× Q 翻訳訳語辞典
bear   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜する気になる
   
cannot bear to do ...: 〜する気にならない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 367

ある
   
bear the printed legend of sth: (物の)きまり文句が印刷してある オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 134
bear no relation to ...: 〜になんのかかわりもない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 489
がまんする
   
it is easier to bear up under affliction: つらいにしてもがまんしやすい ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 51
bearing it pretty well, considering: わりとよくがまんして ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 15
こびりつく
   
bear sclerotic rust marks: 錆が硬くこびりつく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 238
こらえ受けとめてやる
   
<例文なし> 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 203
しるされている
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 236
だいじょうぶ
   
can bear anything but the uncertainty sb leave one in: こんな生殺しの気持で置かれるくらいなら、どんなお話だってだいじょうぶ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 44
つくってやる
   
to bear sb company: (人の)道連れをつくってやろうというのだ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 77
つける
   
a bus bearing a vaguely familiar destination: うっすら覚えのある行先標示をつけたバス ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 24
とんでくる
   
bear down on sb: (人のところに)すっとんでくる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 439
ほほえみを絶やさず
   
grin and bear it: つらくてもほほえみを絶やさず スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 57
もつ
   
bear the privilege of exchange in case of duplication: 同じ品が重なった場合には別のと取りかえられる特典をもつ オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 25

一気に燃え盛る
   
an uncoalesced hatred for sb is born: (人に対する)憎悪は一気に燃え盛る スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 191
押してある
   
bear a stamp: スタンプが押してある トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 312
我慢する
   
bear a common cold: 風邪位なら我慢する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 57
堪える
   
can not bear the thought of doing: 〜するのは堪えきれない不幸だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 253
bear one’s suffering in silence: じっと黙って苦痛に堪える フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 89
記された
   
bear sb’s name: (人の)名前が記された デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 13
記す
   
something bearing sth: 〜が記してあるもの レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 197
熊公(後席手の俗称)
   
In the back seat of XX was sb, his bear,”: XXの後部座席には、彼の“熊公”(後席手の俗称)、(人が)乗っている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 8
載せる
   
a small table bearing an empty glass bowl: 空のガラス鉢を載せた小さなテーブル ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 22
思う
   
cease to bear sb a grudge: (人を)悪く思う気がなくなる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 176
乗せる
   
bear sb: (動物が)(人を)乗せる ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 24
生む
   
bear desirable fruit: 良い結果を生む 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 165
生をうける
   
sb born in ...: 〜に生をうけた者 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 178
先天
   
impulse born or taught to sb: 先天後天の衝動 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 505
通る
   
do not bear examination: 検査に通らない ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 86
背負う
   
sb’s cross to bear: 背負わねばならない十字架 ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 156
as though he alone bears all the pain and misery in the world: この世の虐待を一身に背負ったような 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 81
備え
   
contingency sb have not learned how to bear: (人が)備えに欠けている躓き スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 29
平気の平左
   
would bear considerable knocking on the head: 少々頭をなぐられるくらいは平気の平左の男だ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 148
抱える
   
