× Q 翻訳訳語辞典
broken   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いかれた
   
with a broken rear spring: リア・スプリングのいかれた ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 239
うちのめされた
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 236
きれぎれの
   
broken cries: きれぎれの叫び声 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 68
きれた
   
a broken lead: きれた導線 ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 102
くしゃっとさせる
   
smile that shy, broken smile of one’s: いつものように気恥ずかしそうに笑い、顔をくしゃっとさせる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 288
くずし
   
broken letter: くずし字 クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 36
そむかれる
   
one’s broken promise: 約束にそむかれた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 154
どうしようもない
   
feel confused and broken: 何がなんだかよくわからない。どうしようもない気分だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 499
ほころびた
   
broken greasy venetian blind: ほころびて油ぼこりの積もったブラインド ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 114

岩だらけの
   
broken ground: 岩だらけの地面 アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 62
言うことをきかない
   
broken wrists: 言うことをきかない両手 スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 60
重傷を負った
   
Sending that broken boy to hospital had only been a gesture anyway: あの重傷を負った若者を病院へはこんだのは、どうせ申しわけでしかなかったのだ マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 34
傷ついた
   
a bird with a broken wing: 羽の傷ついた小鳥 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 276
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 26
絶え絶えの
   
say in a broken vice: 絶え絶えの声で言う ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 66
負傷した
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 248
片言
   
speak in severely broken Japanese: 片言の日本語をあやつる 北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 35
眠れぬ
   
after one’s broken nights: 眠れぬ夜の翌朝 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 116
明けきっていない
   
the dawn not yet broken: まだ明けきっていない朝空 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 42

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

have ... broken: ぽっきり折れる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 149
broken mangled sth: ずたずたに決潰した(物)
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 372
a broken back: ばらばらにくずれおちる
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 86
with a broken neck: 首をへし折って
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 163
one’s broken voice would scarcely answer to one’s call: 声はとぎれとぎれで、なかなか思うように出なかった
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 137
glass from the broken window: 窓からとびちったガラスの破片
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 315
die of a broken heart: 傷心のあまりの死
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 479
a look of broken need on sb’s face: 切実な求めが浮かんでいる表情
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 567
another memory have broken through: 新たな記憶がまざまざと姿をあらわしていた
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 317
without even attempting to find a common language to exchange a few broken words in: なにかお互いにわかる片言を話そうという気も起らず
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 176
sb’s promise is broken: (人が)堅く約束した言葉が嘘になる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 138
the bond is not to be broken easily: そのきずなはやすやすとは断ち切れない
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 201
have broken sb’s code: (人は)掟を破った人間だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 244
be broken into: 泥棒に這入られる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 43
the stillness of ... has never been broken: 〜はそのままの静けさを保つ
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 43
the ice is broken: きっかけをつかむ
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 133
the habits of years are not easily broken: 長年の習慣がそうすぐ変えられるものではない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 81
the conclave is broken up: 密議はお開きになる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 139
sb’s heart is broken: 傷心の思い
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 257
one’s sanity have broken: 精神のバランスをくずした(人)
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 364
broken parts: もげた翅や肢
be broken off by ...: 〜にひきほどかれる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 155
be broken by ...: 〜に邪魔される
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 279
have come from a broken home: 両親、あるいは片親のいない家庭で育つ
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 401
broken-down farmhouse: おんぼろの農家
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 178
broken-down chairs and tables: がたがたの机と椅子
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 153
a broken-down old man on a street corner: 街角の年老いた浮浪者
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 86
broken-limbed:手足を折る
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 149
take the veil to bury a broken heart: 失恋の悲しみを黒服に包む
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 182
have come through it all with no bones broken: 怪我ひとつせずに済んだ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 217
they were the broken twigs along a path that could always be their last: 道筋の折られた小枝--それがいつ彼らの最終の合図になるかわからないのだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 125
The newspaper was crudely printed, with broken type evident hear and there: 新聞はところどころ活字の肩が欠けた粗雑な印刷で、
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 422
"Damn," he whispered to the dawn not yet broken: 「ええくそ」まだ明けきっていない朝空に向かってつぶやいた
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 42
The fifty-year deadlock was broken by the defeat of Japan in the war: こんな半世紀の膠着状態を、敗戦が破った
三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 163
no broken bones are discovered: 別に骨が折れたようすもない
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 54
... in a tangled wreckage of broken steel: 〜して、めちゃめちゃにもつれあう鉄鋼の残骸の山に変える
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 355
be broken by interruptions: 断絶する
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 220
a broken line of willows: 柳並木がとぎれとぎれに顔を出す
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 85
a lost piece of a broken set: こわれた一組のとり残された一個
ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・九つのいのち』(Wind's Twelve Quarters ) p. 239
Now that the ice was, as it were, broken Eunice often went out walking: さてこうして、いわばきっかけをつかんだユーニスは、ちょくちょく散歩に出かけるようになった
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 133
pass through a broken-down gate with stone pillars: こはれた石の門からはいる
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 160
be broken piss off, and without hope: 一文なしで、尾羽打ち枯らし、夢も希望もないような様子だ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 118
rock about on a broken chair: こわれた椅子をぎこぎこ揺する
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 262
the stillness is broken by ...: 寂寥の中に、〜が聞える
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 197
broken strand: ほつれ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 62
in a broken thwart: 腰かけ板がこわれ
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 259
with broken type evident here and there: ところどころ活字の肩が欠けた
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 422
pull its wrist on to the broken pane: その握りこぶしを破れたガラスのところにひっぱってくる
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 36
ツイート