× Q 翻訳訳語辞典
admire   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜に感動する
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 194

ああいい、ほんとにすばらしい、っていう
   
a guy who leaned over and began admiring my shoe: 俺の靴の上に身体をかぶせるようにしてよ、ああいい、ほんとにすばらしい、っていいはじめやがんの プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 373
あこがれる
   
admire ...: 〜にあこがれる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 369
うっとりと見とれる
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 341
うっとりと眺める
   
stand admiring sth, one’s head on one side: 小首をかしげてうっとりと〜を眺めながら立っている ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 29
すばらしいと思う
   
have always admired in sb: (人の)すばらしい特性だとかねがね思っている ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 141
のぞく
   
admire the shop windows: ショーウィンドーをのぞく ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 144
ほめちぎる
   
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 211
ほれぼれとながめる
   
admire the delicate Florentine handle of the knife: フィレンツェ風のナイフの優美な柄をほれぼれとながめる ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 48
よろこぶ
   
admire a job well and quickly done: 仕事はなんでも迅速かつ手際よくなされることをよろこぶ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 14

愛でる
   
admire sth: (物を)愛でる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 483
一目おく
   
His teammates admired Keller's strength of character: チームメイトたちはケラーの芯の強さに一目おいていた ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 100
be admired for ...: 〜として一目おかれる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 70
感じ入る
   
truly admire: 心底感じ入る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 63
感心する
   
can not sufficiently admire sb: まるでいくら感心しても感心したりないかのように ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 17
感嘆する
   
admire ...: 〜、〜には感嘆のほかない マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 254
感服する
   
admire sb enormously: 感服する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 266
admire sb’s economy of speech: (人の)簡にして要をえた用語法には感服する アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 131
敬愛する
   
You admire Euclid?: ユークリッドを敬愛しておいでで? ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 59
admire sb enormously: 心から敬愛する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 266
敬意を払う
   
have always admired sb for promoting the concept that ...: 〜という(人の)持論に、かねて敬意を払っている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 251
admire one’s boss: 上司に敬意を払っている デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 160
admire ...: 〜に敬意を払う 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 240
見とれる
   
admire the view: 景色に見とれろ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 44
高く評価する
   
a list of artists whose work sb had admired: (人が)高く評価している画家のリスト ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 368
讃嘆の念
   
be compelled to admire sb: (人に)讃嘆の念を禁じえない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 367
殊勝に思われる
   
admire the resourcefulness of sb who ...: 〜した手際が如何にも(人の)所作らしく殊勝に思われる 夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 99
受けつける
   
do not admire their sense of privilege: 彼らの優越感は受けつけない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 89
賞賛の目を注ぐ
   
He admired a hundred women in a day, just moving about downtown: ダウンタウンを歩くだけで、日に百人ものすばらしい女性に賞賛の目を注ぐ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 131
心底おそれいる
   
admire sb: (人に)心底おそれいる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 209
崇拝する
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 153
舌鼓をうつ
   
Content yourself with admiring her French dressing: 彼女のフレンチ・ドレッシングに舌鼓を打つだけで我慢してくれ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 185
尊敬
   
man with too little justice in him to be admired: 尊敬に足るほどの正義感を持ち合わせていない男 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 225
打ち眺める
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 121
大いにかう
   
admire sb: (人を)大いにかう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 77
眺める
   
<例文なし> 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 54
頭の下がる思いがする
   
long admire sb for sb’s unswerving faith: (人の)ゆるぎない信心に、いつもながら頭の下がる思いがする アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 208
憧れる
   
secretly admire ..: 心中密かに(人に)憧れる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 524
admire ...: 〜に憧れる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 521
認める
   
be ready enough to admire and praise sb: (人の)良さを認め称える用意がある セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 19
熱中する
   
admire such wonders: そんな物珍らしさに熱中したりする 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 266
買う
   
always admired sb’s integrity: かねて(人の)廉潔ぶりを買っていた ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 303
褒めそやす
   
everyone admires sth: 口々に褒めそやす 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 40
目を見はらされる
   
certainly admire sb: (人には)目を見はらされる アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 239
礼讃する
   
admire and cling to whatever Englishness endure in India: インドに残っている英国的なものをことごとく礼讃し、懐かしむ アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 104

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

greatly admire: 一目置く
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 38
admire the baby: 赤ん坊を可愛らしいと思う
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 8
admire sth: (物に)見とれる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 171
admire sb’s forthrightness: (人の)あけすけさに、憧れさえ感じる
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 115
admire sb: (人に)心服する
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 309
admire sb: 立派な男だと思う
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 19
admire on television: テレビを見ていて、あれは悪くない、と言う
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 116
admire ...: 〜に眼を奪われる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 301
you have to admire ...: 〜はなかなかみごとなものだ
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 146
snatch admiring glances at sb: たいしたもんだというように、ちらちら(人を)見る
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 93
sb’s much admired teacher: (人の)恩師
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 10
find oneself admiring sth: 〜に引きつけられる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 133
do not pause to admire sth: 感心しているひまはない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 247
come to admire sb: (人に)言い寄る
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 46
admire with regret that ...: 残念ながら〜である
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 36
greatly admire your skill in deducing from sth that ...: 〜から〜ではないかと、疑念を持たれた、あなたの達眼に敬服します
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 208
can’t help but admire sb: (人には)ほとほと恐れいる
キース著 小尾芙佐訳 『アルジャーノンに花束を』(Flowers for Algernon ) p. 221
But the youth had no time to admire such wonders: だが、少年には、そんな物珍らしさに熱中したりする余裕はなかった
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 266
ツイート