× Q 翻訳訳語辞典
fill   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜じゅうにひびきわたる
   
filled the room: 部屋じゅうにひびきわたった デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 47

あふれる
   
one’s eye are filled with tears: (人の)目に涙があふれる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 518
fill sidewalks: 歩道にあふれる オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 133
いくつも詰める
   
a metal container filled with empty racks: 空の枠をいくつも詰めた金属の容器 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 120
いっぱい
   
be filled up on snacks: つまみで腹がいっぱいだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 243
いっぱいに
   
float in to fill the bleak room: その殺風景な部屋いっぱいに漂う 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 102
いっぱいにする
   
fill sb with ...: (人の)胸をいっぱいにする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 342
いっぱいに詰まる
   
fill one’s throat: 喉いっぱいに詰まる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 333
いっぱいに広がる
   
fill the screen: 画面いっぱいに広がっている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 294
fill the room: 部屋いっぱいに広がる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 108
うめつくす
   
seem to fill the whole forest: しまいには森じゅううめつくしそうないきおいでね ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 125
うようよして
   
be filled with sissies and worse: 腰抜けかそれにも及ばない俗物がうようよしている ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 4
ぎっしりつまっている
   
be filled with sth: 〜がぎっしりつまっている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 144
こもっている
   
smell of vagrants fill sth: 浮浪者の匂いがこもっている 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 139
こもる
   
fill the telephone with laughter: 受話器の中に笑い声がこもる 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 113
さらう
   
fill the state: 舞台をさらう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 452
しめつける
   
feelings of ... suddenly fill sb’s breast: 〜の感情が急に胸をしめつける 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 56
たくさん置いてある
   
have filled this space with sth: この部屋には〜がたくさん置いてある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 79
たちこめる
   
the gas and smoke which fill the rooms: 部屋にもうもうとたちこめているガスや煙 ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 139
たまる
   
be filled with standing rainwater: 雨水がたまる 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 10
つく
   
smell of dust and mildew fill one’s nostrils: 埃と黴の匂いが鼻をつく 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 176
ねじこむ
   
fill one’s pocket with ...: 〜をポケットにねじこむ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 46
ひびき渡る
   
fill the entire house: 建物じゅうにひびき渡る ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 494
ふさわしい
   
fill that sentimental role: そうした感傷にふさわしい 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 245
ふんだんにちりばめる
   
fill sth with ...: (物)に〜をふんだんにちりばめる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 200
ぶちまける
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 166

一杯に
   
fill one’s ashtray: (人の)前の灰皿が一杯になる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 390
溢れる
   
be filled with business of every sort: 〜はありとあらゆる種類の物事で満ち溢れている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 281
引きつける
   
fill the eye: 人の目を引きつける オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 129
間をうめる
   
say just filling in: ただ間をうめるためだけにいう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 212
頑張る
   
as a figure to fill a doorway that ...: というのは、(人さえ)、戸口に頑張っていれば〜だからだ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 148
記入させる
   
help sb fill out a deposit ticket: 手伝って預金伝票に記入させる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 322
記入する
   
fill out forms: 書類に記入する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 208
詰める
   
be filled with sth and sth: (物)や(物を)詰める 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 117
詰め込む
   
be already filled with sth: (場所)の中には(物が)所狭しと詰め込まれている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 325
駆られる
   
fill sb with a desire to see ...: 〜を目で見たいという衝動に駆られる アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 86
後任
   
fill some mighty big shoes: 偉大なベテランの後任 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 25
襲って来る
   
fill sb’s heart: 〜な心持が(人を)襲って来る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 27
充ちる
   
be filled with a sense of freedom and joy: 自由と歓喜に充ちる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 12
充分
   
get one’s fill and move on: もうこれで充分だと去っていく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 299
書き込む
   
fill in the blanks: 答えを書きこむ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 148
浸す
   
fill the earth with the wine of iniquities: 罪業の酒をもつて地を浸す ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 36
説明する
   
