× Q 翻訳訳語辞典
I swear   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

I swear: まさか
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 121
I swear: まったく
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 280
I swear: 間違いないよ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 220
I swear it's a stupid question: だから、そんなのは絶対に愚問だよ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 331
I swear to you that ...: ほんとに〜だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 181
I swear that ...: 〜ね
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 366
I swear ...: 〜に決まっているね
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 49again
swear softly, in awe-stricken accents: 恐れと尊敬に打たれたような口調で、そっと毒づく
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 263
begin to swear: おもわず悪態が口からとびだす
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 183
sweating, swearing itchy and bitchy: いらつき、悪態をつきながら
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 284
swear blind: やけになって誓う
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 41
it’s not the way to go on at all, though they swear blind that it is: 奴らが何と言おうと、そんな人生ってあるものか
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 57
swear one would not add another doodad or thingamajig even if one’s life depends upon it: もう何がきたってこれ以上入れるものかという気になる
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 12
swear not to disgrace oneself by doing: 〜するぶざまなまねは見せまいと心に誓う
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 293
forswear the new spirit of rebellion: 反抗心の芽を摘み取る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 410
swear to God and all the saints: だれがなんといおうと
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 310
swear in repetitious monotony: 単純な呪いの言葉をくりかえす
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 296
swear one is innocent: 本人は身に覚えがないと断言する
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 69
swear lustily: くやしそうに歯ぎしりする
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 326
you’d swear every thirty seconds took a real-world minute: 時のたつのが外界の二倍も遅く感じられる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 210
can swear something is moving nearby: 体の近くを何かが徘徊しているような気配を感じる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 43
what I said they’d swear to if need be: 何かの場合には僕の言う通りだと証言してくれる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 242
swear to oneself that one will never talk to sb again: もうこれで絶対終わりだと思う
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 74
He swore--she could not hear in which language--and crumpled to his knees: 彼はひと声ののしり--何語かききとれなかった--がっくりひざを折った
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 106
It sounded worse than swearing: キタナイ言葉を浴びせられるよりももっといやな気持だった
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 323
Sampson swore with a small-boy defiance, as if he were trying to shock: サンプソンはチャーリーの度肝をぬこうとでもいうのか、小さな子供がつっかかるような調子で悪態をついた
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 45
I heard her banging around in a cabinet and swearing: キッチンから、グリンドラがあちこち開け閉めする音と悪態をつく声が聞こえた
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 173
swear up and down its truth: これは神様に誓って本当の話だと何度も念を押す
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 145
I have sworn it by the most solemn oaths which a man can take: 絶対に約束をまもると、心から誓います
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 199
Syd misses his shot and swears: シドがミスショットして、舌打ちする
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 46
hear sb swearing: 毒づくのを聞く
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 109
He swore, bitterly: 彼はにがにがしく毒づいた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 262
Mungo, who hardly ever swore, said violently,: めったに罵言を吐かないマンゴーが語気荒く言った
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 452
swear with pain: ぎゃっと悲鳴をあげる
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 53
swear blind ...: 〜と頑強に言い張っている
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 265
stop swearing: ばち当たりな言葉はよしてよ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 268
stop swearing: 悪い言葉はよしてよ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 267
if they are sworn enemies: 親の敵とばかりに
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 37
have sworn ice-cream off during Lent: 四旬節の間アイスクリームを断っていた
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 40
could swear sb hear the fire laughing: 火の笑い声が聞こえたような気がする
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 188
be sworn to die: 死を決した
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 311
swearing:悪態
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 73
swear undying friendship: 永遠の友情を誓う
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 221