× Q 翻訳訳語辞典
color   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
カラー
   
first-page color photo: トップのカラー写真 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 221
be roped in U colors: 大学のカラーに統一された トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 96

血の気
   
color coming slowly back to sb’s face: 顔に血の気が少しずつ戻ってくる ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 103
bring back some of sb’s color: (人の)頬にいくらか血の気がもどる オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 138
彩られる
   
color up with fireworks: 花火が彩る オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 224
照明
   
all the colors in the lounge go from slightly wrong to right: なんだか妙な具合だった店内の照明も正常な光にもどった エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 170
   
splendidly elegant color: なんとも言えない優雅な色 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 56
somewhere in color between A and B: A色とB色の中間 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 140
profusion of color: 色の氾濫 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 277
of indeterminate color: もとは何色だか判らない 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 166
losing sth’s color: しだいに色あせる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 152
find that no two trees have leaves of exactly the same color: 葉の色が一々違っている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 70
color sth have originally been: 〜のもとの色 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
bright the scenery with one’s rich, red color: 重そうな赤い強い色をぽたぽた点じる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 39
bright color: 派手な色 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 461
be not a good color for invisibility: 目に立たぬためには感心した色ではない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 419
be dimming to the color of a burnt pot: 焦げた鍋のような色に変わりつつある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 159
a complex of colors: いくつもの色の集合 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 170
色合い
   
色彩
   
pulse with color: 色彩をはらんでどきどきと脈うつ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 120
bright colors: まばゆい色彩 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
塗る
   
color that dismal, sickly green: 陰気でむかつくような緑色を塗る ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 85
頬を染める
   
color slightly: ほんのり頬を染める O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 92

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

people of color: 黒人
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 213
one’s true color: 正体
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 130
ghastly in color: まったく生気がない
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 242
color sb’s words: 言葉に花を添える
ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 105
with no diplomatic couching or coloring: 外交辞令抜きで
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 95
the skin’s coming off and it’s turned a funny color: 皮が剥けて色が変っている
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 43
the color rise in sb’s face: (人の)顔に血がのぼる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 276
the color drains from sb’s face: 顔色を変える
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 10
the color drain out of one’s cheeks, and one’s smile disappear: 真顔になる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 161
take such aesthetic considerations as the color of ... into account: 〜の色合にまで気をくばる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 22
see the color coming back into sb’s face: 顔色がだんだん良くなってくるのが見てとれる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 532
one’s cheeks now flare with color: 頬はすでに朱を帯びている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 121
one’s cheeks begin to fill with dark red color: (人の)頬はどす黒い赤に染まりつつある
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 312
in one’s colors checking sb out: (人を)さぐるように見ている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 174
improve one’s natural color: 皮膚の色つやが良くなる
hard color comes into sb’s cheeks: (人の)頬に血がのぼる
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 220
gaily colored plastic bags: にぎやかな原色のビニール袋
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 55
drain one’s complexion of color: 脱色される
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 179
color sb from the same palette of murky feelings: (人は)いつもおなじ陰鬱で複雑な感情を味わう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 128
color have faded from ...: 〜から血の気がひく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 122
be small and soberly colored: 形も小さく、地味である
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 11
arrange the blanket, a faded green military color: 軍隊で使うような色あせた緑の毛布を身体に巻きつけなおす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 371
add color and spice to one’s life: 生活をいろどり暮らしをぴりっとさせてくれる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
a wife of color: 現地人の妻
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 250
take such aesthetic considerations as the color of their spines into account: 背表紙の色合にまで気をくばる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 22
old home imbued with antique color: 古色じみた家
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 66
one’s ashen color returns to its former robust hue: 青白かった顔も元の健康そうな血色を取り戻す
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 217
cold have brought a flush of color to one’s cheeks: (人の)頬に、寒気のためかうっすらと血の気が浮いている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 187
decorator color: 趣味の良い上品な色
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 37
take on such a disgusting color: こんな嫌な色になる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 190
exact color: そっくり同じ色
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 65
the fascination with color: 色彩に対する興味
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 18
color harmony: 色の配合
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 56
almost heavy color: くどいほどのいろ
三島由紀夫著 モリス訳 『金閣寺』(The Temple of the Golden Pavilion ) p. 26
a swarm of people of every skin color imaginable loafs and loiters: 黒いのや褐色のや閑そうな連中がウヨウヨたむろしている
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 36
precisely match the color of one’s eyes: (人の)瞳の色とまったく同じである
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 57
sb’s no-color eyes: 判じかねる目の色
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 45
I noticed one whose hair color was slightly different from the others.: そのなかにいくらか毛色の変わったものが見つかった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 118
off-color story: 猥談
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 238
a pale yolky color: 淡い卵黄色
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 128
same color is plain around keystone of each arch of ...: 〜のアーチの要石もみんな同じ色のモルタルで塗りかためられている
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 13
here is a riot of color and movement: ごっちゃな色彩と動揺とがいっぺんに目のなかに飛び込んでくる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 75
a riot of color: 彩りゆたかな
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 6
a somber color: 沈んだ暗い色
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 183
ツイート