× Q 翻訳訳語辞典
I have to go   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

I have to go: さ、おいとましなきゃ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 62
I have to go: 今ちょっと用事がある
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 302
I have to go pretty soon: そろそろ私帰らなくては
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 315
I have to go now: ちょっと用事があるんだ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 298
she was pretty enough to have been married long ago: きれいなお嬢さんでしたからねえ。もうとっくに結婚なすってらしても、不思議じゃないんですものねえ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 333
something seemed to have gone amiss: どうしたのか
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 39
do not have anyplace else special to go: どこといって他に行くとこもない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 238
do not really have anything solid to go on: さしたる確証があってというわけではない
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 105
I'm going to have Western District start shaking them down anyway: 一応西署にいって、浮浪者を片っ端から洗わせましょう
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 535
be going to have sb arrested: (人を)しよっぴいてくれと頼む
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 40
have a vague, categorical aversion to ...: 〜が(人の)嫌いなタイプ
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 12
be going to have a baby: 赤ちゃんができる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 34
I’m going to tell your mother just how bad you behave: そんなお行儀の悪い恰好をして、ママに言いつけますよ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 64
have gotten into a bad fight with sb: (人と)大喧嘩になってしまった
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 52
have no place to go that’s better than this: ここにいるのがいちばん
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 276
have to go beyond the brief, obedient replies: これまでのようにイエス、ノウで簡潔に答えるわけにいかない
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 366
have a blind eye turned to be forgotten ...: 黙認され、許容される
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 14
I'm not going to have those guys saying we broke the chain of evidence: おれたちが一連の証拠物件を台なしにした、なんて連中にいわせはしないからな
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 346
I’m going to have to call ...: 〜に通告するぞ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 250
have gotten careful with what one say to sb: (人に)対して口をきくとき、とても意識する
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 58
this seems a good chance to have our embarrassing chat: 言いにくいことを言い出すにはいい雰囲気なんじゃない?
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 173
ought to know what a swell chance one have got of doing: よっぽどのことがなきゃうまくいきっこない
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 81
have any goddam choice except to do: 〜するよりほかに仕方がない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 137
have a certain freedom to come and go as one please: 行動の自由を持っている
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 40
be going to have to deal with me: 俺をおいていこうたって、そうはいかねえぞ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 199
have got to die: 生かしてはおけない
池波正太郎著 フリュー訳 『秋風二人旅』(Master Assassin ) p. 104
go out to have a drink: 一杯ひっかけにいく
モーム著 大岡玲訳 『月と六ペンス』(The Moon and Sixpence ) p. 50
'It would have been easier if you had been an octopus,' said Miss Tredgold: 「あなたが蛸だったらこんなに苦労しなくていいのにね」と、ミス・トレッドゴールドはこぼした
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 70
have to eat and keep going: ちゃんと食べて、頑張って生きていかなきゃならない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 166
have got enough to do without having to watch sb: (人に)まで気をつかってるひまはない
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 276
you’re going to have to explain yourself: だったら説明してもらう必要がある
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 336
in going one have to face sb: 出て行くとなると、いやでも(人と)顔を合わさねばならぬ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 199
have got to face it: しっかりしなきゃな
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 200
fill in some of the things about ... that one have never gotten around to doing: 〜に関して、言い忘れていたことを、追加として書く
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 580
one’s body seems to have gotten firmer: ひと廻り躯が分厚くなったようだ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 186
be going to have other fish to fry: ほかにもっと大切な用事ができているはずだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
good folks have to search long and hard to find ...: 良心的な店員たちは、律儀に長時間かけて、〜を探してくれる
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 213
It is fortunate that she will have enough to live on after I am gone: 私がいなくなっても妻に衣食住の心配がないのは仕合せです
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 274
realize sb have gotten to one again: またやられたと思う
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 76
haven’t got time to be scared: おっかないなんて思っている暇がないよ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 112
have not got time to do: 〜する暇さえない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 75
have not got around to a formal examination: 御診察など、そっちのけだ
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 107
have never gotten around to it: 一度も実行したことはない
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 59
have got to realize ...: わかってほしいんだけれど〜だ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 231
have got to know something’s going on: なにかあるってことには気づいている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 161
have got to keep sth quiet: 〜を表には出せない
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 200
have got to be an artist: 画家でないとだめだ
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 50
have got so much into the way ...: 〜にすっかり馴れっこになる
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 22
have got rid of the intolerable fascination of sth’s presence: 〜が(人の)眼の前にあることから生じる耐えがたいばかりの魅力から脱する
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 172
have got into trouble: 叱られる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 23
have got a long history of ...: 昔から〜だった
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 87
have the good instructor’s gift for ...: 教育者の才に長けている
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 45
you have to let it go: 過ぎたことは悔まず
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 208
you have to let it go: 過ぎたことを悔やんでもしようがない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 208
will not have to worry anymore about what’s going to happen to one: 先のことを心配しないで暮らしていける
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 328
went up ... to have it out with sb just the same: (人と)はっきりさせようと思って出かけていったことは出かけていった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 175
should have gone into ...: 本来なら〜に直行していたはず
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 27
sb think sb really have something to go by: 何か確証を握ってる
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 46
I’m not going to have sb saying ...: 〜なんて(人に)いわせはしない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 346
have to go without sb: 〜を置去りにして出発しなければならない
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 244
have to find out where one want to go: 自分の行きたい道を見つけ出さずにはいない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 294
have to be going on: 起こらざるを得ない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 251
have so little to go on: 手がかりがあまりにも少ない
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 35
have gone and said more than sb meant to: つい心にもないことを言ってしまう
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 7
be going to really have us something here in a minute: もう少しでばっちり完成するよ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 408
wish to God one have not ...: 〜するんじゃなかったとつくづく後悔する
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 235
be going to have ...: 〜がはじまるのか
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
never seem to have a good time: 何のおもしろいこともなさそうな顔をしている
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 195
might have done a power of good together: いっしょだったら、どえらいことが、うんとできただろうにな
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 236
seem to have plenty of good stories: ずいぶん話し上手だ
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 17
I have a good mind to report you to sb: これは(人に)報告しないといけませんね
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 298
have good reason to bless one’s imagination many a time and oft: 自分の想像力をどんなにありがたいと思ったかしれない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 272
have a mighty good time together: ふたりでたっぷりたのしむ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 218
don’t have the best attorneys in town: 申し分のない弁護士を雇っている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 496
have hardly gotten into the air when: 空中に舞いあがるかあがらないうちに
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 31