× Q 翻訳訳語辞典
annoyed   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
むかつく
   
be annoyed at sb: (人に)むかつく デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 81

苛立つ
   
seem annoyed: (人の)声に苛立ち混じっている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 107
心持ちを悪くする
   
be a little annoyed: 心持ちを悪くする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 174
怒る
   
be annoyed about sth: (何かに)怒る デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 97
立腹
   
obviously annoyed: ご立腹の態 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 282

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

look slightly annoyed: かすかな不快の色をうかべる
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 106
must admit that one be rather annoyed at the idea of ...: 〜だと思うとさすがにいい気持ちはしなかった
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 79
more amused than annoyed by ...: 〜に気を悪くするどころか、むしろ愉快な気分で
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 6
be annoyed at sb’s impertinence: 生意気な口をきく(人を)忌々しく思う
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 101
be annoyed: 嫌な顔をする
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 43
be annoyed at sb: (人に)対して不快の念を起こす
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 132
one be no more annoyed when one ... than one be annoyed by ...: 〜しても、少しも腹は立たん、ちょうど〜しようと、そんなことは、蚊のなくほどにも感じないのと同じだね
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 252
feel annoyed ...: 〜が面倒くさくなる
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 94
be annoyed that ...: 〜であることがなんだか癪だ
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 92
sb1’s unexpectedly loud snoring has annoyed sb2: 〜は意外に大きい〜のいびきに脅えてしまった
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 154
partly one be annoyed feeling that ...: 〜と思うと、どこか戸惑いもある
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 487
get annoyed: 八つ当たりする
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 305
feel annoyed at ...: 〜でいらいらする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 37
feel a little annoyed: ぶれいな、と見る
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 10
extremely annoyed: いかにも不服そうに
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 232
be getting pretty annoyed: だいぶかりかりしている
新井素子著 マッカンドレス訳 『ブラック・キャット』(Black Cat ) p. 8
be annoyed to find ...: 〜なのでかりかりする
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 233
be annoyed that ...: 〜に腹を立てる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 147
be annoyed sb: (人を)怒らせる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 20
be annoyed by ...: 〜に迷惑させられる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 12
be annoyed because sb thinks that sb has guards out there: 護衛たちは何をしているのかといぶかる
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 515
be annoyed at not having had sb on call: (人が)呼び出しにすぐ応じられなかったことを苦々しく思う
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 23
be annoyed at ...: 〜が癪に障る
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 32
be annoyed at ...: しゃくにさわる
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 101
be annoyed: いやな顔をする
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 178
be annoyed: むかつく
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 127
be annoyed: むっとする
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 121
be annoyed: 機嫌が悪い
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 34
be annoyed: 気が進まない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 16
be annoyed: 気が立っている
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 40
be annoyed: 気を悪くされる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 77
be annoyed: 不機嫌だ
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 267
be annoyed: 迷惑だ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 23
be annoyed: 面食らっている
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 91
be annoyed: 癪に触る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 22
annoyed by the din: 騒音に苛立つ
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 179
a story that annoyed sb: 不愉快な記事
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 225
feeling embarrassed and annoyed with oneself: 少なからぬ羞恥を自分への腹立ちに
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 153
Far from being annoyed I was happy: 癪に触らないばかりでなくかえって愉快だった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 23
feel justifiably annoyed: 当然のことながらいささか腹が立つ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 81
the more annoyed by ...: 腹立ちもひとしおだった
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 157
Mike said, obviously annoyed: マイクはいらだちを隠そうともしなかった
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 151
In his abstraction, her pertness annoyed him unreasonably: 心ここにないときに、小娘の生意気はわけもなくいらだたしかった
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 56
Colonel Moore looked annoyed which was my purpose in being sarcastic: ムーア大佐は、こちらの狙いどおり、ムッとしたようだ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 248
Somewhat annoyed at being called a "youngster," Giovanni made no reply: ジョバンニは坊ちゃんと言われたので、すこししゃくにさわってだまっていましたが、
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 101