× Q 翻訳訳語辞典
agitation   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いらだち
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 289

気を昂らせる
   
give off an air of agitation: 気を昂らせる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 268
気持ちは千々に乱れる
   
despite all sb’s agitation: 気持ちは千々に乱れていたが ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 129
心の動揺
   
repress all other signs of agitation: ほかに心の動揺らしい気配は、いっさい押えて見せない ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 239
動揺
   
one’s manifest agitation at being here: ここに来ているのが落ちつかなくて明らかに動揺している点 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 273
動悸
   
rain in one’s agitation: 動悸を抑える 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 123
妙に落ちつかないもの
   
give the room an air of agitation: 部屋全体の気分が、妙に落着かないものになっている 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 7
揺れ動く心
   
unaware of sb’s agitation: 露ほども(人の)揺れ動く心に気づかない 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 122

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

in one’s agitation: 興奮のあまり
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 218
this sort of agitation and impatience: こんなヤキモキした心持ち
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 103
pace about the room in uncontrollable agitation: 興奮して部屋のなかを歩きまわる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 153
in a terrible agitation of mind: 気が気でない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 98
display no sign of agitation: 取りみだしもせず
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 226
be indeed in a pitiable state of agitation: ひどく可哀そうなくらいとりみだしている
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 203
agitation of pubic opinion: 人心沸騰し
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 242
in barely concealed agitation: 興奮を抑えかねる様子で
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 32
the vehemence of one’s agitation bring on a copious bleeding at the nose: (人は)あまりひどく興奮して鼻血がどっさり流れる
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 26
a hint of agitation creeps into sb’s voice: 苛立ちがにじむ
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 35
Satsuma's mounting agitation was well known to him: 当然薩の動揺を見透かしていた
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 161
ツイート