<例文なし> べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 74

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the scar that means one have borne children: 妊娠線
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 10
the market will bear: 時価で
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 63
have been born out of wedlock: 庶子だ
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 48
can no longer bear doing: 〜が嫌だ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 76
born Carlo: 親がつけた名はカルロ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 16
bear up: くじけずにやる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 99
bear up: 耐える
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 33
bear up: 大丈夫だ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 357
bear the sign: 札を掲げる
bear sb’s company: (人の)お供をする
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 109
bear no malice: 悪意のある人間ではない
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 49
bear a hand: いろいろ手伝いをする
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 171
be born into sth: 元来〜だ
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 61
be born in pain: 難産の子
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 30
your tidiness won’t bear much strain: 君のきれいずきもたいしたことはないね
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 137
you’ll just have to bear with me: 勘弁してもらおう
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 250
without sth the cold is more than I can bear: ここは寒帯だから(物でも)置かなくっちゃ凌げない
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 97
will bear it in mind: 承知しておく
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 231
undo all one’s efforts just as they are starting to bear fruit: せっかく実りはじめたものを摘みとる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 88
the thought is more than one can bear: 居たたまれぬ気持ちになる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 72
the ship still bears on her course: 船がそのまま向きをかえず遠ざかる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 285
the piece of paper on the desk bears the message: その言葉は机に置かれた紙にちゃんと残っている
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 41
the fat lips that one had been born with: 持って生れた大きめの唇
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 122
that is how one’s obsession is born: こうして(人は)〜の魔力にとりつかれたのだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 231
tactlessly, stridently, still bear in on sb: 不器用にヒステリックになおも(人に)迫る
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 384
speak of sb, not bitterly or meaning to bear hard upon sb: 悪口だとか、含むところがあって言ったのではない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 46
seem to be bear a charmed life: ピンピンしている
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 249
see if the facts bear out one’s story: (人の)話の裏づけをとる
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 588
one’s moral won’t bear much investigation: (人の)素行に関してほじくればいろんなあらも出てくる
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 145
must have been born with talent: 元来天分があったとみえる
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 8
it would be more than I could bear: どうしていいかわからない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 331
it was all a good deal harder to bear than that: そんなにうまくいくわけがあるものか
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 141
it look like ... might bear fruit: 〜に多少とも成算がある
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 167
it is borne in upon sb that ...: 〜ということを肝に銘じる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 248
is there anyone whose life would really bear close investigation: 私生活を細かくしらべられてほこりの出ない人っているでしょうか
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 212
have to bear a hand: 骨身を惜しまず働かなければならない
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 285
have not been born yesterday: ふん、(人)だってけっこう長く生きてるんだからな
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 232
get pissed like a bear: かんかんになる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 355
fish aren’t born gutted and sliced: はじめから切身の魚はいないよ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 101
find one can’t bear to do: 〜することは(人には)やはりできない
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 83
feel like arguing that sb bear some of responsibility for doing: 〜してきた〜にも責任の一端はある筈だと、いいつのりたい
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 102
expect one can bear it: 覚悟はできてる
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 238
do not really bear on sth: (物)とはあまり重ならない
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 84
circumstantial evidence which seems to bear ... out: 〜はかならずしも無理な憶測ではあるまいと考えるための傍証
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 78
catch sb from behind in a bear hug: (人を)はがいじめにする
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 145
cannot bear to do: 〜するのが苦痛だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 262
cannot bear to ...: 〜するのは忍びない
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 239
can not bear to tell sb: とうてい〜に話す気にはなれない
can not bear to meet sb’s gaze: どうしても視線をそらしてしまう
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 42
can not bear to let a phone go for more than a ring or so: ベルが一度でも鳴ると放っておけない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 155
can not bear the thought of ...: 考えるだけでぞっとする
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 140
can not bear the sight of sb: 顔をみるのも嫌で目をそらす
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 105
can not bear the sight of ...: 〜を見るのが辛い
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 126
can’t bear to stay there: そこに居たたまれなくなる
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 154
bearing it pretty well, considering: ずいぶんと辛抱強いことだ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 15
bear witness to ...: 〜を見せられる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 468
bear with me, will you?: かんべんしてくれ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 307
bear with me a few more months: あとほんの何ヵ月か時間をちょうだい
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 338
bear up proudly in the face of sb: 凛として(人に)面と向かわれる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 101
bear trace of the drunken folly of the pirates: 海賊たちが酔いにまかせてばかさわぎをした跡が残っている
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 259
bear this in mind: このことを思い出す
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 459
bear the mark of a frightening and shameful heritage: 後ろ指をさされるような恐ろしい継承のしるしが焼き付けられている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 523
bear sth in mind: 〜をしっかりわきまえる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 19
bear no return address: 差出人の名が書いてない
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 226
bear no resemblance to sth: 〜とは似ても似つかぬ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 9
bear no resemblance to ...: 〜とは似ても似つかない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 134
bear memory to sb: (人を)偲ぶ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 512
bear every mark of ...: どう見ても〜だ
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 54
bear down toward ...: 〜に吸い込まれていく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 26
bear down on sb: (人に)迫る
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 11
bear down on ...: 〜を踏みつける
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 128
bear away the body to another place: 死骸を移す
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 44
bear a resemblance to sb: (人に)似る
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 239
bear a lot of grief and nastiness: 暗い、いじけた性格だ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 63
bear a distinctly hungry leer on sb’s face: (人の)顔には紛れもない飢えた卑しげな目が光っている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 167
be unable to bear it any longer: こらえきれなくなる
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 107
be unable to bear a strain any longer: 不安にたまりかねる
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 140
be too nervous to bear witnesses: あまり不安でたまらないので、だれにもそばにいてもらいたくない
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 84
be quickly borne in upon sb: じきに(人の)胆に銘ぜられる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 125
be more than one can bear: やり切れない気持になる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 163
be more than I can bear to do: 〜していてもどかしい
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 148
be born who one is: (人は)(人と)して生まれてくる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 71
be born to sb terribly late in sb’s life: (人の)おそろしく晩年の頃の子供だ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 158
be born in ...: 誕生日は〜
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 61
be born and raised in ...: (場所の)出身だ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 96
be born able to do: 生まれついて〜できる
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 140
get sb in a bear hug: (人を)はがいじめにする
グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 36
a bear-backed horse: 裸馬
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 61
bear the brunt of the scandal: 汚名を着る
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 62
celebrated bear hunter: 熊捕りの名人
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 292
can not bear being cooped up with sb: 狭いところに鼻をつき合わせていることに耐えられない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 136
cannot bear to keep open one’s eyes: 目を覆わずにはいられない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 188
It's fate that made you a bear and it's fate that makes me do this work: てめえも熊に生れたが因果ならおれもこんな商売が因果だ
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 293
The mother bear went on staring intently for a while, then said finally,: すると母親の熊はまだしげしげ見つめていたがやっと云った
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 294
struggle to free from sb’s powerful bear hug: もがきながらも(人の)強力なベアハッグを振りはらう
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 123
dumb tonnages of insensible granite that bear their tiny lives in its stone intestine: 石の胎内に彼らの小さな命を孕んだ無感覚な花崗岩の大集積
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 182
Sarah left Gerard and Denys treed by a bear and listened: セアラはジェラードとデニスが熊に追われて木に登ったところで読むのをやめて、耳を澄ました
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 47
I shall bear that in mind: ご忠告を肝に銘じておきましょう
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 384
pace about the room like a bear: 熊のように部屋中をまわる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 132
She probably couldn't bear to chuck him into the street: きっと路上に放りだすのはしのびなかったんですよ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 239
bear a remarkable resemblance to sth: (物と)あまりにもよく似ている
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 5
bear a remarkable resemblance to sth: (物と)そっくり同じだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 135
ツイート