× Q 翻訳訳語辞典
awful   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いやな
   
feel sick and awful: なんだかむかむかして、いやな気分になる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 282
えらい
   
with an awful pain to one’s stomach: えらい腹痛で セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 151
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 12
おそろしいほど
   
awful still hours: おそろしいほど静まりかえった時間 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 57
おそろしいまでの
   
awful worry: おそろしいまでの心配事 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 41
おぞましい
   
shut out the awful news: おぞましい話をなるべく耳に入れない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 85
hear the awful squall: おぞましい金切り声が耳にとびこんでくる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 26
awful letter: おぞましい手紙 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 297
awful business: おぞましい仕事 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 285
an awful smell: おぞましい臭い カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 83
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 270
おっかない
   
awful man: おっかない人 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 260
かんかんに
   
be awful mad: かんかんにおこる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 179
くだらない
   
An awful crowd as usual, I suppose: 例によって、くだらない連中ばかりだろうな アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 70
すごく後ろめたい
   
<例文なし> ベイカー著 岸本佐知子訳 『もしもし』(Vox ) p. 22
すさまじい
   
awful obliteration: すさまじい抹殺 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 37
<例文なし> サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 191
すっかり
   
Awful proud of em, she is: それをすっかり鼻にかけちゃってるもんだから、 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 16
ずいぶん
   
an awful lot of ...: ずいぶん沢山 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 32
そんなに
   
be awful clean: そんなにきれいにする ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 89
たまらない
   
That's awful in my opinion: たまんないと思うんだな、僕なら サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 13
とんだ
   
make an awful mistake: とんだ勘違いをする ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 93
どうしようもない
   
Awful: どうしようもないよ、 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 156
ひどい
   
sing silly songs in one’s awful voice the whole way: 道中いつものひどい声で、いつもの馬鹿げた歌を延々と歌い続ける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 280
looked pretty awful: (人の)様子、ひどかったしね トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 261
Christ, that was awful: ひどいざまだった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 232
can do anything, no matter how awful: どんなひどいことだってやれるんだ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 60
ひどく
   
there is an awful smell of ...: 〜の臭いがひどくこもっている 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 80
みじめな
   
look awful: みじめな顔をする デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 18
みすぼらしい
   
awful suit: みすぼらしいスーツ ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 234
ものすごおく
   
is sb awful hungwy?: (人は)ものすごおくお腹がすいているのでしゅかあ? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 311
ものすごく
   
have an awful headache: 頭がものすごく痛む カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 319
よっぽど
   
it is an awful warning to sb: (人は)よっぽど考えなくちゃ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 204

陰惨な
   
awful darkness: 陰惨な暗黒 スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 64
気持ちがわるい
   
it’s awful: 気持ちがわるいんです スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 291
強く
   
hold an awful fascination for ...: 〜に強く関心をそそられる メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 124
驚くような
   
no matter what awful things you learn: どんなに驚くようなことをきかされても クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 171
空恐ろしい
   
one thinks it’s awful of one: われながら空恐ろしい アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 262
嫌な
   
I have this awful feeling I already do: 嫌な予感がしてるのよ フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 386
見るも無惨な
   
it’s an awful sight: 見るも無惨な光景 マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 90
厳しい
   
awful dark look briefly crosses sb’s face: (人の)顔を暗い厳しい表情がさっと横切る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 336
実に
   
know an awful lot: 実に多くを知っている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 105
手に負えない
   
<例文なし> アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 26
息ぐるしい程
   
make an awful noise: 息ぐるしい程、鳴く 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 80
破廉恥な
   
awful ... boy: 破廉恥な〜お坊っちゃま ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 94
馬鹿げた
   
get into one of those awful running-compliment patterns: 馬鹿げたお世辞の応酬地獄にはまりこむ べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 21
怖ろしい事
   
it’s awful to think about ...: ああ、思っただけでも怖ろしい事である 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 27
閉口する
   
be really awful: まったく閉口する アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 103
無気味な
   
begin to have an awful sound: 無気味な音になりかけている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 55
目もあてられないような
   
an awful fuss: 目もあてられないような大騒ぎ レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 351

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

this is awful: えらいことだ
新井素子著 マッカンドレス訳 『ブラック・キャット』(Black Cat ) p. 132
this is awful: こんなのもうたまらないよ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 226
this awful thing: こんな不祥事
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 182
the awful wheedling: このうえなく卑屈な態度
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 81
look awful: はた目にも意気阻喪している
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 75
happened awful fast: 案外早かった
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 52
bloody awful row: どえらい騒ぎになる
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 250
be really awful: 怪しからん
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『注文の多い料理店』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 35
awful word: わけのわかんないこと
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 217
awful dream: 悪夢
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 28
an awful lot: あまりにも多すぎる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 279
an awful lot: ありすぎる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 279
what sb do creates an awful memory: (人の)やったことが(人と)(人の)あいだに傷を残す
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 401
the same awful mess: いつもどおりの混乱
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 297
the property looks awful and forbidding: すべてはどうしようもなくうらぶれる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 387
the perfectly awful Ambassador: あの煮ても焼いても食えぬ大使
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 17
the awful episode is over: 面倒はこれっきりにする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 478
tell sb awful lies: ウソ八百だ
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 9
sound sort of awful: ひどいことをきいたもんだと思う
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 150
sb’s awful unswerving stubbornness: 他人に譲歩することのできない石頭の持ち主
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 294
make an awful mistake: ひどいことをする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 258
make an awful lot of commitments on sth: (物に)のめり込んでいる
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 56
make an awful fuss over sb: (人を)元気づける
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 328
it is an awful mess: なにがなんだかさっぱりわからん
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 156
in an awful way: そのすさまじいとこが
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 305
get into an awful lot of mischief: いろんなイタズラばかりしている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 26
feel like the most awful of outcasts: 自分のことを社会の落ちこぼれみたいに感じる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 156
can you imagine anything more awful than ...: 〜なんてぞっとしない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 38
buy an awful lot of something: 何かしこたま買い込む
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 15
be struck by an awful thought: 嫌な予感がする
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 43
be an awful feeling: なんとも気の滅入るような毎日だ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 136
an awful lot of ...: ものすごい数の〜
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 75
All the Americans have made an awful fuss over me: ミラノ在住のアメリカ人は、寄ってたかってぼくを元気づけてくれるんですから
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 328
some girl in an awful-looking hat: 珍妙な帽子をかぶった女の子
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 120
be bloody awful: めちゃくちゃな気分だ
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 9
a brain that boils in a ferment of awful dream: さまざまな悪夢に翻弄されて煮えたぎる脳
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 28
Especially not when faced with the awful danger of the dreaded Majotaur!: とりわけ、おぞましき魔乃タウロスの恐ろしい危険に直面しているときには
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 135
The awful silence endured: ぎごちない沈黙がつづいた
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 241
the most God-awful socks sb’d ever seen: これほど趣味の悪い靴下にはお目にかかったことがない
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 195
god-awful secrets: おぞましい秘密
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 24
that same god-awful speed: 例によっておっそろしいスピード
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 314
god-awful singers: ひどい音痴
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 270
have awful pangs of conscience about ...: 非常な罪の意識にとがめられる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 100
particularly awful German: ことのほかいやなドイツ人
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 48
a piss-awful speech: くだらん一席
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 21
an awful smell puffs out at sb: ひどい臭いが吹きだす
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 83
screw up ... something awful: 〜をひどくみじめなものにする
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 229
still have this awful headache: ひどい頭痛が相変わらず続く
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 290
ツイート