× Q 翻訳訳語辞典
Tanomogi  

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

Tanomogi replied with a pinched smile, setting out briskly: 小さく顔のまん中で笑って、さっさと歩き出す
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 127
Explain as simply as you can, cautioned Tanomogi: なるたけ、簡単にしたほうがいいですよ。と、頼木がたしなめる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 228
Even Tanomogi held his tongue in surprise: さすがの頼木も、びっくりしたように口をつぐんでしまう
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 25
Heresy, Tanomogi heresy: 邪説ですよ、頼木さん、邪説ですな・・
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 234
Tanomogi was manifestly the chairman of the session: どうやら頼木が議長役らしく、
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 197
'Can you eat them?' broke in Tanomogi mockingly: 「そいつ、食えますか?」と頼木が、ちゃかしたように口をはさむ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 150
Undaunted, Tanomogi observed the number and jotted it down in his notebook: 大胆にも頼木がその番号をのぞきこみ、手帖にひかえた
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 42
this Tanomogi and the others: この頼木という男の仲間たち
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 254
Tanomogi and the others: 頼木君たち
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 208
I could perceive the tension in Tanomogi's voice even through the receiver: 頼木の声は、受話器をとおしてでも、その緊張が読みとれた
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 53
Of course, I did not forget to prick Tanomogi: むろん頼木に一本釘をさしておくことも忘れなかった
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 23
After a moment, softly, Tanomogi said:: しばらくして、頼木が小声で言った
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 8
Tanomogi was a somewhat ill-mannered but very efficient assistant: 頼木は、少々不作法なところがあるが、なかなか有能な助手だ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 14
'But we did,' blurted our Tanomogi tonelessly: 「しましたとも・・」抑揚のない声で頼木が一気に言った
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 207
ツイート