× Q 翻訳訳語辞典
I see   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

I see: (〜なんだ)ね
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 29
I see: あ、そうか
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 71
I see: ああ
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 90
I see: そうですか
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 97
I see: それで
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 149
I see: だろうな
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 271
I see: なーるほど
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 114
I see: なるほど
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 107
I see: ははあ
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 10
Well hell, I mean I see this whole thing as Bee's achievement and not mine: じつをいえば、これはひとえにビーの手柄であって、わたしの手柄ではない
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 88
I appreciate sb the most when I see sb the least: (人に)できるだけお会いしたくないんだよ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 203
I see no choice: 選択の余地はない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 73
I seem to see dimly what you are hinting at: きみのいおうとしていることが、どうやらわかってきたぞ
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 235
I see where you’re going with this: だんだんわかってきた
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 29
you are still hard at work, I see: 相変わらずご精が出るようですね
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 71
'I see gentlemen, I see,' Starr said heavily: 「なるほど、よくわかった」スターは威厳をこめていった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 33
well, I see you here, ...: きみがここにきているからには、〜
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 195
Looking back, I see now that Gaylen was hungry all the time: 今になって思うと、ゲイレンは年がら年中「腹を減かせていた」のだという気がする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 304
I see what you mean: なるほど
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 137
Precisely what I see: まったく同じだな
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 174
Forgive me if I seem to probe: 穿鑿しているみたいだったらごめんなさい
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 362
I seem to remember ...: 〜というようなことも聞きましたが
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 330
I seem to remember there was some kind of rift between them: 二人のあいだに、何かいさかいがあったようなことも聞きましたが
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 330
I see All right.: ま、いいさ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 103
I see you: ちゃんと見てるんだからね
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 173
the way I see it, ...: 私の見るところ、〜
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 252
I see I see: もういい。よくわかった
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 109
I see you: こっちからはよく見えるのさ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 176
I see that: そうみたいね
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 145
I see how it make sense to stay married: このまま別れないほうが利口だ
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 209
I see extraordinary weariness in sb’s back: (人の)背中はひどく疲れている
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 279
I see ...: 〜だな
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 241
I see ...: やっぱり〜ようだな
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 378
I seem to remember that ...: たしか〜じゃないかな
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 171
I’m not sure I see ...: 〜のやら心もとないかぎりだ
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 223
Can I see the traffic?: 電文を見せてもらえないか
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 149
Well, I see you here, Hack, we must be in trouble again: マック、きみがここにきているからには、わが社にまたトラブルがあったにちがいない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 195
Yes, I see you can: ではたべるんだな
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 241a
have a remarkable ability to see years ahead: 何年先まで見通しだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 344
don’t seem to be able to find the answer: 考えようがない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 49
see through sb’s well-meant lie about ...: (人が)よかれと思って口にした〜云々の嘘を見抜く
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 169
you won‘t believe what you’re about to see: これから信じられないことが起こるぞ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 199
seem to be about fifty years old: 五十年配かと思われる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 87
isn‘t sb about the most handsome man you’ve ever seen: (人)みたいにハンサムな人ってちょっといないと思わない?
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 574
see ... lift directly above sb: 〜が真正面にせりあがってくる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 421
you always seem above it all: いつもひとりで涼しい顔をしてて
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 143
be abroad seeking worthy wooers: ふさわしい憧憬者をさがし求めて戸外をうろつく
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 131
this may seem rather abrupt but ...: 突然だが
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 71
he seemed to require her absolution: 彼女の許しを請うているみたいだった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 23
sb’s eyes in gloomy abstraction seek the ground: その視線は魂でも抜けたように、例の床上に落ちる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 77
it seems absurdly simple: ちょっと見ると、ばかばかしいほど簡単だ
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 169
this seems absurdly dramatic: そんな大袈裟なことをするのも馬鹿馬鹿しいかぎりです
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 237
seem a bit academic to do: 少々衒学的すぎるように見える
ホーキング著 林一訳 『ホーキング、宇宙を語る』(A Brief History of Time ) p. 209
For all her reported coolness, she seemed accessible during her lecture: 冷酷な面もあると聞いたが、講義中のアン・キャンベルは心を開いているように見える
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 202
did not seem much of an accomplishment: 大した宗教的達成と思われていなかったみたいだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 123
accuse sb seeking substitute gratification: 不満をほかのことでまぎらわせているのだろうと言う
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 181
one’s sense achieves a power which impels it to seek out ...: (人の)感覚は〜を探りだすまでに高められる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 89
without the effusiveness of a seeker after acquaintance: 近づきを求めたがるような気配は露ほどもみせず
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 80
without the effusiveness of a seeker after acquaintance: 近づきを求めるようなそぶりは少しも見せないで
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 197
the act seems petulant, almost girlish: こいう堪え性のないやり方は、まるで女だ
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 70
seem active: 威勢よさそうに見える
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 28
actively seek out a opportunity to do: 〜する機会を心待ちにしている
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 51
there is no activity at all one can see: 見たところ、なんの動きもない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 206
seek out one’s favourite actors: ひいき役者たちを目でさがす
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 31
can actually see oneself doing ...: 〜している自分の姿をありありと思い描くことができる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 92
I wonder whether sb can actually see anything: ちゃんと見えているんだろうかね
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 20
if I had actually seen: まるでまざまざと見たように
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 158
Actually, life in the bungalow seemed to go on pretty much as before: 率直にいって、バンガローでの暮しは以前とほとんど変わらないように思えた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 98
