× Q 翻訳訳語辞典
fellow   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
お客
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 94
じいさん
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 283
そいつ
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 280
それぞれ独立した
   
He and Nariaki were fellow daimyo as well as father and son: 父子とはいえ、それぞれ独立した大名である 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 58
もの
   
a worthless fellow: 下らないもの 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 106
やっこさん
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 140
やつ
   
a perceptive fellow: 勘のするどいやつ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 97

研究者
   
a fellow on the transplant ward: 移植チームの研究者 グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 309
   
be like that fellow: その人と同じ流儀だ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 389
人物
   
Dupont fellow: デュポンなる人物 カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 121
an unremarkable fellow: これといって特徴のない人物 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 83
an influential fellow: 影響力のある人物 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 141
   
there is always some fellow around: いつもまわりに男がいる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 110
one was becoming quite a fellow: 自分もたいした男になったものだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 185
be too awkward a fellow to do: 〜するようなさばけた男ではない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 218
a very loyal fellow: じつに信義に厚い男 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 305
a sizable fellow: 恰幅のいい男 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 225
a sanitary sort of fellow: きれい好きらしい男 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 373
a respectable-looking fellow: 押し出しのいい男 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 63
仲間
   
in the company of one’s fellow writers: ライター仲間をわいわいやっている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 50
a fellow soul: 人間仲間 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 462
同じ
   
a fellow sufferer: 同じ悩みをかかえる人間 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 237
同志の
   
fellow professionals: 同志のプロフェッショナル諸君 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 113
同僚
   
fellow worker: 職場の同僚 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 98
連れ
   
a fellow Arab: アラブ人の連れ イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 113

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

poor fellow: 被害者
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 173
one handsome fellow: とにかくたいした男前
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 107
old fellow: じいさん
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 367
my dear fellow: 心配無用
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 34
good-humoured fellows: 気の好い連中
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 143
fellow workers: 職場仲間
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 155
fellow traveling: 共産党のシンパ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 151
fellow travelers: 心を同じくする人
fellow travelers: 旅は道連れ
fellow man: 勝負仲間
as fellow ...: 〜同士
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 88
a touchy fellow: 癇癪持ちだ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 221
a stouthearted fellow: 豪気な(人)
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 191
a few fellows: 何人かは
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 232
a fellow staff member: 仕事仲間
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 179
when we were fellow-students: いっしょに勉強してた時だって
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 160
what a helpful fellow sb is: なんて親切なんだろう、この(人)
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 374
we are fellow thieves: むすっとふたり
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 307
seem a rather scholarly fellow: 傍から見たらさぞ勉強家のように見える
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 172
one’s fellow researchers on ...: (人の)治療仲間で〜を調べている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 78
not much of a fellow for sth: あまり好きじゃない
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 168
hell of a nice fellow: すごく感じのよい(人)
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 236
bloody fellow becomes quite snotty: ばかに気どってやがる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 139
be a rather easygoing sort of fellow: 鷹揚に育つ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 157
as the fellow says: よくそういうだろ
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 38
a very convenient fellow to have around: けっこう便利な存在
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 62
a shy and gangling fellow: ひょろっとした恥ずかしがりや
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 54
a fellow native of XX City: XXシティの同郷人
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 9
a brassy young fellow with the bashful eyes of a cardsharp: いかさま賭博師のように陰険な眼をした厚かましい青二才
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 45
admirable fellow: すばらしい男
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 62
arouse sb’s fellow feeling: とても他人事とは思えない
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 121
the arrogant fellow who has demanded ...: 不遜な態度で〜を要求してきたあの男
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 93
the attraction of fellow sufferers: 同病相憐れむ
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 151
that bold fellow: あの厚かましいやつ
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 23
be a bold fellow: 厚かましい
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 265
a fairly boring fellow: かなり凡庸な男
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 175
be a bright and promising fellow: 利発者
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 22
the fellow is brought: 男はさっそく引立てられてくる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 204
be a clever fellow: 隅におけない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『燃えつきた地図』(The Ruined Map ) p. 224
in the company of one’s fellow writers: ライター仲間とわいわいやっている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 50
'Don't like that fellow one bit,'Jerry confessed: 「どうもあの野郎は気に入らん」ジェリーは正直にいった
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 306
be a shambling, connubial, warm-hearted fellow: 地道な、世帯持ちの、温和な男である
ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 27
some crazy fellow: むちゃな男
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 205
a dangerous fellow: 強敵
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 298
Hideo is a fine, dependable fellow: 秀男さんは、えらいしっかりしといやすな
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 75
a fellow of any sensitiveness or delicacy of feeling: 細かい心づかいや、繊細な神経の持主
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 252
fellow-creature:自分と同じくこの世に生を享けたもの
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 138
be a hearty, full-blooded fellow: 意気さかんな熱血漢
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 106
Cal was an unremarkable fellow -- temperate, genial, a journeyman of sorts: キャルはこれといって特徴のない人物--温厚、控えめで、一種の職人気質の持ち主である
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 83
a gentle philosophical fellow: 温厚な悟りすました男
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 238
a grim sort of fellow: むっつりした男
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 278
greet sb from across the desk in a hail-fellow-well-met way: 机のむこうから(人に)気さくに会釈する
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 102
gave one’s life heroically for one’s fellow countrymen: あの身を挺して出かけていって同胞を救っていさぎよく散華した
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 97
impish fellow: いたずら者
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 247
a penniless young fellow a mere nobody: 文無しで名無しの男
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 54
moody fellow: 気分屋
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 20
can scarcely call fellow-mortal one: 生あるものの仲間にいれるのはむりだ
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 164
a nasty-looking fellow: 意地悪く見える(人)
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 100
He evinces the airy noblesse of a fellow who grew up summering in Newport: 高級避暑地ニューポートの別荘で夏を過ごして大きくなった者のもつ貴族的雰囲気を身につけている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 200
a nice fellow: なかなかいいやつ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 428
That obstinate fellow says some amazing things: あのへんくつが、えらいこと言うた
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 76
a fellow sb can persuade to do: (人が)たきつければ、〜もやれる男
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 125
be a playful fellow: 悪戯好きの人間である
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 94
practical fellow: 実務家肌
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 44
be a rather prissy fellow: どっちかと言えばお固い男である
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 60
And a nice fellow know what I mean? Reasonable: なかなかいいやつだろう。まともだよ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 428
be a reasonable fellow: ものわかりのいい子
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 76
resourceful fellow: なかなかやりおるわい
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 231
The slippery fellow: 君はずるい男だ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 111
be never a very sociable fellow: あまり人づきあいのいい男じゃない
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 105
ツイート