× Q 翻訳訳語辞典
anybody   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
そこら辺のやつ
   
They weren't burying just anybody you know: そこら辺のやつを送るのとはわけがちがう ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 157
だれ
   
why should that surprise anybody: そんなこと聞いて、いまさらだれが驚く? タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 224
だれにも
   
be anybody’s guess: 〜はだれにもわからない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 265
どなたか
   
anybody home?: ごめんくださーい。どなたかいらっしゃいませんか タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 104
ひとりも
   
there won’t be anybody left alive to do: 〜するやつなんか、ひとりも生かしちゃおきませんよ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 253
みんな
   
outsmart anybody around one without making the slightest show of ...: まわりに〜と気どられることなく、みんなをうまく出し抜く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 70
やつ
   
anybody who knew anything: 知ったかぶりをするやつ ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 32

   
unknown to anybody: 人知れず 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 107
人影
   
do not see hardly anybody: ほとんど人影も見えない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 127
人間
   
anybody who is smart: まともな頭をもった人間 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 329
相手かまわず
   
ready to find fault with anybody: 相手かまわずあたりちらしたい気分で ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 180
相手がだれでも
   
I‘ll shoot anybody: 相手がだれでもぶっぱなしてやる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 118
誰だろうと
   
ready to find fault with anybody: 誰だろうと文句をいってやるつもりで ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 189
誰彼かまわず
   
anybody one meets: 出会った人の誰彼かまわず 鈴木孝夫著 みうらあきら訳 『ことばと文化』(Words in Context ) p. 5
男たち
   
do not know what anybody is talking about: 男たちがなんの話をしているのか、さっぱりわからない タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 236

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

is anybody home?: 頭ん中お留守ですかあ?
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 172
by anybody’s standards: 誰の目から見ても
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 420
you never saw anybody that was deader: あんな確かな死にざまはめったにない
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 225
when there’s anybody worth talking to: しゃべり甲斐のある相手があればな
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 36
when there’s anybody worth talking to: 相手によりけりだけどね
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 33
under no circumstances is anybody to do: たとえ何があろうと〜してはいけない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 338
there is hardly anybody: ほとんど人影もない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 126
that is the last anybody heard of sb until ..., when ...: それ以来(人の)消息は知れなかったが、やがて〜
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 123
sense sth faster than anybody: いちはやく〜を感じ取る
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 45
sb never shot anybody: (人は)銃で人をうつような人間じゃない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 413
run a light or two to shake anybody: 信号をひとつふたつ無視して追跡をぶっちぎる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 332
not something one said out loud to anybody: 大きな声ではいえなかったが
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 187
know anybody in ...: (場所に)誰か知ってる人がいる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 380
it never hurts anybody to do: おたがいに〜するほうが身のためだ
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 150
if anybody can do ..., you can: 〜することは誰にもできないよ。たとえきみでもさ
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 15
before anybody can react: あっけにとられているみんなの前で
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 383
anybody living or dead: 死んだ人まで入れても
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 114
anybody else except ...: 〜以外の人間だったら
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 35
will not take anybody’s advice: 誰の忠告も受けつけない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 529
the ugliest arguments anybody have ever witnessed: これまで誰も一度も目にしたことのないような痛烈醜悪な口論
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 90
can do better than anybody: 〜にかけちゃ誰よりもうまい
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 191
be a bloody sight more than anybody else has: だれも持ってないようなばんとしたやつだ
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 174
can’t think of anybody: 心当たりがない
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 58
come into anybody else’s possession: 他人の手に渡る
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 241
anybody with a college business course: 大学で経営学を習った者ならだれでも
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 85
anybody with a delinquent record: 非行歴のあるもの
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 241
might not be anybody’s idea of a dream date: 女性がデートをしたがる相手ではないかもしれない
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 177
can not have the least effect on anybody: 何にも害はない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 189
find anybody else: かわりの人間を見つける
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 506
look more embarrassed than anybody: だれよりも居心地の悪い顔をしている
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 273
that is enough to wear anybody out: これじゃ誰だって疲労困憊する
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 276
without anybody finding out about it: 誰にも見咎められることなく
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 376
you won’t be fuckin anybody: お前なんざイチコロだぞ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 180
be anybody’s guess: 〜はだれも知らない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 396
be anybody’s guess: だれにもわからない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 23
anybody’s guess: 当てずっぽう
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 52
never heard of anybody messing with sb: (人に)手出しをしたやつがいるという話はききません
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 434
can’t hear a word anybody says: 隣の人と話もできない
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 304
no matter how many communes anybody invents: どれほどたくさんのコミューンをつくってみても
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 65
have little to do with anybody outside of one’s work: 仕事以外のつきあいもほとんどない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 100
do not notice anybody ...: (人の)見たところ、〜はひとりもいない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 143
anybody who have seen him project himself into ...: 今や〜に向って首を突っ込もうというその瞬間、もし彼の姿を望見したものがあるならば
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 256
anybody reputable: かたぎの店
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 82
never say a word to anybody: だれになにを問われようと、けっして口を割らない
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 153
do not want to share sb with anybody: (人を)独りじめにしたい
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 251
don’t let just anybody shelter there: だれでもおかまいなしに、目こぼしをしているわけではない
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 149
as anybody might who saw sb as sb showed himself: (人の)態度、物腰を見るほどのものなら、誰しも言うだろう印象として
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 46
if anybody tries to stop me: 邪魔をするやつがいれば
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 31
not be surpassed by sb or anybody else: (人)であろうと他のなにびとであろうとひけをとるまい
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 254
you can not trust anybody in ...: 〜には信用できる人なんていない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 312
you can’t trust anybody anymore: もう誰も信用できない
don’t ever want to see anybody like ...: 〜みたいな奴を見るのももうごめんだ
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 94
be with anybody: 自分以外の者に注意をよせる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 73
be no worse than anybody else: ほかのみんなとおなじというだけだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 101
ツイート