fill sb in on sth: (人に)〜を説明する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 494
fill sb in: 〜に説明する トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 19
占める
   
fill important places: 大きな位置を占めている フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 122
多用する
   
filled with gleaming brass and polished oak: ぴかぴかの真鍮と磨き上げられた樫材を多用した セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 18
注ぐ
   
hold out one’s cup for sb to fill: 注げとばかりに空のカップを差し出す フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 28
be fill with quarts of sth: (物が)なみなみと注がれる べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 74
入ってくる
   
be filled with a new awareness of the power of the opposite sex: (人の)頭の中へ異性の匂いが新しく入ってくる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 168
敷き詰める
   
fill ... ankle-deep with sth: 踝が埋まるほど〜を敷き詰める フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 157
埋める
   
fill the halls with sth: (物で)廊下の壁を埋める トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 229
fill in the missing chunks and secrets: 欠落部分や秘密になっている部分を埋める ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 296
fill in the blanks: 空白の部分を埋める トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 156
fill in the blank: これは空欄を埋めるテストだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 175
a gully completely filled in with ice: 一面の氷で埋められた谿 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 269
満たされている
   
one’s eyes fill with alarm: (人の)眼は警戒の色に満たされている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 138
満たす
   
fill sth all the way to the top: なみなみと〜を満たす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 152
fill sb with a feeling of angry agony: (人は)はらわたがちぎれそうな怒りに満たされる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 152
fill one’s spirit with ...: (人の)心を感動で満たす フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 43
満タンになる
   
be filling: 満タンになりつつある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 250
満員
   
be nearly filled with sb: (人で)ほぼ満員だ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 116
満載
   
fill with ...: 〜を満載する デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 11
be filled with sth: (物が)満載されている デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 91
約定
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 279
溜まる
   
the tank fills: タンクに水が溜まる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 342

