× Q 翻訳訳語辞典
affection   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜だけに
   
love sb with an affection all the deeper and stronger from ...: 〜だけにいっそう強く深く(人を)愛する ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 342

あたたかみ
   
with affection: あたたかみをこめて ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 152
こみあげるいとしさ
   
look upon ... with tender affection: こみあげるいとしさを抑えきれぬ表情で〜を見つめる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 51

愛玩
   
feel not guilt but affection: 罪悪とは思わなくて愛玩と思える 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 130
愛情
   
have a deep affection for ...: 〜にひとかたならぬ愛情をだいている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 5
愛着
   
have no true affection or interest with ...: 〜にはなんの愛着も興味もいだいていない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 325
<例文なし> 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 83
気持ち
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 431
好く
   
feel affection for sb: (人を)好く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 170
好む
   
one of sths that one have an affection for: (人が)好んだ(物) ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 189
have a mystifying affection for ...: 奇妙に〜を好む ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 189
好感
   
part of one’s affection for sb is that ...: (人に)好感をもつのは〜だからだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 136
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 427
慈愛
   
The look she turned toward his was warm with a maternal affection: そこで勲のほうへ向けた目は、母性的な慈愛に潤んで、 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 154
a smile filled with affection: 慈愛のこもった微笑 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 264
<例文なし> 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 56
思いやり
   
scowl at sb with affection: 思いやりをこめて(人を)制する ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 76
   
treat sb with the kind of backhanded affection: 情はあるものの邪慳な態度で(人を)扱う バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 76
親しみ
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 279
未練
   
never feel much affection for ...: 〜に未練も無い 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 44

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

sth of affection: 来る年の幸多きことを祈ってくれる〜
have affection: 憎む
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 83
bestow sb’s affection: 男性の胸にとびこんでゆく
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 45
become object of one’s affection: 愛おしい
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 19
winning and holding the affections of sb: (人の)敬愛の的
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 275
whisper in sb’s ear some little affection: 愛の言葉を(人の)耳もとでささやく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 271
stomach so much giddy affection from sb: (人に)キャッキャとまとわりつかれても嫌な顔ひとつ見せない
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 239
still have too much of a lingering affection for life to do: まだまだ〜するにはいささか未練がある
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 38
still have lingering affection for sb: まだ未練がある
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 32
speak to sb, some with affection some with affectionate disdain: あるものは親しげに、あるものは気軽に、(人に)話しかける
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 127
show no affection for sb: (人に)なじもうとしない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 348
set one’s affections on sth: 〜を愛する
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 298
never seem able to feel any affection for ...: 〜にはなじめない気がする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 256
look with affection at that jade immensity below them: 眼下の翡翠色のひろがりをいとおしそうに見つめる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 284
have the greatest affection for ...: 〜を愛している
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 195
have not one trace of affection for sb: (人を)好いてはいない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 367
have a lingering affection for ...: 〜に未練のある
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 57
have a great affection for sb: (人を)本当に愛している
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 27
feel a great wave of affection pass through one: 懐かしさを覚える
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 45
dislike showing affection for one’s mother in sb’s presence: 母親に甘えるところを(人に)見られたくない
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 92
conflict mixed with affection: 愛し合うが故に起こる諍い
be fresh out of residual affection: 未練なんてものとは、もう縁がない
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 366
a master and servant linked by bonds of affection: 仲のよい主従
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 182
avuncular affection: 叔父貴のようなあたたかみ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 152
have the affection born of long intercourse for sb: (人に)たいしてながくつきあっているうちに愛情をいだく
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 246
She also had not one trace of affection for her brother Oshu: そしてまた彼女は、血のつながる弟の欧洲をも好いてはいなかった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 367
have a deep affection for ...: 〜にひとかたならぬ愛情を抱いている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 5
can’t tell whether it is due to affection or hatred: 愛情とも憎悪とも区別のつかぬ
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 65
be embraced endearingly in sb’s great affection: (人の)大きい愛情に絶えず揺られ、労られる
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 53
enduring object of one’s affection: 長年変わらぬ愛情の対象
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 9
be brimming with genuine fatherly affection: 本当に父親としての愛情をそそいでいる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 150
kindle an affection: 愛する
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 170
lavish affection on sb: 手塩にかける
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 229
be moved by the least show of affection: ひどく些細な愛情に感動する
辻邦生著 スナイダー訳 『安土往還記』(The Signore ) p. 38
is affection the only emotion one feel towards sb: (人に)好意以外の感情は持たないだろうか
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 257
have no real affection for sb: (人には)それほどの愛情もない
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 222
tender affection: こまやかな情愛
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 85
an upwelling of affection: 溢れんばかりの愛情
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 169
wincing at the affection: そのキザに身震いしながら
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 48
ツイート