× Q 翻訳訳語辞典
either   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
かといってまっとうでもない: But he's not straight either
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 412
これまた:either
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 385
よっぽどの正直ものか、さもなければ、念のいった馬鹿か、と内心首をかしげる: figure sb be either honest or stupid
フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 47
さりとてのんきにしてもいない: be not casual about things either
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 33
しょせんは焼け石に水だ: not be enough, either
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 297
ときにはひとりで、場合によっては(人と)連れだって: either alone or with sb
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 199
どちらにせよ: in either case
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 362
どちらにせよ: either way
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 158
どちらの側にも属したくない: be unwilling to play for either side
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 189
どれ一つとってみても羽ぶりのよい超大企業である: These companies don't have dinky budgets, either
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 205
どんな結果をも受け入れる気になる: prepare to take the consequences either way
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 534
やはり:either
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 54

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

どっちにとっても: to either party
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 257
さりとて〜でもない: not ... either
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 186
いずれにせよ: in either case
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 38
どっちへ転んでも: either way, ...
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 78
〜かどうかは、もう気にしないことにする: either way
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 138
いずれにしても: either way
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 10
いずれにせよ: either way
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 84
それにしても: either way
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 433
とにかく: either way
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 47
どっちに転んでも: either way
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 137
まあどっちでもいいけど: either way
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 325
それもこれも: either of those
二人の男: either of these men
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 162
理由はなんであれ: either for ...
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 49
〜はもうひとつある: there is something else ..., either
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 360
それも、今日にはじまったことではない: that is ..., and not for the first time, either
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
両側をはさむように坐りながら、ひと言も話さない: sit silently on either side
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 117
(人)にしても〜だ: sb do ..., either ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 228
(物を)右に左に撥ねのける: push sth away to either side
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 107
双方快くお別れする: part without ill-blood on either side
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 149
右にも左にも: on either side of sb
ル・グィン著 佐藤高子訳 『風の十二方位・グッド・トリップ』(Wind's Twelve Quarters ) p. 188
意識的にであれ無意識のうちにであれ知っている: either knowing or intuiting
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 217
道はふたつにひとつ、AかBか: either A or B
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 22
A あるいは B: either A or B
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 23
〜か、逆に〜: either ... or ...
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 133
〜でなければ〜: either ... or ...
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 26
〜でも〜でもいい: either ... or ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 80
〜にも〜にも: either ... or ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 86
〜のみならず〜も: either ... or ...
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 312
〜もしくは〜: either ... or ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 145
あるいは〜しあるいは〜する: either ... or ...
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 90
おそらく〜、もしくは〜: either ... or ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 145
一つは〜であり、一つは〜である: either ... or ...
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 86
くだらなさにおいては〜も、みな似たり寄ったりだ: care not a fig for ..., either as far as that goes
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 308
今、ここで番人として口出しすれば、もう友だちでいることはできない: can either be one’s jailer or one’s friend
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 177
かといって、〜するのは避けたい: ..., but sb doesn’t want to do either
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 156
医者や子供たちがなにを言ってもまったく無駄だ: neither sb’s doctor nor sb’s children is able to reason with sb in any way at all
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 133
〜でも〜でもないのに: although one actually experience neither ... nor ...
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 99
どちらの男も口に出して認めたくはない: neither man wants to admit openly
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 47
私たちは顔を見あわせた。だが、どちらも動かなかった: We looked at each other and neither of us moved
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 179
どちらも用件を切りだしにくそうにしている: neither of whom seems anxious to explain one’s presence
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 132
どちらが予期したよりも長広舌になる: one’s speech has run for a deal longer than either of sb apparently expected
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 225
(人の)様子には〜したことをうかがわせるそぶりはまったく見られない: there is nothing in either sb’s appearance or manner to indicate that sb did ...
