× Q 翻訳訳語辞典
depth   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
かげ
   
in the blue shade of the forest depths: 林の奥の薄青い木陰 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 163
どん底
   
be in the depths of despair: 絶望のどん底にいる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 42
やるかたない
   
the depth of frustration that sb’s voice conveys: 憤懣やるかたないその声の調子 デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 38

奥底
   
in the depths of one’s confused mind: 混乱した心の奥底で スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 232
奥行き
   
depth perception: 奥行き感覚 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 121
   
in the depths of the house: 家の奥のほうで スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 126
煮えたぎるような
   
depth of resentment that Bombay harbored for sb: ボンベイに渦巻く(人への)煮えたぎるような憎悪 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 47
深い思慮
   
a worldly adult depth: 世の中を知りぬいたおとなの深い思慮 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 81
深さ
   
depth of one’s respect: 畏敬の深さ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 123
深み
   
descend to the depths of ...: 〜の深みにはまる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 92
cost the original stories none of their depth or wonder: 原典の驚異や深みをいささかも損なわない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 274
真摯
   
   
see the depths of despair: 絶望の淵をのぞく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 449
from the depths of phenobarbital slumber: フェノバルビタールの微睡の淵で ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 5

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the depth of one’s commitment: 信念
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 74
take depth soundings: 音響測深をやる
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 51
lack depth: 層が薄い
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 219
in the depth of night: 真夜中に
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 112
blue depths: 奥ぶかい空の青み
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 47
the feeling of sliding irresistibly downward, down into the depths: すっと奈落へ落ちて行くような心地
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 267
the depths of the Arctic: 北極海の深淵
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 355
see through sb to the wicked depths of his soul: 〜のハートのいやな部分までお見とおし
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 394
pretend to a non-existent depth of piety and breadth of learning: 偉大な敬虔と深遠な知識とで偽装している
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 353
plummet to new depths: いままで経験したこともないようなどん底に叩きこまれる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 294
murky depths of the water: 暗い水の中
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 124
deliberate in some depth: かなりつきつめて考える
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 230
be out of one’s depth: 圧倒される
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 412
... stir sb to the very depths of sb’s being: 〜ほど(人の)心を動かしたものはない
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 35
She had found the killer--and her depth-charge racks were empty: 殺人者を発見したのだ--だが、その爆雷架はからっぽだ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 334
the entire floor is awash to a depth of ... in sulphuric acid: 床一面深さ〜の硫酸の海にする
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 157
lack depth on the bench: 野手の層が薄い
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 219
lack depth in the bullpen: 投手の層が薄い
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 219
depth-charging:爆雷攻撃
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 332
the depth of some divine despair: 清らかな絶望の底
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 45
the depth of one’s commitment there seems no doubt: 信念は揺るぎない
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 74
a groan from the depth of a human heart: 心の底の呻き
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 159
the bottomless depth of human neediness: 人間の底知れぬあつかましさ
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 101
a beautiful note of strength run in its depth: その底に一筋の美しい強さが通っている
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 24
be as silent as the ocean depth: 誰にもいわない
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 46
depth-charge rack: 爆雷架
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 334
the depth-charge rails: 爆雷架
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 151
serious songs, songs with depth: 深みのあるすぐれた歌
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 6
ツイート