× Q 翻訳訳語辞典
cause   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜から
   
cause I‘m wonderin’: おれ、気んなってしょうがねえから トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 334
〜からして
   
cause sb to think of ...: 〜からして〜と考える アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 59

いきさつ
   
the cause of doing is vague: どうして〜することになったのか、いきさつをよく覚えていない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 195
こと
   
for some highly unworthy cause: きわめて愚劣なことのために サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 293
そのため
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 27
ひきおこす
   
cause all kind of commotion: 大騒動をひきおこす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 219
cause a considerable and memorable stir: かなり大きな、人々の記憶に生きつづける波紋をひきおこす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 5
まきおこす
   
<例文なし> 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 17
もたらす
   
cause a sharp movement: 激変をもたらす トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 175
もちだす
   
cause an apparent side issue to lure sb into disclosing sth: 一見なんの関係もなさそうな論点をもちだして〜を人から引きだす フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 109
やらせる
   
cause sb go out to buy sth: (人に)(物を)買いにやらせる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 219
よびさます
   
cause that person to feel envy or unhappiness: 羨望や不幸をよびさます アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 142
よぶ
   
cause concern: 不安をよぶ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 456

起こす
   
cause a commotion: 動きを起こす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 123
起こる
   
cause more trouble than anything else: 一番面倒が起るのは〜の問題だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 73
議論
   
be an old and constantly lost cause: 昔から蒸し返されてきた議論であり、勝ち目がないことは最初からわかっている デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 21
原因
   
without any apparent cause: これという原因もみあたらないのに ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 122
the cause and effect being almost simultaneous: 原因と結果がほぼ直結する ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 208
have varying causes: 原因はさまざまである ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 4
determine the cause of ...: 〜の原因を解明する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 313
can no longer distinguish cause from effect: どっちが原因で、どっちが結果かわからない 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 141
bondage of cause and effect: 原因結果の法則に縛られる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 179
言い分
   
take up sb’s cause with a letter-writing campaign: (人の)言い分を支持する手紙を当局に書き送る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 424
口実
   
have better cause to doing sth: (物事をする)もっといい口実が見つかる カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 65
策を弄する
   
cause ...: 〜しようと策を弄する ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 254
産み出す
   
cause no end of dissension and ill feeling among ...: 〜内部に限りない不和と敵意を産み出す種となる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 82
事情
   
whatever the cause: 事情はどうあれ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 400
   
be a cause of so much discomfort: たいへんな苦労の種だ スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 66
招く
   
cause the death of the other: 相手の死を招く デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 206
食らう
   
sth that would cause one’s license to be revoked: 免許停止を食らうようなこと フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 10
信念
   
sth, devil’s advocate against one’s own cause: 自分の信念にいかに反するものであるか(という〜) エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 36
大義
   
some shitty little queens unfriendly to the cause: 大義を異にする、どこかのしみったれた女の腐ったような手合い ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 95
in a sensible cause: ちょっとした大義のために ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 347
大義名分
   
for this cause or that greed: 大義名分をかかげ強欲を秘めて マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 24
投げかける
   
cause a mild stir: おだやかな波紋を投げかける プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 378
伴う
   
a viral infection causing considerable soreness of the throat: 喉の激しい痛みを伴うウィルス性の病気 メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 79
目的
   
it would not advance our cause to do: 〜するのはわれわれの目的にとってマイナスだ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 84
理想
   
the fact that a man dies for a cause does not make that cause right: 理想のために死んだからといって、その理想が正しいとはかぎらない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 202
for one’s cause: 理想のために ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 42
for a cause: 理想のために サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 293
立てる
   
one’s way is to cause whirlwinds: 何をするのにも波風を立てるのが〜の流儀だ ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 70

