× Q 翻訳訳語辞典
doubt   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜ないと思う
   
doubt a woman would understand: 女にはわからないと思う 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 39

あまり期待できない
   
doubt ...: 〜ならいいのだが、あまり期待できない ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 17
さぞかし
   
no doubt sb will say plenty: さぞかしさかんにまくしたてるだろう ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 31
しか
   
be no doubt left to think that ...: 〜としか思えない 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 14
たぶん〜してはいまい
   
doubt ...: たぶん〜してはいまい ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 165
でしょう
   
I doubt that it will be ... yet: 〜にはならないでしょう 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 20
どうかな、と思う
   
Charlie doubted it: どうかな、とチャーリーは思った フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 19

ウソだと思う
   
doubt sb: (人の)いうことをウソだと思う カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 88

楽観してない
   
doubt that ...: 〜だと楽観してない エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 290
感覚
   
a subtle doubt assail sb: (人は)微妙な感覚に襲われる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 97
間違い
   
no doubt about that: それは間違いない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 105
疑い
   
the sense of doubt and limitation: 疑いの念と無力感 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 167
the doubts start to creep in: 疑いが湧いてくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 268
remove some of one’s doubts: 疑いも少しは晴れる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 390
one’s doubts rises: 疑いが頭をもたげる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 195
have no doubt: つゆ疑いをもたない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 194
feel the perpetual nature of doubt: しつこい疑いにとりつかれている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 306
don’t doubt it a bit: 一点の疑いもいだかない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 356
dash any final doubts: 最終的な疑いを打ち砕く トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 237
brush aside one’s doubts concerning ...: 〜の疑いを何処かへ葬むる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 30
疑いの色
   
doubt hinged in one’s eyes: 目に疑いの色がある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 249
疑う
   
had no doubt anymore why ...: 理由を(人は)もはや疑わなかった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 257
begin to doubt sb: (人に)疑いが起こる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 159
疑る
   
have come to doubt everybody: 人を疑りつけている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 83
疑わしき
   
give sb the benefit of the doubt: 疑わしきはいいほうに解釈してやる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 122
疑義
   
despite substantial doubts about sb’s guilt: その罪状に大いに疑義がもたれていたにもかかわらず ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 411
疑点
   
there is not even a shred of doubt: 疑点は塵ほどもない 松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 158
疑念
   
have no doubt whatever: 一片の疑念も持たない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 389
be full of the usual doubts: 当然ながら心は疑問でいっぱいだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 32
疑問
   
there is no doubt about ...: 〜については疑問の余地がない ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 458
there is little doubt of the substance: 内容にまず疑問の余地はない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 503
have little doubt that ...: 〜ということに、疑問を挟む余地はほとんどない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 489
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 417
疑問に思う
   
I doubt whether ...: 〜かどうか疑問に思う ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 216
疑惑
   
experience doubt from another quarter: 別の疑惑が生じる 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 309
doubt begins to seep in: 疑惑のさざなみがじわじわと忍びよりはじめる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 151
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 27
疑惑の影
   
cast doubt: 疑惑の影を投げかける バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 130
恐らく
   
doubt that ...: 恐らく〜じゃないでしょう 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 32
思えない
   
doubt whether ...: 〜とは思えない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 328
首をかしげる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 81
否定論
   
doubts about sth: 〜の否定論 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 322
不安
   
there is constant doubt that ...: 〜という不安を始終抱く メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 91
不審
   
answer with a note of doubt in one’s voice: 不審そうに返事をする 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 59
迷い
   
<例文なし> バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 233
迷う
   
not much doubt about that: これは迷うことはない ハイスミス著 小尾芙佐訳 『風に吹かれて』(Slowly, Slowly in the Wind ) p. 193
Tweet