× Q 翻訳訳語辞典
Stern   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いかつい
   
give sb a cold, stern expression: 冷やかな、いかつい印象を与える 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 20
いかめしい
   
<例文なし> タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 166
まじめくさった
   
utter a stern bark: まじめくさった調子でひと声わんと吠える スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 268
まじめくさって
   
there is a single stern bark: (犬が)ひと声まじめくさってわんと吠える スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 272

強さ
   
stern determination: 意志の強さ ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 44
強硬な
   
be succumbed to the stern opposition of sb: (人の)強硬な反対に屈する 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 257
険しくなっている
   
an impatient and stern sb: じりじりして顔つきが険しくなっている(人) タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 69
厳しい
   
order in one’s sternest tone: 口調を厳しいものにしてうながす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 256
艇尾
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 48
睨みつけるような
   
the stern stare: 睨みつけるような厳しい視線 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 497

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the biggest wave of the day chooses this moment to come along and soak sb from stem to stern: いきなりザンブと大波がきたと思ったら、もう(人は)頭のテッペンからどこからどこまでズブ濡れになっている
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 52
daydream of that stern and vivid young face: 若く凛々しい顔をおもいえがく
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 28
dark, stern, powerful voice: 重苦しいどすのきいた声
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 83
be made of sterner stuff: そんなやわにできてはいない
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 93
Stern told her abruptly: 唐突にスターンは言った
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 137
As she worked, Stern again began quietly asking questions: そのあいだに、スターンは、またもや探りを入れてみる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 202
Apparently, she now shared some of the same thoughts Stern had had earlier: スターンが前に考えていたのとおなじことを考えているのだろう
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 53
Stern found the idea startling -- particularly its appeal: このアイデアにスターンは驚いた--とくにそれの持つ力に
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 190
The detective, mostly bald, looked directly at Stern for the first time: 頭がほとんど禿げあがっている刑事は、ここで初めてスターンをまともにみつめた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 20
Helen begged Stern to stay with her: ヘレンに泣きつかれてスターンは彼女の家に行くことになった
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 360
Stern briefly looked away: スターンは思わず目をそらせたが、
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 265
Close-knit, Stern's children appeared to take strength from each other: スターンの子供たちは固く結びついていて、おたがいに力を吸収しあっているように見えた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 38
Stern found surprising accuracy in this peculiar commonplace: スターンはこの奇妙な説が驚くほど正確であることを発見した
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 268
He considered Stern with his pleasant, rosy look and huddled closer: いつもの暖かく元気そうな目つきでスターンをまじまじと見て、体をぐっとのりだした
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 216
Charles Mabledene had defected and Stern had been furious: チャールズ・メイブルディーンは寝返ったやつで、スターンはすごく怒っている
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 116
Her delivery was light-hearted and Stern smiled: その屈託ない口調にスターンはほほえみ、
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 141
back on shore, Dixon would describe Stern's ineptness to everyone they met: ディクソンは、岸に戻ると、会う人ごとに義兄のぶきっちょさを吹聴した
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 251
Stern even so young, had known that Argentina was not his destiny: スターンは、その若さですでに、アルゼンチンが彼の定住の地ではないことを知っていた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 153
Shocked to be rebuked so directly, Stern had avoided her: これほどずばりと非難されたのがショックで、スターンはしばらく彼女を避け、
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 319
For Stern it was a disconcerting fixation: スターンにとって、これはわれながらどぎまぎする執着だった
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 131
Dumbly, Stern nodded: スターンは黙ってうなずいた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 206
Even Dixon, Stern thought, had a mildly sheepish look: さすがのディクソンも、とスターンは思った、やや気弱な表情になっている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 265
If the flow was steady enough, Stern could satisfy his rent of $35 a month: 仕事が着実にありさえすれば、月三十五ドルの家賃が払えるというものだ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 227
Stern could not remember her as frolicsome: ふざけまわる子だと思ったことは覚えているかぎり一度もない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 364
'Generally,' said Stern: 「ざっとでいいから」スターンは促した
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 124
Halfway there, Stern realized what had taken place: 玄関へ急ぐ途中で、スターンは事の次第をさとった
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 53
What was there about this young man that Stern found so infuriating?: この青年のいったい何が、スターンをこれほど苛立たせるのか?
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 280
Look, I have no goddamned judgment about my daughter, Stern: いいか、スターン、わたしは娘には目がないのだ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 232
Look, Mr Stern this was an honest mistake: いいですか、スターンさん、あれは悪意のない間違いだったんです
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 76
Stern smiled amiably, but naturally offered no comment: スターンは愛想よくほほえんだが、当然ながらコメントは差し控え、
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 202
'No,' answered Stern simply: 「ああ」スターンはただそれだけ答えた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 122
Stern explained the notations on Clara's calendar: クララのカレンダーに書きこみがあったことをスターンは説明した
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 134
Going through the details of the trust provision, Cal paused to eye Stern: その件のディテールを述べる途中で、キャルは言葉を切ってスターンを見た
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 87
He had rarely been exposed to Stern when he was so pointed: これほどとげとげしいスターンを見る機会はめったにないのだ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 75
Stern pondered: スターンは考えこんだ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 125
Stern inclined to quarrel, stifled himself: スターンは反論したい気持ちをぐっと抑えた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 335
'Really, Cal,' said Stern: 「ご苦労さま」とスターンは言った
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 185
But Margy laughed at the idea when Stern said that: だがスターンがそれを口にすると、マーギーは一笑に付した
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 178
Stern stood up for him in these scrapes: 問題が起こるたびにスターンが処理してやっていた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 10
'So,' said Stern: 「で」とスターンは言った
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 214
Stern waited again: スターンはためらった
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 127
Stern waited: スターンはためらった
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 19
Stern unaccustomed to city driving, watched the road in desperation: 町なかの運転に慣れていないスターンは、必死で道路に目を配っていた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 299
Weak and suddenly chill, Stern glanced up to find Liz looking at him oddly: 力が抜けふいに寒気さえ感じて、スターンが目を上げると、リズが妙な顔で彼をみていた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 315bark
a stern-looking woman: きつい顔立ちの女
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 405
stern and unapproachable even to one’s own family: 厳格で家族の者も容易に寄せつけない
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 168
ツイート