× Q 翻訳訳語辞典
called   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

it can only be called an act of calculated cruelty: あまりにむごい行為といえる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 424
all called or not: 判定はレフェリー次第だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 283
とにかく人を焦らすような女であった: Altogether she was what you would have called provoking
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 95
so-called rights of approval: 任免権だのヘチマだの
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 119
the article is called ...: 記事の題は〜となっている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 197
I returned to my vehicle and called for assistance: 車にもどって助けを呼びました
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 28
may begin with a small molecule called ...: 〜と呼ばれる分子が引きおこすのかもしれない
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 45
'Below!' Nicholls called loudly: 「おーい!」ニコルスは大声で呼ばわった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 411
things might best be called ...: 〜というのがいちばんふさわしい
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 257
Your bluff is called: はったりは通用しないよ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 308
The boy looked uncomfortable, but he called the cashier's name: 青年はとまどっていたが、主任の名前を呼んだ
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 87
He called around, and they won't budge without a Virginia search warrant: 空軍省から連絡をしたことはしたけれど、ヴァージニア州の操作令状がないかぎり、電話会社は腰を上げようともしない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 186
so-called business district: 繁華街と呼べそうなところ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 88
it seems to carry such cachet to be called ...: 〜なんて呼ばれるととてもハクがついていいらしい
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 33
what sb called: (人の)いう〜とやらの
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 436
fear one have called at an inconvenient time: 差しつかえのあるところをお邪魔したのではないか
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 66
He rang the bell again and called 'Herr Leipzig!': 彼はもういちどベルを鳴らしてよばわった。「ヘル・ライプチヒ!」
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 319
called on sb: (人に)協力をもとめる
ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 47
"Ten-hut!" Irvin called: 「気をつけ!」アーヴィンが号令した
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 89
"You want ransom?" Grigoriev called to all of them: 「身代金がほしいのか」グリゴーリエフは全員に向かって声をはりあげた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 452
be called dark-skinned: 浅黒い部類に属する
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 54
'Connie's not coming back, George,' she called as she hobbled ahead of him: 「コニーはもうカムバックしないわよ、ジョージ」彼の前をぎくしゃく歩きながら、大きな声でいった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 254
Eventually, someone called the Sheriff's Office: だれかが保安官事務所に通報したのは、しばらく時間がたってからのことだった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 322
have called sb now without response: 電話してメッセージを残しておいたのだが、何の連絡もない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 147
The quickest zipper in the West, someone had once called him: 手の早さは中西部一、と評した者もあったくらいだ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 158
Tyndall called and leaned back expectantly: ティンドルは名を呼び、こたえを待つようにうしろに身をそらせた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 205
very conveniently be called ...: 〜として片づけられる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 188
the girl called Flora, the new assistant manager: 新しいアシスタント・マネージャーのフローラ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 408
that style is called copperplate: それ、カッパープレート書体っていうのよ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 144
take a called strike: 見送った球をストライクに取られる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 135
sth called ...: 〜なる(物)
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 321
someone called sb: 〜とかいう人
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 156
sb called me for a few favors: (人に)何度か便宜をはかってやったこともある
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 184
sb’s case is called: 開廷が告げられる
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 19
ready to be called up like a file in a computer: いつでも使えるコンピュータのファイルさながら
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 77
object to being called ...: こんな呼ばれ方をすることは本意ではない
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 33
now called ...: 現在では〜と名を変えている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 118
it might be called green: まあ緑色といったところだろう
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 310
it is called ...: 〜というのが、この製品のうたい文句だ
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 328
it’s called ...: 〜という名がついている
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 182
I do not want the police called in: 警察ざたにはしないでくれるな
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 305
get into someplace called ...: 〜とかいうところに侵入する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 119
get called in: 呼び出しくう
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 189
didn’t get to be called ... for nothing: 伊達に〜と呼ばれているわけじゃない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 187
can rightfully be called sth: 〜の名に値する
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 17
called ...: 通称〜という
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 129
called ...: 名づけて〜という
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 283
be called upon: 要請がある
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 193
be called to heaven: 天国へ召される
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 129
be called out in the middle of the night: 夜中に叩き起こされる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 10
be called out: 挑戦を受ける
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 318
be called off: 立ち消えになる
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『女ざかり』(A Mature Woman ) p. 223
be called in swh: (場所では)俗に〜という
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 75
be called crazy: 精神異常だと決めつけられる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 265
be called by newspapers about ...: 〜の写真のことで記者団から質問される
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 258
be called ...: 〜という名前がつく
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 170
be called ...: 〜といったっけ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 138
be called ...: 〜と書いてある
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 248
be called ...: 称する
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 25
be called: 審判の指示にしたがう
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 88
be called: 通用しない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 308
struck out on three called strikes: 三球とも見逃しの三振
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 319
That afternoon, his contact called back and ...: その日の午後、この知り合いが電話をかけてきて、
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 45
It was published in a magazine, now defunct, called Quest: その記事は、いまはもう廃刊になったけれど『クエスト』という雑誌に載ったんだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 171
If you get called in, deny it: もし呼び出しくっても、知らぬ存ぜぬで通すんだぞ
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 189
sb’s stammer was just short of what we would once have derisively called a stutter: (人の)口ごもりはひどく、むかしならどもりと軽蔑して呼ばれたところだ
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 219
Yoshio called a disinterested greeting down the corridor: おかえり! と廊下の角から、芳男の気のなさそうな声が追ってくる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 90
with an expression which may almost have been called eager: 何やら今や遅しと待ち構えていた気配がある
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 71
He essentially called his own pitches: パーネルは、たいてい自分の投げる球は自分で決めるピッチャーだった
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 246
the figure of the sharp female called ...: 例の悍婦〜の姿
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 163
Makiko finally called out: とうとう槙子が声をかけた
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 313
Finally, Steve White called: やがて、スティーヴ・ホワイトから連絡があった
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 6
a grave woman called AA: AAというしかつめらしい女
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 234
Gorsh called as though half-asleep: ゴーシュはねぼけたように叫びました
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 226
..., hardly worthy of being called even ...: 〜ともいえぬような〜
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 28
could hardly have called it a serious invitation: 「何気なく誘った」と言ってもよいくらいのものだ
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 110
He hated it when you called him a moron: あいつはひとから低能って言われるとおこるんだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 71
'Bad professor!' he called down: 「悪い教授だ」男も声をはりあげた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 320
But that's what he called himself, and he always laughed when he said it: ところが、当人はまるで無頓着で、その呼び方を口にしては笑い飛ばしていた
ツイート