× Q 翻訳訳語辞典
argument   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いい合う
   
the sounds of argument: いい合う声 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 247
いさかい
   
have an argument with sb over ...: 〜のことで(人と)いさかいをする 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 49
お題目
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 181
せり合い
   
petty argument: 小ぜり合い デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 69
ちょっとした議論
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 328
ひと悶着
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 113

意見
   
reduce one’s arguments to a formal paper: 自分の意見を公式の文書にする ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 377
意見の食い違い
   
too many arguments: 意見の食い違いが多くて マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 83
気まずい口喧嘩
   
become a source of argument: 気まずい口喧嘩の種になる 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 54
議論
   
there is no way one will win this argument: この議論に勝ち目はない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 126
there are only endless arguments and speculations: 結局堂々巡りの議論に終わってしまう ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 143
say sb, not wishing to begin an argument: (人は)議論になるのがいやなので、話をそらす ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 104
have quite a long argument with sb: (人と)さんざっぱら議論する ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 20
喧嘩
   
keep out of the argument: 喧嘩には加わらない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 108
have an argument: 喧嘩をする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 288
be some sort of domestic argument: なんらかの内輪の喧嘩がもとである クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 515
言い合い
   
have quite a long argument with sb: (人と)ひとしきり言い合いをする ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 19
言い争い
   
the arguments mount to the crescendo of a threat: 言い争いがどんどんエスカレートしていって、脅し文句の応酬になる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 262
言逆い
   
An argument rather than an ordinary conversation, seemed to be taking place: 能く聞くと、それが尋常の談話でなくって、どうも言逆いらしかった 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 27
口喧嘩
   
it is such a stupid argument: ほんとに馬鹿ばかしい口喧嘩です フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 63
口論
   
the ugliest arguments anybody have ever witnessed: これまで誰も一度も目にしたことのないような痛烈醜悪な口論 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 90
the arguments are almost never expressly about ...: 〜がはっきりとその口論の種になるようなことはない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 136
no argument: 口論無用 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 348
get in frequent fights and arguments with sb: (人と)しょっちゅう喧嘩や口論をする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 424
   
the argument still packs a lot of weight: それでも、この説には説得力がある ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 553
説く
   
worst sb in an argument: (人を)説き伏せる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 199
反論
   
make no argument: 何の反論もしない ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 117
理由
   
be one of the foremost arguments that ...: 〜するもっとも有力な理由のひとつだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 360
argument for doing: 〜する理由 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 258
理論的根拠
   
unbeatable arguments: つけいる隙のない理論的根拠 ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 80
論法
   
<例文なし> ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 46

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

win an argument: 相手を屈服させる
有吉佐和子著 タハラ訳 『紀ノ川』(The River Ki ) p. 14
subtle arguments: おとなしく説き伏せる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 349
no argument there: それは確かにあり得ることだ
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 31
no argument: とにかく
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 22
furious argument: 激論
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 108
for the sake of argument: たとえ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 188
arguments and excuses: 口実
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 14
after some argument: あたしたちはあれこれ相談して
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 193
voices raised in argument: いい合う声
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 245
sb win the argument: (人の)主張が勝つ
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 165
sb’s remaining arguments for doing: 〜するべきである理由をくだくだと述べつづける(人)
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 231
say, one’s voice brooking no arguments: 有無を言わさない声で言う
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 394
mean “there’s a nice knock-down argument for you!”: つまり、『こてんぱんに言いまかされたね』っていう意味でいう
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 112
leave no room for argument or discussion: 有無は言わせない
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 44
install me at once, no arguments in an apartment: 否も応もなく早速、アパートの一室を提供してくれる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 145
in the course of one’s argument refer to ...: 〜の例などを引き合いに持って来る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 199
I do understand all the arguments: 慰めは聞きあきました
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 270
have quite a long argument with sb: (人を)つかまえて長々と意見をぶったりする
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 25
have been having the same old argument: いつものはなしを蒸し返している
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 10
even though one knew such an argument is unreasonable: 云いがかりと承知で
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 102
change without any argument: 一も二もなく考えをひっこめる
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 322
carry that argument out: その論法でいく
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 100
be very persuasive in one’s arguments: よくよく弁舌なめらかだ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 258
be delayed by untimely argument: 下手にさからって手間どらせる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 308
be always ready for a little argument: 口答えならいつでもござれだ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 167
an argument break out concerning ...: 〜の問題で議論がはじまったのが発端である
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 380
come to the final step of the argument: 計画を煮詰める
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 297
in connection with some little argument with sb: (人と)ちょっと議論したとかいって
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 153
argument is a great emboldener: 議論というものは人をひじょうに勇ましくする
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 38
see the hole in sb’s argument: (人の)弱みをずばりとつく
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 208
closely honed argument: 研ぎすましたる論証
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 48
mean “there’s a nice knock-down argument for you!”: 〜のいう意味は、『どうだ、まいった理屈だろ』ってことだ
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 120
talk can have only led to argument: 口をきけば、また言い争いになるにきまっている
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 137
sb’s argument seems logical: (人は)もっともなことを言う
吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 102
the point of sb’s argument: 〜のいわんとするところ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 31
seem to be pressing an old argument: 昔からの主張をむしかえしているらしい
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 86
rather than risk an argument: 言い争いになってもこまるので
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 39
spirited but reckless argument: 威勢のいい無謀な議論
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 143
From upstairs, the sounds of argument grew still louder: 上でいい合う声が一段と大きくなった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 247
theoretical argument: 一般論
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 86
ツイート