× Q 翻訳訳語辞典
dread   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
おびえる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 175

厭う
   
the dreaded summer is approaching: 夏の訪れを厭う 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 131
気兼ね
   
a mysterious dread of sb by which one be constantly haunted: (人が)絶えず妙におびえていたらしい、(人)への気兼ね ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 314
恐れて
   
be in constant dread of being done: 〜されるのを絶えず恐れている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 21
恐怖にとらわれる
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 202
恐怖をいだく
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 131
心配する
   
sit around and dread the next kindred disaster: 次は家族の誰が面倒に引き込まれるのかといちいち心配する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 539
怖気をふるう
   
be a monster much dreaded: 恐るべき怪物として、すっかり怖気をふるわれている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 284
望まない
   
dread most: 最も望まない 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 140

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

shudders of dread: 戦慄
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 176
with the dread certainty that ...: 〜と覚悟を決めた
カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 93
with a searing sense of dread: 不吉な胸騒ぎを覚えながら
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 71
look round at the others in real dread: おそるおそる一座を見まわす
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 277
live on awe and superstitious dread of ...: 〜をあがめ、迷信に根ざした深い畏怖をいだいて暮らしている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
it is with great astonishment, and with a strange, inexplicable dread that ...: 驚いたも驚いた、奇怪千万にも〜
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 26
hold sth in absolute dread: 〜が頭痛のたねだ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 283
dread the thought of doing: 〜するのを鬱陶しいと思う
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 136
dread starting all over: また一からやり直すのは気が進まない
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 136
three tumbrils faring away with their dread loads over the hushing snow: 囚人護送馬車が三台、恐ろしい荷物を満載して、静まり返った雪の上を進んで行く
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 175
dread sb’s clever-edged tongue: (人に)手きびしいことをいわれるのではないかと不安だ
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 179
can not shake off the vague feeling of dread: 漠然とした恐怖感がずっと尾をひく
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 134
ツイート