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

strong enough to cause pain: 痛いほど
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 254
remote cause: 遠因
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 184
in this cause: この点で一番犠牲になる
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 65
cause sth: (物事の)引金になる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 228
cause panic: 悽愴な騒ぎとなる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 241
cause of death: 死因
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 431
cause needless suffering: いらぬ揉め事を招くだけだ
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 304
cause misery: 意地悪
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 279
cause a scene: 一暴れする
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 322
cause a diversion: 話を逸らす
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 138
... cause hemorrhages: 〜のやりかただと出血がはげしい
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 63
what one saw caused one to do: 〜を見たとたん、〜してしまった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 250
what causes sb to commit suicide: (人の)死因
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 268
though one don’t imagine there is any cause for worry in this case: その心配はないと思うが
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 119
there is cause for ...: 〜にはそれ相当の理由がある
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 134
something abruptly caused sb to interrupt: 何を思ったか、だしぬけに話をさえぎった
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 200
set out in quest of the Grand Cause: 大義へ赴く
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 74
say something that causes sb to suspect that ...: (人が)何かを言って、(人が)それを〜だと取る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 570
no Grand Cause is to be found at sea: 航海の行く手に、大義なんかありはしない
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 74
never cause a scene: 騒ぎを起こすな
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 71
let one’s condition plead for sb, intimating who have caused it: (人の)仕打ちを訴える
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 56
it could not cause any problems for sb: (人に)めいわくのかかるはずもない
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 186
it causes sb physical pain to say that: それを口に出して言うのは肉体的苦痛だ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 40
in the case of sb, this would be cause for concern: (人が)こういうことをやれば、むろんまわりは心配する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 14
I hope we have not caused you too much consternation: 驚かしてなかったらよいのですが
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 395
have the immediate effect of causing sb to freeze: たちまちこちこちになってしまう
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 83
have no cause to doubt: 絶対に大丈夫と思っている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 55
give sb cause to do: 〜のために(人が)〜する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 267
from the look on sb’s face, one knows the thought of ... is causing consternation: 〜の表情の中にも〜する場面が浮かんでくる当惑がういている
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 96
feel emotion caused by ...: 〜によって心を動かされる
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 124
do not want to cause some religious offense: 信心深い民の神経を逆撫ででもしたら大変だ
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 155
consider sb as the cause of all the mischief: このさわぎ全体の張本人は、こいつとしか思えない
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 190
cause varying joy and gloom: 一喜一憂させる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 232
cause trouble for the other dogs: イヌたちの間にごたごたが起こる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 178
cause trouble for sb: (人を)わずらわす
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 185
cause such public excitement: 相当世間の評判になる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 9
cause sth to rise to ... of its own accord: 手を触れずに(物を)〜へもちあげる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 83
cause severe mood swings: 〜すると感情の振幅が激しくなる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 475
cause sb to do: 〜に(人が)〜する
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 426
cause sb to be less valuable to ...: 〜における(人の)立場が悪くなる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 236
cause sb no grief: 格別恨む風もない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 122
cause sb endless misery: (人を)徒に途方に暮れさせる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 336
cause sb acute distress: (人を)悲嘆させる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 292
cause sb a problem: (人に)迷惑がかかる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 72
cause oneself to be represented as dead: わざわざ死んだなど触れ出しやがる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 72
cause one’s chest to tighten: (人の)胸を強くしめつける
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 30
cause much speculation among ...: ああでもないこうでもないと、噂でもちきりだ
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 182
cause much ringing of the handbells that announce special editions of newspapers: 号外の鈴の音の高鳴る
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 406
cause injury to sb: 〜を傷つける
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 98
cause distress of various kinds to one’s friends: あちこちの知人に迷惑をかける
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 74
cause a big stink: 大騒ぎになる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 236
betray the cause behind sb’s back: 不埒な陰口をきいている
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 126
become blindly devoted to a single cause: 一図になる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 38
be the cause of considerable disbelief: 大いに眉つばものと思われている
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 35
be quite happy to sacrifice a genius in the cause of a hundred ordinary people: 百人の凡人のために甘んじて一人の天才を犠牲にすることも顧みない
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 20
be of sb’s cause: (人の)同志だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 179
be not worth the trouble it has caused one: 労多くしてメリットがない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 340
be not without cause for concern: 心配するのも無理はない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 55
be liable to cause bad feeling among others who ...: 〜の者から妙な誤解を受け易い
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 23
AA cause sb to do: AAせいで〜させられるはめになる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 202
a sound causes sb to do ...: それを聞くと(人は)〜する
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 232
... be causing sb considerable alarm: 〜がひどく気になってくる
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 38
’Cause we want you to take part: というのは、おれたちはきみにも参加してほしいんだ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 237
the tears which sb’s affecting accents cause to flow afresh: いやがうえにも感情をかきたてる(人の)言葉つきに新たにどっとわきでる涙
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 193
advance the Communist cause: 共産主義思想を煽る
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 41
tick off objections, devil’s advocate against one’s own cause: 自分の信念にいかに反するものであるかと、ことさらな反対意見を述べる
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 36
almost without cause: これといった理由なしに
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 209
as if sb is the sole cause of the commotion: 騒ぎの元凶は(人だと)いわんばかりに
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 263
cause all sorts of awkwardness: あらゆる種類のごたごたを引き起こす
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 285
cause comment: なにかひと言いわなければ気がおさまらなくなる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 51
secretly I feel sb have cause to complain: 内心、(人の)言い分にも一理あると思う
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 84
cause complications: 面倒を引きおこす
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 229
sneer loose the power to cause sb mental confusion: うすら嗤いは(人の)心をかき乱さずにすみそうだ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 49
They fearless 'cause they crazy: 頭がトチ狂ってんで、怖いものなしなんだよ
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 90
cause difficulty: 〜されては困る
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 232
cause a fair amount of excitement: 血をかなり騒がせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 52
cause sb to freeze up: (人は)固くなってしまう
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 89
some freighted sense of obligation cause one to decline: 責任を感じて〜する気になれない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 66
the cause for one’s hesitation: (人が)後足をふんだ理由
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 15
have imperative of sth’s cause: (物事に対する)揺るがざる根拠を持つ
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 69
cause sb an indecision: 考えさせる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 123
ツイート