× Q 翻訳訳語辞典
embarrassment   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ありあまる
   
embarrassment of sth: ありあまる〜 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 131
うろたえる
   
to sb’s embarrassment ...: 〜に(人が)うろたえる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 403
flushing with embarrassment: うろたえたように顔を赤らめる デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 100
きまり悪さ
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 289
くすぐったいような
   
with a feeling of embarrassment: くすぐったいような気持で 安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 26
てれ
   
to cover one’s embarrassment: てれ隠しに 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 59
てれる
   
nod vaguely in embarrassment: てれてあいまいに首肯する 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 161
とまどい
   
Reading Cherry's name hurt and now caused a curious embarrassment as well: チェリーの名前を見ると胸が痛み、妙なとまどいもおぼえた レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 398
とまどう
   
one’s embarrassment seems genuine: 心からとまどっている ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 119
なにか
   
feel a slight embarrassment at ...: なにかうしろめたい心情を伴って 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 119
はにかみ
   
suppress one’s embarrassment: はにかみをおさえる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 159
はにかむ
   
speak with some embarrassment: はにかむように言う 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 32
ばつの悪い思い
   
as often happened to everyone’s embarrassment: こういうことはよくあって、たがいにばつの悪い思いをするものだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 312
ひんしゅく
   
be an embarrassment to sb: (人の)ひんしゅくを買っている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 328
ぶざま
   
be an embarrassment: ぶざまそのもの ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 379

バツの悪さ
   
an embarrassment that ...: 〜したバツの悪さ ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 60

臆面
   
without embarrassment: 臆面もなく ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 196
間の悪い思い
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 19
気まずい
   
trade a look of mutual embarrassment: 互いに気まずい表情を交わす クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 224
気まずさ
   
to everyone’s embarrassment: 何とも気まずいことに ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 18
気遅れ
   
<例文なし> 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 54
窮屈
   
feel no acute embarrassment: さほどの窮屈は感じない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 17
言いにくそうに
   
say with embarrassment: 言いにくそうに言う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 373
困惑
   
the penalty for failure is embarrassment as well as pain: うまくやりこなせないと、(人は)苦痛とともに困惑をおぼえざるをえない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 196
自尊心が傷つく
   
be clearly a great embarrassment to sb: (人)の自尊心が大きく傷ついたことは疑いありません カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 89
失態
   
major embarrassment: 大失態 ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 268
手間
   
save the embarrassment by doing ...: (〜する)手間をはぶく フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 427
照れ
   
to cover one’s embarrassment: 照れかくしに 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 136
身のおき場がない
   
fidget in embarrassment: 身のおき場がなくてもじもじする バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 79
恥ずかしさや気づまり
   
sb’s embarrassment: (人の)恥ずかしさや気づまり 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 89
恥辱
   
The embarrassment must've turned a screw in his head: その恥辱は彼の頭の中にねじをぎりぎりと差し込んだに違いない オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 141
都合の悪いこと
   
be an embarrassment to sb: (人にとって)都合の悪いこと ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 341
当惑
   
cringe with embarrassment: 当惑まじりにうんざりする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 271
不安におびやかされる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 61
負い目
   
feel acute embarrassment: 負い目を感じる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 223
迷惑
   
it’d be a huge embarrassment for sb: もしかすると(人にも)迷惑がかかるかもしれない 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 162
迷惑がかかる
   
embarrassment potential: (自分の側に)迷惑がかかる危険性 フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 179
面目
   
save sb embarrassment: (人の)面目を救う デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 134
目の上のたんこぶ
   
be rid of the sb embarrassment: 目の上のたんこぶの(人を)排除する ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 193
厄介なこと
   
potential embarrassment: 厄介なことになる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 347
Any more could be an embarrassment to them: それ以上はかえって厄介なことになりかねない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 162
狼狽ぶり
   
<例文なし> フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 89
羞恥
   
feel one is going to die of embarrassment: 羞恥に堪えかねる思いがする 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 78
羞恥心
   
the knowledge of her imputed embarrassment: その架空の羞恥心 べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 169

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

without embarrassment: 澄ましている
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 25
with embarrassment: どぎまぎして
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 114
to one’s embarrassment: めんくらったことに
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 84
public embarrassment: 不面目
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 449
in one’s embarrassment: 間がわるくなる
三島由紀夫著 ドナルド・キーン訳 『宴のあと』(After the Banquet ) p. 29
in embarrassment: 照れたように
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 291
a grin of embarrassment: 苦笑い
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 74
with an air of embarrassment: 照れ臭そうな調子で
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 56
tail off in embarrassment: 恥ずかしいのか、最後まで言わない
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 350
sense one’s own embarrassment: 自分の非を恥じる
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 230
put sb out of one’s embarrassment and take over: こっちから助け舟を出してやる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 302
publicly say without any embarrassment that ...: 平気で〜という事を公言する
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 80
one’s embarrassment gets in one’s way: うしろめたいせいか、気がとがめる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 160
embarrassment contorts sb’s features: (人の)顔にいいしれぬ含羞が浮かぶ
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 65
be the intense, soulful kind that always makes me feel prickly with embarrassment: 神経がいつも昂ぶってて気取ってて、僕が必ず手を焼くようなタイプだ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 241
the most acute public embarrassment: はなはだしい不面目
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 449
curse with embarrassment at the unreliability of one’s legs: よろよろする脚にとまどい、毒づく
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 320
a front to conceal one’s embarrassment: てれかくしのお体裁
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 164
try to mask one’s embarrassment: 恥ずかしさをみせぬようにする
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 254
wriggle on one’s chair in a paroxysm of embarrassment: 当惑のあまり椅子の上で身をよじる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 190
cannot risk embarrassment: どうあがいても体面を捨て去ることができない
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 94
an alarm that is more than simple embarrassment: 当惑以上に狼狽
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 22
writhe a bit with embarrassment: 当惑して身をちぢめている
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 330
ツイート