× Q 翻訳訳語辞典
distant   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜の距離にある
   
be almost a mile distant: ほとんど一マイルの距離にある マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 334

うちとけない
   
with something distant in ...: 〜にはどこかうちとけない感がある クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 96
かすかな
   
the distant crash of cans: 缶のつぶれるかすかな音 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 155
どこまでも遠く
   
deep and distant: 深く、どこまでも遠く 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 13
はるかな
   
from one’s distant past: はるかな昔の 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 72
はるか彼方の
   
a distant mountain: はるか彼方の山 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 174
a distant gunshot: はるか彼方の銃声 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 363
ぼんやりと
   
one’s voice taking on a distantthoughtful quality: ぼんやりと考えこむようにいいながら マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 50
むこうのほうに立っている
   
fling one’s stone at a distant stalk: むこうのほうに立っている草の茎めがけて石を投げる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 127
よそよそしい
   
be casual and distant: その場かぎりのよそよそしいものだ レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 31

意識が遠のく
   
in a distant preoccupied sort of way: 意識が遠のき心がさらわれていく気分をおぼえながら スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 190
遠い
   
can get very distant: すごく遠い感じ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 137
遠く
   
seem so distant: ものすごく遠くにいるみたいに感じられる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 525
遠くの
   
distant fireworks: 遠くの空に上がる花火 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 125
灰色の
   
the grey and distant figure of sb: (人の)遠い灰色の影 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 444
距離
   
become more distant from sb: (人)から意識的に距離をとろうとする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 426
距離をおいて
   
view ... from a more distant perspective: もっと距離をおいて〜を眺める トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 221
小さく
   
give a distant nod: 小さくうなづく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 365
心ここにあらずという様子
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 145
疎遠に
   
grow distant from ...: (人と)は疎遠になる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 468
他人行儀な
   
seem too distant and cold: あまりにも他人行儀な気がする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 474
日頃疎遠な
   
sb be distant: 日頃疎遠な相手 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 257
薄らいでいる
   
be distant now: もう薄らいでいる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 492
漠然と
   
have considered sth in a distant sort of way: 〜を漠然と考えたことはある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 406
無愛想な
   
a kindly distant man: ありがたいことに無愛想な男 ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 252
遙か
   
it is no more real to sb than a distant scene: 遙か先の距離に望まれるだけだ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 154

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

distant relative: 縁の薄い人間
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 210
be very distant: ごくまれだ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 26
be distant cousins: 遠縁に当たる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 85
a distant landscape: 遠景
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 16
think it over in one’s dim, distant way: 霧がかかって気の遠くなりそうな頭で(人は)あらためて考えなおす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 189
the most distant or inaccessible par: どんな辺鄙な
大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 15
take the more distant route: 遠まわりをする
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 21
seem like a distant memory: はるかにずっと昔の風景のように思われる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 219
sb’s face is pale and still and distant: (人の)顔は青ざめ、茫とした表情だ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 125
its last distant reverberation in the mountain vastness: 広大な山地にかすかな残響をどよもす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 107
in the distant past: 若い時分は
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 187
in that rather distant tone of voice: 客観性を帯びた調子で
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 53
in a distant corner of one’s heart: 心の奥底の一点で
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 9
hear the distant bellow of one’s voice: (人の)声にうなるようなひびきがこもるのを耳にする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
grow distant from sb: (人と)との関係が冷えきっていく
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 42
grow cold and distant to sb: (人に)対しよそよそしい子になる
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 144
distant part of the Milky Way: 銀河のはずれ
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 134
be on pretty distant terms with one another: 互いににらみ合いをつづけていた
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 89
a distant view of close things: 近くのものを遠くに見る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 174
distant beating of the military drums in ...: 〜で鳴らす軍隊の太鼓の音
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 337
reach sb only in distant bursts: 断続的にかすかに聞こえる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 108
a dull distant clanking: けだるくて遠い、がらんがらんという音
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 120
rendezvous and sneak off to a distant clearing in the forest: 手をとりあって森の空き地へしのんでいく
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 71
corner of a distant land: 遠い地の果て
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 325
Their heretical Scottish history drew them to distant churches, he decided: きっとスコットランドの異端の歴史が、彼らを遠くの教会にひきよせるのだ、と彼は断じた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 64
die to a distant murmur: 遠いささやきになってとぎれる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 385
dredge up the names of distant relatives: 遠縁の親戚の名前を引っぱり出す
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 100
We rode off to a distant beach and returned that evening, exhausted: 我々はずっと遠くの海岸まででかけて、夕方にくたくたになって戻ってきた
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 189
Glory's attitude toward him was becoming distant even impatient: グローリーの彼にたいする態度は、このところとみによそよそしく、邪険にすらなっている
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 163
and to Brian's ears he sounded impossibly distant: その声は信じられないほど遠くから聞こえてきた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 40
the individual becomes distant: 人情から遠くなる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 141
infinitely more distant: 何層倍も過去
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 118
lulled by the music and distant laughter: 音楽と遠くのさんざめきが耳にこころよく
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 332
I took up the receiver and a distant muffled voice said:: 受話器をとると、遠いかすれたような声が聞こえてきた
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 60
look into the distant night: 遠い夜景を眺める
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 103
The pain was distant now: もう悲しみは薄らいでいた
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 492
roosters rant in distant yards: 雄鶏が遠い中庭でトキをつくっている
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 34
what have vanished reappear out of the distant past: 古い過去がひょっと浮かんでくる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 132
When I recovered, I heard the distant footfalls of the running man: 気がつくと、遠くを男の駈けていく足音がした
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 95
rendezvous and sneak off to a distant clearing in the forrest: 手をとりあって森の空き地へしのんでいく
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 71
tend to treat with distant respect: 一目おいて接している
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 521
the pleasing, distant roar of Broadway: はるかなブロードウェイの快いざわめき
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 194
ツイート