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 67
向かうところ、この世に敵なしさ: fear neither man nor beast
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 255
みっともないし、機智があるわけでもない: have neither beauty nor wit
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 66
どちらのやり方でも、所得はいったん減少し、そのあと上昇に転じるだろう: On either track, real incomes will fall before they rise
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 150
「これもわからんな」sbは(sbの)顔色などかまわずに、ぼそりと言う: “We didn’t have much luck there either” sb state bluntly
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 161
ネオンもテレビも売物にしていない: boast neither neon nor television
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 11
マッコードの自宅も会社も応答はなかった: There was no answer at either McCord's home or his business
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 24
それも考えたことはない: that certainly isn’t our intention either
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 71
教会の通路をはさむ結婚式の両家よろしく、それぞれ寄り固まっている: cluster like nuptial families either side of the church aisle
ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 35
AAもBBも〜にはあまり役にたたない: neither AA nor BB is of much help when it comes to sth
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 53
(物事)についてはどちらも非難も弁解もしない: neither man comments on sth
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 253
物理学的にも常識から云っても: either in scientific terms or in terms of common logic
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 154
ふせぎようもないし、苦情のつけようもない: can neither resist nor complain
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 25
どちらか片方だけでも負け戦につながりかねない傷だ: either one of the cut can have cost him the fight
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 251
AともBともつかぬ: could be taken either as A or B
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 13
こっちだって手の指と足の指を総動員しても数えきれないほど〜: neither of us have enough fingers and toes to count ...
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 276
自分を責めてるわけじゃないけど、胸を張る気にもなれない: be not crazy about ..., but be not eating oneself up, either
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 477
水曜日にくらべて、梱包を解かれたり新たに入荷したりした品物の数はずいぶんふえていた: More stock had been either unpacked or delivered since Wednesday
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 184
激することもない: display neither heat nor passion
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 14
Aされようと、Bされようと、〜はお構いなしだ: neither A nor B can override what drive them on
物に憑かれたか、何かに腹を立てたかして: out of either eagerness or outrage
A一本槍もB一本槍も世渡りの法としてはうまくいかない: neither A or B is effective as a single guiding principle
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 73
いずれにしろ:either way
辞遊人辞書
道の両側で眼をとばして突っぱらかってる: set up at either end of the street
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 238
(人の)罠にかかるか、嗅ぎつけられて弱身を握られるかだ: sb either engineer or find out about
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 105
(物が)〜の両端を隠す: be engulfed at either end by sth
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 44
どちらにせよ: in either event
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 340
暑い日に立ちうごく服装でも体型でもなく、: She was neither dressed nor built for exertion on a hot day,
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 8
両頬: either side of sb’s face
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 151
球界の速球王: the fastest pitcher in either league
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 11
中肉中背: medium height, neither fat nor thin
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 40
前後左右を: for and aft and on either side
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 357
旅のあいだ口もきかず、甘い顔も見せない: be neither talkative nor forgiving for the journey
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 22
古株だからコネをつけているからといって: seniority or friendship, either one
カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 116
その顔はうすら笑いとも嘲笑ともつかぬ嗤いをうかべていた: It wore an expression that could be taken either as a grin or sneer
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 13
彼女も言葉に窮しているらしかった: I guess she didn’t know what to say either
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 49
(人の)姿はちらりとも見ていない: see neither hide nor hair of sb
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 364
それはいま関係ない: that’s neither here nor there
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 248
たいした問題ではない: be neither here nor there
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 191
この件で、おまえにゴタゴタがおよぶようなことはさせないからな: You're not going to get hit with the shit on this, either
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 84
(人に)とっても(人に)とってもそんな話は論外だ: neither sb nor sb tolerates the idea
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 383
どちらの役にも似つかわしくない: be ill-suited to either part
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 70
(人に)あわれみの目を向けることはないし、さぐりの目色を見せることもない: turn upon sb a look neither of pity nor of inquiry
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 14
ちょっと意地が悪い: be not too kindly either
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 68
牛も(人)も、〜べきか決めあぐねている様子だ: neither the cow nor one seem to know ...
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 155
(人も)(人も)〜のことを腹の中におさめて、おたがい、おくびにも出さない: neither sb nor sb ever let on to the other that either knows about ...
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 313
左右をたしかめもせずに: look neither to the right nor to the left
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 130
(人も)頓着しなければ(人も)すましたものだ: make nothing of sth and neither did sb
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 142
何の邪心も虚飾もない: there is neither malice nor pretence
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 166
ツイート