be so busy waiting for ... one actually don’t see ...: いまにも〜かとそればかり考えていたので、〜にも気づかなかったほどだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 181
actually, sb will come to see ...: あとでわかることだが
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 38
with what have seemed like acute dissapointment: 大いにがっかりした様子で
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 37
I admitted that I didn't see the alternatives: わたしが代案がないことを白状した
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 20
Grim and adolescent before, he now seemed almost childish: 以前はむっつりした青年のようだったが、いまはまるで子供のよう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 290
seem adulating: 迎合と見える
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 94
see no advantage in ...: 〜しているのは得策ではないとさとる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 253
never seem able to feel any affection for ...: 〜にはなじめない気がする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 256
seem to affirm sb’s perceptions: 〜を目にすると(人の)言い分ももっともだと思える
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 176
be never seen again: それっきり(人の)姿が見えなくなる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 440
will never again in one’s life see ...: 〜を目にすることはこの先二度とあるまい
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 95
would never be seen again: これが今生の別れになる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 146
realize that sb have never see sb again: もう会うこともないんだと思う
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 140
nor did one see sb again: それっきり(人とは)会えなかった
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 225
it’s very nice to see you back again: お帰りなさいませ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 98
how nice to see you again: いつもごひいきにしていただいてありがとうございます
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 9
seem luminous against ...: 〜に映えて眼にまぶしい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 286
see that the case against sb is so strong: 状況不利と見る
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 190
put sb in against ... to see what happens: (人を)〜にぶつけて様子を見る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 156
age would seem as silly on sb as ...: (人の顔)の上に年輪を重ねてみるのは〜と同じくらいばかげている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 61
seem nervous, agitated: 神経質になって、ぴりぴりしてるようだ
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 387
He seemed agitated: 彼は動顛したようだった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 340
see years of agony ripple through one’s facial muscles: 積年の苦悶が(人の)顔を細かく、さざ波のようにひきつらせる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 356
seem to be asking me to agree with one: どうやら私に合槌を打ってほしそうな顔付をする
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 91
call that day and say sb want to see me. I agree: (人と)会うことになっている
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 58
Yogi seemed agreeable: ベラもこれに不満はないようだった
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 137
see rough times ahead: 前途に待ちかまえている苦難をはっきり見据えている
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 359
can see what lies ahead: 見通しをつける
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 103
ain’t seen sb too much: (人も)このところ見かけん
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 34
see the alarm in sb’s eyes: (人の)目のなかにもしやという不安を読み取る
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 122
the alcohol seems to course through sb’s veins far faster than usual: 酔いはいつもよりもずっと早く回ってきているようだ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 223
the last time one see sb alive: 生きている(人の)見おさめ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 207
see something of oneself coming alive in sb: (人の)中に自らの分身を見る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 180
see exactly what it all meant: いっさいのことがはっきりわかる
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 64
see it all on sb’s face: すべてを(人の)顔に読みとる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 489
see much of the same horrible stuff that goes on in all prisons: 全国どこの刑務所でも見受けられるおぞましい光景を目撃する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 396
sb see the comic strip we are all in: 〜の目にはわたしたちみんなが登場する一編の漫画だ
see sb all behind the building, in the barbecue area: みんなで建物の裏のバーベキュー・エリアに集まっているのを見かける
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 362
all one see is the endless expanse of ...: 〜が際限なくひろがるばかりだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 191
all one see from the window: 窓から見える風物
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 53
the shop seems to be full of all manner of curious things: 店はありとあらゆる奇妙な品々でいっぱいだ
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 102
seem crushed and flattened on all sides: 四方八方から押しつぶされたような外観を呈している
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 121
seem all too simple: あまりにもあっけない
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 168
see sth all the time: 年じゅう〜を見る
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 78
make ... seem all the more pathetic: なおさら不憫が増して来る
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 130
hardly seem to be making any headway at all against sth: 〜をいくらもやわらげはしない
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 8
don’t seem silly at all: ばかばかしくもなんともない話だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 238
don’t see oneself taking it all the way: トコトンやろうとしない
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 87
don’t look anything like A, all we can see is B in one’s face: Aにはちっとも似ていない。誰が見てもBそっくりだ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 513
do not seem at all like ...: 〜という感じはどこにもない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 183
cease seeing sb at all: (人の)存在などまったく眼に入らない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 223
seem almost painfully enlivened: 苦しいとも言えるほど活気づいている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 131
fear that seems to one at times to be almost to great to be borne: 時にはそれ以上とても耐えられぬ烈しい恐怖
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 205
a quiet neighborhood that seems almost rural: 村とも町とも区別の付かない静かな所
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 69
seem almost half-witted: まるで腑抜のようになっている
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 93
Naoko seemed almost disappointed at my answer: 僕がそう言うと、直子は少しがっかりしたみたいだった
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 41
the convulsion seemed to end almost as soon as it had begun: 凄まじい地震は、瞬時にして過ぎ去ったように思われた
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 234
seem surprised and almost wounded at their ignorance: あきれ顔で、一同の無知さ加減に気を悪くせんばかりだ
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 99
seem almost too simple: すこぶる単純なものに思える
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 168
sb’s voice seems almost too docile: やけに素直な声
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 27
can almost see the situation in one’s mind’s eye: そのありさまが眼に浮かんでくるようだ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 116
be seen alone with a woman: ふたりきりでいるところを人に見られる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 133
seem so entirely alone: 言いようもなく孤独に見える
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 276
mechanism seems to be moving along its cycle properly so far: メカニズムは一応正常に働いているように見える
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 105