× Q 翻訳訳語辞典
awkward   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
うるさい
   
it would be awkward: うるさいからね 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 15
おずおずした
   
the awkward teenager: おずおずしたティーンエイジャー フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 153
おずおずと
   
awkward touch: おずおずと触れ合う マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 228
きまり悪そうに
   
run stiffly ahead for several awkward leaps: きまり悪そうに数回はねて前へ出て、かたくなって走る ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 52
ぎくしゃくした
   
for several awkward seconds: 何秒かぎくしゃくした沈黙が続き フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 217
ぎくしゃくと
   
take big, awkward steps: 大またに、ぎくしゃくと足を動かす ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 149
ぎくしゃくとした
   
become awkward: ぎくしゃくとしたものになる 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 41
ぎこちない
   
there is a rather awkward pause: なんとなくぎこちない沈黙がある ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 73
swing with an awkward roundhouse: スイングはぎこちない大振り トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 160
help sb out with awkward gallantry: (人が)降りるのにぎこちない手を貸す クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 168
an awkward truce between sb and sb: (人と)(人の)あいだのぎこちない休戦 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 342
ぎこちなさ
   
come off being awkward: ぎこちなさのほうが表に出る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 374
こちこちになった
   
I have been like an awkward novice sailor: こちこちになった、新米の水夫のように 三島由紀夫著 サイデンスティッカー訳 『天人五衰』(The Decay of the Angel ) p. 179
ころがるようにして
   
make for ... at an awkward stumbling run: 〜へ向かってころがるようにして走りだす マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 136
どこか気詰まりな
   
an awkward meeting: どこか気詰まりな会見 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 210
ばつがわるくておどおどする
   
make for an awkward situation: ばつがわるくておどおどする タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 122
ばつが悪い
   
look a little awkward: ばつが悪そうに カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 22
It was awkward but on the whole I was satisfied with the result: 実にばつが悪かったけど、結果からみると、まあうまくいったと言えるでしょう アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 388
ひどい
   
will admit to an awkward thing: ひどいこともした プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 127
ぶきっちょ
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 248
ぶきっちょな
   
awkward scrawl: ぶきっちょな筆跡 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 265
みっともなく
   
feel awkward to do: 〜することをみっともなく感じる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 331
もさっとした
   
<例文なし> セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 37

間をもてあます
   
be awkward: 間をもてあます ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 240
気おくれ
   
feel awkward using the reference: 引合いに出そうとしている事柄に、気おくれをおぼえる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 296
気がひける
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 35
気づまりな
   
after a awkward silence: 一瞬の気づまりな沈黙をはさんで プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 145
a somehow awkward conversational thicket: いささか気づまりな会話の袋小路 セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 248
気まずい
   
to bridge an awkward pause: 気まずい沈黙を救う アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 79
there is a rather awkward pause: なんだか気まずいひとときだ ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 66
first few awkward moments: はじめの気まずい何秒か 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 11
everything is becoming more awkward: 何もかもがどんどん気まずくなっていく ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 148
But I don't it to be awkward: この事件であなたのお手伝いができると思うけど、気まずいことにはなりたくないの デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 32
break a very awkward silence: 気まずい沈黙を破る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 17
an awkward pause: 気まずい沈黙 ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 289
after an awkward silent moments: 気まずい沈黙のあとで ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 400
a very awkward moment develops: 気まずい時間が生じる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 126
気恥ずかしさ
   
feel awkward: 気恥ずかしさを感じる マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 125
窮屈な
   
wouldn’t be too depressing or awkward for sb: (人が)そんなに淋しく窮屈な思いをせずにすむだろう 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 49
居心地の悪い
   
awkward tension: 居心地の悪い緊張 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 149
苦手
   
I always try to avoid that sort of situation, which I find awkward: わたしはこうした状況が苦手で、努めて避けるようにしているのだ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 412
芸がない
   
be strong but one is also awkward: 力は強いが芸がない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 343
骨が折れる
   
be indeed very awkward to do: 〜するのはなかなか骨が折れる マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 122
手ごわい
   
be much too tough and awkward a character for sb to take on: 強く手ごわそうだ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 454
手持無沙汰な
   
We exchanged a few awkward words: それから私たちは二言三言手持無沙汰な会話をした 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 119
粗末な
   
one’s awkward production: (人の)粗末な作 ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 248
答えに窮するような
   
awkward questions: 答えに窮するような質問 レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 176
不格好
   
one’s hands look awkward: (人の)手が不格好だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 192
不恰好さ
   
an awkward gait: 立って歩く不恰好さ 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 83
不器用
   
be a bit shy and awkward: いささか恥ずかしがりやで不器用だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 83
不器用な
   
collide in frenzied, awkward movements: 焦慮の不器用な動きでぶつかり合う 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 45
不細工な
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 330
不自由な
   
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 263
不調法
   
feel awkward: 不調法だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 72
物慣れない感じの
   
awkward girl: 物慣れない感じの女 ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 241
迷惑な
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 259

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

replace awkward ones: 旧套を打破する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 7
with one’s shrill voice and awkward enunciation: すっかりとは舌の回らないキンキン声で
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 17
the conversation grinds to a awkward halt: 会話の流れがとどこおる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 66
no longer feel restrained and awkward: 遠慮がなくなる
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 49
just be too awkward: なんだかせせこましくておかしくて話がすすまない
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 43
it is an awkward mix-up: そのごたごたのあと始末がたいへんだ
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 36
information to cast an awkward light on sb’s assumption: (人の)推論に都合の悪い材料
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 108
I feel awkward telling you this: こんなことはまことに申しづらいのですが
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 30
feel slightly awkward at ...: 〜にかすかな戸惑いを覚える
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 23
feel awkward sitting here: そうしてすわっていると、どこか気づまりだ
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 410
feel awkward about ~ing: 〜するのが憚られる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 61
feel a bit awkward at ...: 〜がきまりが悪い
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 42
be too awkward a fellow to do: 〜するようなさばけた男ではない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 218
be something awkward in between: なにか中途半端な、不安定な存在だ
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 305
be a somewhat awkward athlete: 運動神経は鈍いほうだ
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 438
an awkward unpleasant silence: 気まずい沈黙
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 65
Probably they and Kitz saw eye to eye on the awkward matter before them: おそらく、尋問に先立って彼らとキッツは鳩首談合したに違いない
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 280
swing with an awkward roundhouse, elbow locked: スイングはひじをロックしたぎこちない大振り
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 160
this awkward embarrassing way: こんなぶざまな情けないやり方
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 114
see eye to eye on the awkward matter: 鳩首談合する
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 280
exchange a few awkward word: 二言三言手持無沙汰な会話をする
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 119
But the evenings she organized were awkward and ended early: が、彼女がお膳立てした" コンサートの" の夕べは、どこかしらぎこちなく、ながつづきしなかった
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 47
had begun to produce an awkward tension: 居心地の悪い緊張をかもしはじめた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 149
the awkward trio of semi-strangers: まだ知り合って間のない三人
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 109
ツイート