 209
you can always do something with your body: 身体を動かしてなにかをすることはいつだってできる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 180
it annoyes sb if sb can’t do it right on the spot: その場でやらないと気が済まない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 129
if anybody can do ..., you can: 〜することは誰にもできないよ。たとえきみでもさ
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 15
can do anything, no matter how awful: どんなひどいことだってやれるんだ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 60
there isn’t anything sb can say or do: (人に)は何も言えないし、何もできない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 266
I can’t do anything with it: ああ、やめたやめた
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 151
can’t seem to do anything halfway: なにごとも徹底してやらないと気がすまないらしい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 314
can’t do anything: 手も足も出ない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 152
to do can be freely applied: 〜することはある
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 123
cannot look forward with excessive ardor to doing ...: 〜するのかと思うといささかうんざりしてくる
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 59
hard as one try one cannot stop one’s mind from doing: どんなに考えまいとしても、頭が〜するのをとめようがない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 234
don’t walk anywhere if sb can possibly avoid it: どこへ行くときも、できるだけ歩くのを避けようとする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 331
can not bear the thought of doing: 〜するのは堪えきれない不幸だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 253
find one can’t bear to do: 〜することは(人には)やはりできない
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 83
can no longer bear doing: 〜が嫌だ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 76
be more than I can bear to do: 〜していてもどかしい
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 148
before one can decide to do: 〜しようとするよりはやく
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 30
it is necessary to do before one can die: 〜しなくては死ねない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 204
before one can figure out what to do about ...: どう対処しようか、どうしようか、どうすべきか……などと思っているうちに
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 35
be obliged to do before one can do: 〜しなければ,〜できない
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 25
cannot even begin to do: 〜の糸口すらみつけることができない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 291
presumably one believe one can do ...: (人には)自信がある
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 133
do not believe one person can do much in this world: 人一人の力でできることは知れている、と(人は)思っている
believe sb can do: 成算がある
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 297
the best one can do in the circumstances: 現状でやれる精いっぱいのこと
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 352
is that the best you can do: そんなことしかできないのか
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 245
doing the best sb can: 懸命に
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 39
can not find something better to do: ほかのまとまな職にはつけない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 294
can not think of a better time for sb to do than ...: 〜にはもってこいの日じゃないか
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 107
can think of nothing better to do than do: 何の分別もなく〜する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 257
can not wish anything better than to do: 〜すればいいのだから、これほどつごうのいい話はない
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 165
Since you don't believe me, you can only consider all possibilities blanks: 先生は信じていないから、どんな可能性も飛躍にしか感じられないんだ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 122
can do all the blasting that needs to be done: その必要があるときはぴしゃりと肘鉄をくらわせる
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 156
it boils down to whether or not sb can trust me: 要は(人が)僕を信頼してくれるかどうかに尽きる
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 54
you just can’t do everything by the book: なんでもかんでも杓子定規にやるのが間違いなのだ
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 212
with a fresh, boyish candor: 爽やかに
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 218
no matter how hard one try, one can’t bring oneself to do: どう考え直しても〜する気になれない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 156
cannot bring oneself to do: 〜するわけにはいかない
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 1
cannot bring oneself to do: 〜する気にならない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 7
can’t bring oneself to do: 〜するに忍びない心持がする
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 113
can’t bring oneself to do: 〜するのが惜しい
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 43
What can you tell us, Doctor, about this business?: ドクター。この犯罪について、何かわかりました?
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 215
But all he can do is write prescriptions: でもねえ、結局は処方箋を書いてくれるだけだから
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 144
there is nothing one can do but ...: あとは〜するばかりである
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 189
can do-si-do to ...: 〜までダンスしながら行くか
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 37
I hope that you can do: ただし、〜する用意はあるのだろうな
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 22
it mean that ... can do: 〜が〜する可能性が高いだろう
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 483
can quite easily do: 容易に出来る所作
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 138
you can do it: だいじょうぶよ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 119
you can’t walk the streets without doing: 道を歩けば〜する
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 181
when the going’s good, I want to do what I can: 出来るときにしとかないとね
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 214
we can all sit down and discuss: みんなで話し合おう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 169
we can’t do it here: ここではどうにもならん
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 124
these things cannot be done too promptly: こういうことは早いにこしたことはない
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 177
there is nothing sb can do about it: そればかりはどうしようもない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 346
there is nothing one can do about ...: 〜は仕方がない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 31
the only thing one can do is to do: 仕方がないので〜する
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 307
one can not help doing ...: やはりどうしても〜してしまう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 166
marriage is hardly a thing that one can do now and then: 結婚ともなれば、ときたましでかすというわけにはいくまい
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 111
if one can do ...: こちら(人)から〜してもかまわないのだけれど
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 211
I can’t wait to do: どうしても〜したいんですけど
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 337
I’ll do what I can: よろしゅうございます
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 114
how can one possibly think about doing: 〜どころじゃない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 13
feel a little like one can do ...: 〜できそうな気分だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 248
could just try doing: 〜することは簡単だ
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 437
cannot possibly do: 〜するはずもない
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 55
ツイート