× Q 翻訳訳語辞典
I hope so   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

I hope so: さあね
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 26
jeez, I hope so: だったらうれしいね
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 260
I hope someone does the same for me someday: おれもそのうち、だれかがそういう変身をさせてくれるといいんだが
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 156disclosure
sb’s hope will be fulfilled some day: (人の)思う通りになるだろう
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 61
be happier than a person hopes to be: 倖せ過ぎるくらいの倖せである
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 53
so ... that you start hoping the meal might be on sb: この食事は(人の)おごりなのかとこっちに希望を抱かせるほど〜
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 252
Well, I hope the SOBs all have to stay in the VOQ: その連中が全員、あの来訪将校用宿舎に押しこめられることを祈っていますよ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 222
hope for some modulation of temperament overnight: ひと晩眠れば癇癪もすこしはおさまるのではないか、と淡い期待をかける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 174
in the hope of some disclosure: ただ何か最後の告白をさせたいばっかりに
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 75
in hopes some bees may make a nest in it: 蜜蜂が巣をかけないかと思って
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 145
hope it is so: これはいい
say something hopeless: なにか絶望的なことをいう
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 152
on hopelessly insomniac nights: どうしても眠れない夜に
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 225
From what you say, I would say that we have every reason to be hopeful: そのお話をうかがって拙者の感ずるところ、むしろ脈は大いにあるように思われます
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 182
hope it’s taught sb a lesson: (人も)これで、少しは思い知ったろう
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 106
still put some meager hope in the fact ...: 〜という一縷の望みを捨て切れずにいる
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 87
I hope you don't mind my saying so: こんなことを言って気を悪くしないでもらいたいんだけどね
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 194
some hopes that sb will show up tonight to pamper one a little: (人が)来て痛みを少し忘れさせてくれるかもしれないという望み
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 507
She hoped her voice sounded as casually friendly as his: 自分の口調が彼に劣らずさりげなく、にこやかに聞こえればいいと彼女は願った
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 186
ツイート