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

one’s eyes fill with tears: 涙ぐむ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 112
have one’s fill of fish: 毎日魚だ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 100
gorgeous metal-filled mouth: 金歯でぴっかぴかのお口
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 138
filled with pain: 疼痛の塊のようになる
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 250
fill with questions: 矢継ぎ早に質問が飛び出す
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 55
fill the screen: 画面いっぱいのアップになる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 302
fill the gap: 埋め合わせをする
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 202
fill the cup: 酒をつぐ
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 17
fill out sth: 記入する
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 370
fill out papers: 書類の書き込みをする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 78
fill out: まるみを帯びる
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 217
fill out: 書き込む
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 169
fill in sth: (何かを)話す
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 81
fill ... in: 補う
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 47
be filled with figures: 形になる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 107
you fill me with interest: 好奇心をそそりますね
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 130
while voraciously filling oneself up with ...: 〜でせっせと腹を満たしながら
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 52
turn to sb to fill in the blank: (人に)助け船を求める
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 219
tragedy enters and fills the sb’s life with a suddenness: すさまじい悲劇が唐突に(人の)上にふりかかる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 69
to fill air time: 話の前置きとして
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 191
the studio is filled with the rich odour of roses: アトリエの中には薔薇のゆたかな香りが満ち溢れる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 9
the strong, silent odor of the grass fill one’s nostrils: 穏やかで力があって、苦しいほどの草の匂いがする
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 46
the sky is so blue that one filled with a sense of well-being: 晴れた空が身に沁み込むように感ぜられる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 15
the huge bath is filled to the brim with water: 広い浴槽にはなみなみと湯がみなぎっている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 115
the dining room was filling up with guests: 食堂が立て込んできた
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 263
the compartments filled with people: 乗客で満員になったコンパートメント
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 114
that idea is enough to fill sb with such immediate despair: そう思うと、深い絶望感にとらわれることになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 126
sb fill the bill admirably: (人は)欲求を満たしてくれる申し分のない相手だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
sb’s voice filled with dismay: すっかり狼狽した声を出す
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 280
sb’s mind is filled with idle thoughts: そんなことをむだに考える
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 193
sb’s heart is filled with reverence for sb: 心のうちで常に(人を)畏敬する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 187
sb’s eyes fill with joy: 目によろこびを浮かべる
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 229
sb’s breast is filled with pain: 胸は苦しいほど締めつけられます
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 26
say in a tone filled with regret that ...: 〜といって残念そうな顔をする
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 127
rhythmical sound fill one’s ears: 規則的な音がやたらに大きく聞こえる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 10
page after page be filled with ...: 〜がえんえんとつづいている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 37
one’s head is filled only with ...: 〜だけが頭にある
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 192
one’s face filled with consternation: 顔一面にまざまざと驚愕のいろを浮べると
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 128
one’s eyes fill with tears: 眼に涙が盛り上がる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 216
one’s cheeks begin to fill with dark red color: (人の)頬はどす黒い赤に染まりつつある
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 312
mere beauty can fill sb’s eyes with tears: たんに美しいというだけのものに接すると、思わず眼がしらが熱くなる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 79
laughter fill up sb’s throat: 喉の奥に哄笑がこみ上げてくる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 183
large yards filled with chestnut trees: 大きな庭にはたくさんの栗の木が立っている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 321
I could have filled in sb’s dental chart: (人)は口を大きく開けた
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 201
hedges filled with flowers: 生け垣には花が咲きこぼれ
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 34
have seen one’s fill of ...: 〜を見すぎるほど見た
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 295
have one’s fill of ...: 〜に思う存分ひたりきる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 34
have one’s fill of ...: 〜はおことわりだ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 86
have eaten one’s fill: 腹がくちくなる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 10
guess one can fill in the end: 結末は推測できる
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 94
fix upon sb a glance that is filled with anguish: 苦しそうに(人を)見つめる
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 64
filled with new resolve: 新たな決意を秘めて
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 171
filled with bobbing cakes of dirty ice: 汚れた氷の塊が一面にゆらゆら浮いている
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 49
fill with a rank growth of ferns: しだがいっぱいおいしげる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 150
fill up with whatever one could get: かたっぱしからかかえこむ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 364
fill up one page and spill over onto a second: 一枚では足りなくて、二枚になる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 118
fill the woods and forests with its simple call: 谷間から林へと単調な声をこだまさせる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 162
fill the whole room: 部屋いっぱいに立ちこめている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 203
fill the pipe bowl with fire from ...: 〜でパイプに火をつける
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 228
fill the long intervals by ~ing: その合間にゆっくり時間をかけて〜する
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 187
fill the conical paper cup: 紙コップに水を満たす
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 88
fill the bucket with fresh water: バケツの水を新しくする
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 46
fill the air with the smell of ...: 〜の匂いをさせる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 132
fill sb with remorse: 自責の念に駆られる
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 83
fill sb with alarms: (人を)ひやひやさせる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 37
fill sb with a pang: 心に激痛が走る
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 178
fill sb with a clean excitement: (人の)心を晴れやかに躍らせる
