× Q 翻訳訳語辞典
altogether   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
<訳なし>
   
he spoke out as though threatening them, his outlandish tone altogether unsuited to the setting: 脅かすようなその場にそぐわない奇矯な大声で言った 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 153

あながち
   
be not altogether untrue: あながち嘘ではない べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 198
<例文なし> 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 146
うってかわった
   
warn in an altogether crisper tone: うってかわった鋭い声をとばす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 51
すっかり
   
give up altogether: すっかりやめてしまう ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 365
do away with altogether: すっかりお払い箱にする アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 111
せいぜい
   
twelve, fifteen altogether: せいぜい十二ないし十五名 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 410
とても
   
feel altogether helpless: とても心細くなっている スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 108
とにかく
   
とにかく人を焦らすような女であった: Altogether she was what you would have called provoking ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 95
なにしろ
   
altogether delightful: なにしろ快適この上ない メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 116
はたと
   
adventures toward the far white wall ceases altogether: 向こうの白い壁への冒険もはたとやむ ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 81
ほとほと
   
be altogether more than anyone can possibly eat: ほとほともてあます 北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 113
まったく
   
weary of sb altogether: (人のことに)まったく嫌気がさす ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 93
まるで
   
a different creature altogether: まるでちがう生き物 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 362

完全に
   
keep one’s movement altogether secret: 完全に秘密裏に行動する セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 115
諸事
   
In contrast to the altogether Western-style Yokohama villa: 横浜の御別邸が諸事洋風なのに引きかえて 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 189
歴然と
   
be altogether different: 歴然と変わっている 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 55

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

seem altogether too much: よけいだ
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 137
not altogether: あまり〜ではない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 117
look altogether willing: 大の乗り気を示す
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 62
be altogether possible: ありうることだ
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 45
must be in a desperate way altogether: よっぽどせっぱ詰まってる
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 477
more pressure now may sever it altogether: いま無理押ししては、元も子もない
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 246
it is not altogether outside the realm of possibility that ...: 〜だってないとはいえない
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 157
be not altogether wrong: なるほどなとおもいあたるふしがないではない
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 81
be altogether accurate: まちがいない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 398
another side of oneself, a separate self altogether: 半面の(人)でありもう1人の(人)
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 273
a dim shadowy awareness of something altogether different: なにかまったくべつなもののおぼろな認識
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 134
so away with altogether: すっかりお払い箱にする
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 111
look altogether too casual for someone on ...: 〜にはふさわしくないほど、明るい笑顔を見せる
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 450
the gingery man’s lies concerned a different creature altogether: 金褐色の髪の男のつくり話は、あれはまるでちがう生き物のこと
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 362
be something altogether different: 話は別だ
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 63
be not altogether easy in one’s mind: 何かで頭を悩ましている
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 117
entirely attributable to ... altogether: ひとえに〜による
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 21
should one forget about ... altogether: 〜の線はまったくなしか?
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 491
the future seems altogether probable: 未来は明るく事もなしという風に見える
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 124
Prospects aren't altogether healthy, are they?: あまり愉快な徴候ではなさそうだな
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 117
be altogether too ordinary: 日常茶飯事だ
三島由紀夫著 サイデンスティッカー訳 『天人五衰』(The Decay of the Angel ) p. 127
one want that sense altogether: そうした神経の全然ない(人)なんだ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 252
This place is a side-show; twelve, fifteen altogether growing but only slow: こちらは添え物で、せいぜい十二ないし十五名、増員してはいるが大したことはない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 410
as if a mere ship were altogether unworthy of sb’s notice: 船なんか眼中になく
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 93
ツイート