× Q 翻訳訳語辞典
foolish   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あろうはずがない
   
it would be foolish to assume that ...: 〜などということがあろうはずがない 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 49
こっけいな
   
seem foolish: こっけいなものに思える 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 51
ちょっと間の抜けた
   
smile at sb in a wowed foolish sort of way: 感服したような、ちょっと間の抜けたような笑みを(人に)向ける べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 79
つまらない
   
let foolish emotions get in the way: つまらない人情を出す 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 60
とんまな
   
foolish concierge: とんまな管理人 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 351
はしたない
   
do no such foolish thing: そんなはしたないことはしない ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 174
ばかげた
   
take a naive and foolish hard-line approach to the Soviet Union: 姑息でばかげた対ソ強硬路線をとる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 36

アホ
   
look foolish: アホに見える タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 244

懐疑
   
feel alternatively exhilarated and foolish: 面白半分、懐疑半分で ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 222
間の悪い
   
can not remember a time one have felt more foolish: こんな間の悪い思いは初めてだ フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 60
気がまわらない
   
be old and foolish: 年寄りで気がまわらない ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 217
愚かしいかぎり
   
be foolish to waste ...: 〜を無駄にしてしまうのは、愚かしいかぎりです カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 230
愚かな
   
can’t help saying foolish things: ついつい愚かな口をきくのじゃよ ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 176
愚にもつかない
   
a foolish old fart: 愚にもつかない俗物の老人 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 180
愚にもつかぬ
   
tear each other in pieces over their foolish ceremonies: 愚にもつかぬ儀式をどうのかうのと、たがいにいがみあう ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 23
的外れ
   
<例文なし> カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 36
莫迦みたいに
   
break into foolish laughter: 莫迦みたいに笑い出す 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 87
馬鹿
   
Don't be foolish: 馬鹿言え 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 19
無意味
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 162
野暮
   
it is foolish to ask: 訊くだけ野暮というものだ アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 23

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

one’s foolish ignorance: (人の)無知
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 78
foolish doting father: バカ親
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 103
feel pretty foolish: 極が悪い
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 161
be quite foolish: 思い違いというものだ
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 87
this ridiculously foolish position: どうにも馬鹿げた今の状態
マクベイン著 加島祥造訳 『死にざまを見ろ』(See Them Die ) p. 108
smile, feeling rather foolish: 少し小馬鹿にしたように笑う
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 276
it may seem very foolish in your eyes: 愚問かもしらんが
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 193
it is foolish but: ばかげたこととは思いつつ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 238
it is foolish of you to do: 〜するとは軽率だ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 412
it’s foolish to cry about ...: 泣くだけやぼだ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 79
feel foolish looking at dirty pictures: あられもない写真を見ている自分にばからしさを覚える
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 128
begin to look a trifle foolish: ちょっと恰好がつかなくなって来る
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 255
be foolish about that spoiled brat: あの増長した若僧に目がない
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 26
Actually, it was foolish to ask: まったく訊くだけ野暮というものだ
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 23
anyone foolish enough to hope for the best: 人事を尽くして天命を待とうとする愚か者
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 60
think sb eccentric and foolish and too young to do: (人が)〜するなんて、なんてとっぴでばかげた小僧だと思う
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 118
can’t help saying foolish things: ついばかなことを口走っちゃうんです
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 166
I think your reluctance is quite foolish: あなたが遠慮するんは思い違いというものやしてよし
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 87
unutterably foolish: 言語に絶する愚かしさ
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 23
ツイート