川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 79
fill sb on the details: (人に)詳しく話す
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 82
fill sb in with more detail than sb care to know: 細かい事実を(人が)べつに知りたいと思わないところまで、べらべらしゃべる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 383
fill sb in on sth: (人に)〜の情報を教える
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 412
fill sb in on ...: 〜を明かす
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 169
fill sb’s cup with sake: (人に)酌をする
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 214
fill out the proper papers: 正式な文書をまとめる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 130
fill out one’s grade reports: 通信簿作りをする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 286
fill out one’s forms: 書類に書き込みを始める
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 446
fill one’s lungs with air: 胸一杯に空気を吸い込む
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 28
fill in the picture: 全貌を明らかにする
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 274
fill in some of the things about ... that one have never gotten around to doing: 〜に関して、言い忘れていたことを、追加として書く
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 580
fields filled with chirping grass-hoppers: キリギリスの鳴きたてる畠
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 104
expand to fill the whole universe: 宇宙まで果てしなく広がっていく
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 117
every valley is filled with the roar of floodwater: 谷川という谷川は水量をまし
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 162
drink ecstatically till one have had one’s fill: 甘露甘露とばかりに、気がすむまで飲む
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 80
don’t really fill sb in on all sb’s in-betweens: その後何があったのか(人に)はっきりしたところはわからない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 110
begin to fill with unknown people: 見知らぬ人たちが続々と押しかけてくる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 369
begin to fill with deepening shades of gray: しだいに色を深めていく灰色の影にすっぽりとおおわれてしまう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
become filled with contrition: 俄かにおそろしくなる
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 67
be very well filled with an awfully good bunch: 華麗な人々が集まっている
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 336
be suddenly filled with sorrow: 急に悲しさがこみ上げて来る
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 19
be filling with ...: 〜でごったがえしている
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 214
be filled with Victorian houses: ヴィクトリア風の家が並んでいる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 561
be filled with the full blast of the music: 音楽が〜にヴォリュームいっぱいに鳴りひびく
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 295
be filled with the blink of an occasional signal light: 目につくのはときおり点滅する信号灯だ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 319
be filled with sth: (〜が)漲っている
三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 68
be filled with sb: (人)をずらりと並べる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 34
be filled with piss and vinegar: 闘志まんまんだ
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 30
be filled with disgust: 苦々しい唇を噛む
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 177
be filled with anxiety: それなりの気苦労が多い
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 344
be filled with an enormous and unreasoning anger: 心にいい知れない怒りがこみ上げてくる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 186
be filled with all ...: 〜がぎっしり詰まっている
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 38
be filled with a sort of emotion: 一種の感懐をもつ
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 13
be filled with a new and deep sense of disappointment: 変に一種の失望を感じる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 13
be filled with a hushed sense of gravity: 森閑とした厳粛な気配がたちこめる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 115
be filled with a feverish pity for sb: (人に)心底不憫を覚える
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 173
be filled with ... and ...: 〜や〜がうようよしている
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 272
be filled with ...: 〜がこもる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 123
be filled with ...: 〜が全身にみなぎっている
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 77
be filled with ...: 〜が入っている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 113
be filled with ...: 〜で充満している
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 154
be filled with ...: 〜ばかりである
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 29
be filled with ...: (場所には)〜が多い
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 89
be filled with ...: には〜がびっしりつらなっている
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 140
be filled to the brim with water: 満々と水がたたえられている
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 151
be filled full of .32s: 三二口径で蜂の巣にされる
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 165
be fill with dust: 土埃もひどい
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 80
be densely filled with ...: 〜が隙間なく埋める
大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 13
be completely filled with sth: 〜でぎっしりだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 20
as to look like a man who had been drowned and filled with water: まるで水ぶくれになった土左衛門
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 133
all of a sudden weariness fills sb: 疲労がどっと感じられてくる
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 55
after a lifetime filled with women: さまざまな女性遍歴を重ねたあげく
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 416
absolutely fill the room: 部屋中を圧倒するものがある
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 138
a total silence fills the room: どこもかしこもがしんとしている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 179
a smile filled with affection: 慈愛のこもった微笑
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 264
... filled with the smell of ...: 〜の臭いのこもる〜
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 44
back and fill: 言いわけする
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 325
There was barely enough rubble to fill a bucket: 石屑もせいぜいバケツに一杯である
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 283
fill the bill: 申し分ない
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 93
be hired for fill-in duty: 代役として出演する
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 86
fill sb with a foreboding of ...: 〜を予感させずにはなされない
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 69
fill gaps: 補う
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 87
a great noise fill sb’s head: があんと頭が鳴る
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 302
fill up holes with ...: 失望感を〜で埋め合わせる
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 304
fill sb with horror: (人を)慄然とさせる
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 150
fill up holes with hotpatch: 失望感を代理の仕事で埋め合わせる
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 304
fill sb with loathing: 虫酸が走る
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 105
ツイート