× Q 翻訳訳語辞典
energy   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
エネルギー
   
wait for the energy to flow back in: エネルギーが回復するのを待つ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 384
utterly raw energy of the streets: なにかめったやたらと荒々しいエネルギーに満ちた雑踏 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 59
the dancing had not robbed sb of any of sb’s energy: 踊ったあとも、(人は)エネルギーに満ち満ちていた プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 165
the correct energy is used: エネルギーに過不足がない ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 68
sensual energy: 性エネルギー トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 149
improving energy efficiency: エネルギー効率の改善 ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 6
galvanic energy: 電食エネルギー クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 68
expend one’s energies: 自分のエネルギーをぶつける 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 177
dump sb’s energy: エネルギーを放出する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 67
developing new energy sources: 新しいエネルギー源の開発 ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 6

活気
   
be overflowing with bustle and energy: にぎにぎしく活気に満ちている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 306
活動
   
a terrible sense of necessity for the continuance of energy: 今日もまた活動を続けなければならぬのかという烈しい嫌忌の念 ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 195
活躍
   
one’s energy and versatility are most admirable: (人の)活躍と多能ぶりがみごとにしめされる ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 47
気力
   
be losing one’s youth and energy: 若い気力もうせてゆく 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 50
懸命さ
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 148
元気
   
have enough energy to do: 〜する元気がある プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 23
does a drink give you energy: 飲むと元気がつきますか 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 160
元気のいい
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 7
体力
   
It was not about morality, it was about energy: モラルがどうの、ということより、体力の問題だったのである ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 106
体力と気力
   
have no energy: 体力も気力も衰える 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 96
努力
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 320
蛮力
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 149
   
devote all one’s energy to do: 力の及ぶかぎり〜する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 268

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

with frenetic energy: せわしげに
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 28
by restless energy: 落ち着きなく
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 532
you’ve got plenty of energy I must say: 御精が出ますね
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 204
seize sth with such energy of action: 恐ろしいけんまくで(物を)掴む
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 21
put all one’s energy into doing: 精魂こめて〜する
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 120
put all one’s energy into ...: 体当たりで〜する
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 142
one’s energies were poured into the doing of ...: 〜することに丹精をこめて来た
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 128
it took all one’s energy just to do: 〜で手いっぱいだった
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 131
expend one’s energy clawing at the sides: 必死に爪を立ててしがみつく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 234
devote all my energies to do ...: 精いっぱい〜する
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 316
can not summon the energy to do: 〜する元気もない
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 175
He felt again the high-voltage transmissions of sensual energy: 彼はまたもや強烈な性エネルギーの噴出を感じた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 149
boorish energy: 粗雑な楽天主義
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『春の雪』(Spring Snow ) p. 29
deposit the bulk of one’s energy at one location: 局部をねらいうちする
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 68
be bursting with energy: 活気にみちている
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 82
Memories are energy and if they aren't defused, they remain to haunt you: 記憶はエネルギーだから、発散されなければ世にもさみしいかたちで体内に残留する
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 75
energy smarts, and determination: エネルギーと才気と意気込み
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 91
display the extraordinary energy: 十二分の努力を払う
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 320
energy sb had once enjoyed: かつてはほしいままにしていた精力
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 106
high-voltage transmissions of sensual energy: 強烈な性エネルギーの噴出
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 149
fling itself, titanic in its energy upon ...: その無双の蛮力のたけをつくして〜に襲いかかる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 149
require infinite energy: おびただしいエネルギーが必要とされる
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 86
with the last of sth’s energy: 最後のエネルギーをふりしぼって
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 327
lust for youthful energy: 若いエネルギーを求める
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 150
dump most of sb’s energy: エネルギーをあらかた放出する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 67
a phoney sort of energy: 空元気
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 160
full of one’s usual energy and purpose: いつもどおり元気のいい、ためらいのない足取り
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 7
rediscover the energy to walk: 歩こうとする気力がもどってくる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 46
be full of energy and resolution: 精力と豪気とに満ちた
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 123
the energy of sb’s character succumbs: 生来の気力も挫ける
titanic in its energy: 無双の蛮力のたけをつくして
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 149
high-voltage transmission of sensual energy: 強烈な性エネルギーの噴出
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 149
somewhat uncouth energy: やや野鄙な精力
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 103
full of her usual energy and purpose, along the pavement to the bus-stop: いつもどおり元気のいい、ためらいのない足取りで、歩道をバス停に向かって歩きだした
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 7