× Q 翻訳訳語辞典
comment   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
しっぺ返し
   
start to make a wiseass comment: サビのきいたしっぺ返しを口にしかける バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 50
せりふ
   
judging by sb’s comments: (人の)せりふからすると トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 106

コメント
   
venture a comment: コメントをこころみる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 283
unspoken comment: 無言のコメント トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 272
sb’s comments and observations are insightful: (人の)コメントと感想が当を得ている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 592
offer no comment: コメントは差し控える トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 202
disdainful comments: 芳しからぬコメント トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 319
コメントを残す
   
can not really comment on ...: 〜についてきちんとしたコメントを残せない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 304

挨拶
   
sb’s comments are half-hearted and bored: 口の先でいい加減な挨拶をする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 214
意見
   
trade quiet comments: 小声の意見を交わす クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 211
make a comment: 意見をいう プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 316
意見を述べる
   
she commented: 姉が意見を述べた プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 403
一文
   
<例文なし> 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 33
一本釘を刺す
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 34
何かひとこという
   
can not help commenting upon it: 何かひとこといわずにいられない ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 95
何かを言う
   
She waited for one of us to comment: 彼女は我々のどちらかが何かを言うのを待っていた カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 47
感想
   
No questions, but one comment: 質問はないけど、感想はあります 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 195
make even coarser comments on ...: 〜に野卑な感想を述べる カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 53
感想を言う
   
May I comment: 私の感想を言っていいかしら? 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 63
感想を述べる
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 41
見解
   
make an astute comment about the world economy: 世界経済についてするどい見解を披瀝する フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 30
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 35
言う
   
stroke sb’s cheek and comment on its smoothness: 頬をなでて、きれいな肌だなどと言う ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 40
comment wryly: 皮肉な口調で言う デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 173
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 127
言うこと
   
immediate comment: いま言うこと ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 60
言われる
   
take comment after comment from people: 多くの人々からずいぶんいろんなことを言われる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 523
言葉
   
hardly call for comment: もはやいうべき言葉がない マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 100
frequent comment: 始終聞かされる言葉 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 103
"Summing up, gentlemen," said Cavalli, ignoring the comment: 「かいつまんでいうと」と、キャヴァルリがその言葉を無視していった ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 134
言葉をはさむ
   
Enderby commented with satisfaction: エンダビーはうれしそうに言葉をはさんだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 371
口に出されること
   
without comment or thought: 口に出されることも思考にのぼることもなしに ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 131
口調に
   
comment wryly: 口調に皮肉が混じる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 436
助言
   
make detailed comments: 行き届いた助言を与えてくれる セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 354
訊く
   
comment to sb about sth: (何かについてだれかに)訊く デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 73
注釈
   
What on earth does that cryptic comment mean?: いったいこの謎めいた注釈は何だ? ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 130
当てこすり
   
sb’s trite comments about ...: (人の)使い古しの当てこすり マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 69
批評
   
refuse to make any comment: それ以上の批評は少しも加えない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 69
非難する
   
neither man comments on sth: (物事)についてはどちらも非難も弁解もしない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 253
文句をいう
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 468
聞く
   
smile at sb and make some such comment as ...: 笑いながら〜と聞く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 218
論評
   
further comment: これ以上の論評 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 60
話題にする
   
comment on sth: 〜を話題にする トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 134

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

whispered comment: 囁き
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 26
in the panel reserved for miscellaneous comments: 備考欄に
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 361
have no comment: 何も言わない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 220
have no comment: 発言を控える
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 28
comment on ...: 〜の点をつく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 322
comment light-heartedly: 茶化す
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 10
cause comment: なにかひと言いわなければ気がおさまらなくなる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 51
not even sb can do without arousing adverse comment from other people: さすがの(人)も〜するのでは、何を言われるか分かったものではない
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 448
never make comments on ...: 〜については触れない
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 413
make only a few sarcastic comments about ...: 〜をやんわり皮肉る
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 251
make another unexpected comment: もうひとつ意外なことを言う
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 197
make a curious comment: 妙なことを言う
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 496
invite ridicule and provide material for ribald comment: 恰好な笑い話、ゴシップの種とされる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 371
have a comment to make about ...: 〜についていいたいことがある
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 319
had the comment “classified” on it: 秘密区分の指定を受けている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 60
comment on ... not disparagingly, but in wonder: けっしてえらそうな言い方ではなく、たんに問いかけただけ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 95
before sb has chance to comment: (人に)うむをいわせずに
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 350
at sb’s next comments: (人が)つぎになにかいうと
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 171
“...,” sb’s emphatic comment: 力をいれてうけあう
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 248
an appropriate comment on the fickleness of human constancy: 人間の持続性の頼りなさにたいする、またとない批判
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 84
have the comment “classified” on it: 秘密区分の指定を受けている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 60
“...,” is sb’s emphatic comment: 力をいれてうけあう
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 248
The listener from Portland said that first he would like to make a comment: その前に意見をいわせてほしい、とポートランドのリスナーはいった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 316
Stern smiled amiably, but naturally offered no comment: スターンは愛想よくほほえんだが、当然ながらコメントは差し控え、
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 202
will only comment that ...: ただこう答えるにとどめる
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 184
make the same comment about ...: 〜ついて〜な言葉を繰り返す
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 213
scathingly comment on ...: クソミソに悪口を言う
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 20
unfair comment: 不遜に聞こえる
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 163
ツイート